3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「read」の過去形ってどう使うの?発音と使い方のポイント

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

「read」の過去形、英語のとても不思議な動詞

英語には多くの不規則動詞がありますが、その中でも特に「read」は学習者にとって不思議で難しいと感じられることが多い動詞です。現在形と過去形で綴りが同じなのに、発音が異なるため、戸惑うことが少なくありません。この記事では、「read」の過去形について詳しく解説し、その不思議さを一緒に探っていきましょう。

英語学習者にとっての「read」の難しさ

英語を学び始めた頃、皆さんも「read」という単語に出会ったことでしょう。現在形の「read」は「リード」と発音されますが、過去形になると「レッド」と発音されます。

綴りは全く同じなのに、発音が異なるため、初めてこの事実を知ったときには混乱するかもしれません。また、文章を読む際に文脈から「read」が現在形なのか過去形なのかを判断しなければならないため、英語学習者にとっては特に難しく感じられます。

なぜこのテーマが重要か

「read」の現在形と過去形の違いを理解することは、英語力を向上させるために非常に重要です。正確な発音と適切な文法の使い方を身につけることで、英会話や英作文において自信を持つことができます。また、「read」のような不規則動詞を正しく理解することで、他の不規則動詞にも応用が利くようになり、英語の学習がよりスムーズになります。この記事を通じて、「read」の過去形についてしっかりと学び、英語の理解を深めていきましょう。

 

 

無料トライアル実施中

「read」の発音の違い

現在形と過去形の発音の違い

「read」という単語は、現在形と過去形で綴りが同じですが、発音が異なります。現在形は「リード」と発音され、過去形は「レッド」と発音されます。これは英語の不規則動詞の一つであり、特に日本人の英語学習者にとっては難しい部分です。

綴り 発音
現在形 read リード (rēd)
過去形 read レッド (rĕd)

「read」と「red」の発音のポイント

「read」の発音を正しくするためには、以下のポイントに注意しましょう。

現在形「read」の発音のポイント

  1. 長い「イー」の音: 「rēd」は、母音の部分が長く、伸ばして発音します。「リード」のように「イー」の音をしっかりと出しましょう。
  2. 口の形: 長い「イー」の音を出すときは、口を横に引くようにします。口を少し広げることで、正しい発音になります。
  3. 例文: I read books every day. (私は毎日本を読みます。)

過去形「red」の発音のポイント

  1. 短い「エ」の音: 「rĕd」は、母音の部分が短く、はっきりと発音します。「レッド」のように「エ」の音をしっかりと出しましょう。
  2. 口の形: 短い「エ」の音を出すときは、口をあまり開けずに発音します。口の形を自然に保つと、正しい発音になります。
  3. 例文: Yesterday, I read a great book. (昨日、私は素晴らしい本を読みました。)

これらのポイントを意識して発音練習をすることで、「read」の現在形と過去形の発音の違いを明確に理解し、正確に使い分けることができるようになります。

 

 

過去形の「read」の使い方

現在形 vs. 過去形の使い分け

「read」の現在形と過去形は、文脈によって使い分ける必要があります。現在形は現在の習慣や一般的な事実について述べるときに使い、過去形は過去の出来事や行動について述べるときに使います。

時制 使用例
現在形 現在の習慣や一般的な事実 I read books every day. (私は毎日本を読みます。)
過去形 過去の出来事や行動 Yesterday, I read a book. (昨日、私は本を読みました。)

例文を使った説明

  1. 現在形の例文
  2. 過去形の例文
  3. 現在形と過去形を比較する例文
    • 現在形: Every weekend, I read a novel.
      • 意味: 毎週末、私は小説を読みます。
      • 解説: 「read」は現在形で、定期的な行動を示しています。
    • 過去形: Last weekend, I read two novels.
      • 意味: 先週末、私は二冊の小説を読みました。
      • 解説: 「read」は過去形で、先週末の特定の出来事を示しています。
  4. 過去形の否定文
  5. 過去形の疑問文

これらの例文を通じて、「read」の現在形と過去形の使い分けをしっかりと理解し、適切な場面で正しく使えるようにしましょう。

 

 

例文と練習問題

ここでは、「read」の過去形を使った練習問題を通じて、理解を深めましょう。

次の文を過去形に書き換えましょう。

  • I read the news online every morning.
Yesterday, I read the news online.
  • She reads her favorite book every night.
Last night, she read her favorite book.
  • They read the instructions carefully before assembling the furniture.
They read the instructions carefully before they assembled the furniture last week.

次の過去形の文を日本語に訳しましょう。

  • He read a fascinating novel during his vacation.
彼は休暇中に魅力的な小説を読みました。
  • We read about the new restaurant in the magazine.
私たちはその雑誌で新しいレストランについて読みました。
  • I read the entire book in one day.
私はその本を一日で読み終えました。

次の文を完成させましょう。

  • Last weekend, she ___ a science fiction novel. (read)
Last weekend, she read a science fiction novel.
  • They ___ the safety manual before starting the machine. (read)
They read the safety manual before starting the machine.
  • Yesterday, I ___ an interesting blog post about travel tips. (read)
Yesterday, I read an interesting blog post about travel tips.

これらの練習問題を通じて、「read」の過去形の使い方をしっかりと身につけましょう。

 

 

なぜ「read」は特別か?

他の不規則動詞との比較

英語には多くの不規則動詞がありますが、「read」はその中でも特にユニークです。他の不規則動詞との比較を通じて、その特別さを見てみましょう。

  1. 「read」と他の不規則動詞
    • 「read」:
      • 現在形: read (リード)
      • 過去形: read (レッド)
      • 過去分詞形: read (レッド)
    • 「go」:
      • 現在形: go
      • 過去形: went
      • 過去分詞形: gone
    • 「take」:
      • 現在形: take
      • 過去形: took
      • 過去分詞形: taken

「read」は現在形と過去形、過去分詞形が全て同じ綴りですが、発音が異なります。他の不規則動詞の多くは、過去形と過去分詞形で異なる綴りを持ち、発音も変わります。この点で、「read」は特異な存在です。

「read」の歴史的背景

「read」のユニークな性質は、その歴史的背景に由来します。英語の動詞の多くは、古英語や中英語の時代にさかのぼることができます。「read」もその一つです。

  1. 古英語の「rǣdan」:
    • 古英語では「rǣdan」と綴られ、現在の「read」と同じ意味を持っていました。発音は「レーデン」に近く、現在の「リード」に似ています。
  2. 中英語の変遷:
    • 中英語の時代に「read」の発音と綴りが変化し、現在の形に近づいていきました。この時期に、発音が「リード」と「レッド」に分かれるようになりました。
  3. 綴りの一貫性:
    • 英語の綴りは、歴史的に一貫性を保つ傾向があります。つまり、発音が変わっても、綴りはそのまま残ることが多いのです。「read」もその一例であり、発音が異なるにもかかわらず、綴りが同じままです。

これらの歴史的背景から、「read」は他の不規則動詞とは異なるユニークな性質を持つことがわかります。英語学習者にとって、「read」の発音と使い方を正しく理解することは、英語力向上のために重要です。

 

 

まとめ

「read」の過去形についてのおさらい

「read」の過去形は、綴りは現在形と同じですが、発音が異なります。現在形は「リード」と発音し、過去形は「レッド」と発音します。このユニークな特徴は、英語の不規則動詞の中でも特に難しい部分です。しかし、例文を通じて文脈に応じた使い方を学ぶことで、この違いを理解しやすくなります。

練習の重要性

「read」の過去形を正しく使いこなすためには、練習が不可欠です。発音の練習を繰り返し行い、文脈に応じた使い分けを意識することで、自然に使えるようになります。

また、例文を作成したり、実際の会話で使ってみたりすることで、理解が深まります。継続的な練習を通じて、「read」の過去形を自信を持って使えるようにしましょう。

最後に:読者へのエール

英語の学習は、時には難しく感じることもありますが、諦めずに続けることが大切です。「read」のような不規則動詞も、練習を重ねることで必ずマスターできます。自分のペースで着実に学び、少しずつステップアップしていきましょう。あなたの努力は必ず成果となって現れます。これからも英語学習を楽しみながら続けてください。応援しています!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム