3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「better late than never」の意味を徹底解説!遅れても問題なし

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

こんにちは!今日は「better late than never」という英語表現についてお話しします。このフレーズは、英語を学ぶ際によく耳にする表現の一つです。

この記事の目的は、「better late than never」の意味と使い方を分かりやすく解説することです。

このフレーズは直訳すると「遅れてもやらないよりはマシ」という意味になります。つまり、「遅くなっても、何もしないよりは良い」というニュアンスを持っています。例えば、約束の時間に遅れてしまったけれど、それでも来てくれて良かった、という時に使います。日常会話やビジネスシーンなど、さまざまな場面で役立つ表現です。

このブログ記事を通じて、皆さんが「better late than never」を自信を持って使えるようになることを目指しています。それでは、具体的な使い方を見ていきましょう!

 

 

無料トライアル実施中

「better late than never」とは?

「better late than never」は、直訳すると「遅れてもやらないよりはマシ」という意味になります。このフレーズは、遅くなったとしても全く行動しないよりは良い、という前向きな考えを表現するために使われます。

フレーズの意味

「better late than never」は、「何かを遅れてでもやる方が、全くやらないよりも良い」という意味です。例えば、締め切りに間に合わなかったとしても、提出しないよりは提出した方が良いというニュアンスです。

具体的なシチュエーションでの例

  1. 友達との待ち合わせ
  2. 仕事のプロジェクト
  3. 勉強や趣味の再開

このように、「better late than never」は、遅くなったことを許容しつつ、行動を取ったことに価値を見出す際に使われます。日常生活の中で、思いがけない遅れや予定の変更があったときに、このフレーズを使ってみてください。

 

 

日常会話での使い方

「better late than never」は日常会話でも非常に役立つ表現です。ここでは、友達同士や家族との会話での具体例と、効果的な使い方について解説します。

友達同士や家族との会話での具体例

  1. 友達との待ち合わせ
    • 会話例:
      • 友達A: “Hey, you finally made it! I was starting to worry.”
      • 友達B: “I know, I’m really sorry for being late. But better late than never, right?”
      • 和訳:
        • 友達A: 「やっと来たね!心配し始めてたよ。」
        • 友達B: 「本当に遅れてごめん。でも、遅れても来ないよりはマシだよね?」
  2. 家族の集まり
    • 会話例:
      • 母: “We were wondering if you were coming to dinner.”
      • 息子: “I got stuck in traffic, but I’m here now. Better late than never!”
      • 和訳:
        • 母: 「夕食に来るかどうか気になってたのよ。」
        • 息子: 「渋滞に巻き込まれたけど、今来たよ。遅れても来ないよりはマシだね!」
  3. パーティーへの到着
    • 会話例:
      • 友達A: “The party started an hour ago, where have you been?”
      • 友達B: “I had some last-minute work to finish. Better late than never!”
      • 和訳:
        • 友達A: 「パーティーは1時間前に始まったけど、どこにいたの?」
        • 友達B: 「急な仕事があってね。遅れても来ないよりはマシでしょ!」

効果的な使い方

「better late than never」は、遅れたことを軽く謝りつつ、ポジティブな姿勢を示したい場面で効果的です。このフレーズを使うことで、相手に対して誠意を示しながらも、遅れて来たことに対するプレッシャーを和らげることができます。

効果的な場面
  • 遅刻したとき: 待たせてしまった相手に対して、遅れても来ることが大事だというメッセージを伝える。
  • 久しぶりに再会するとき: 長い間会っていなかった友人や家族との再会を喜ぶ際に使う。
  • 遅れて始める活動: 新しい趣味や勉強を始めるのが遅れたときに、自分を励ますために使う。

日常会話でこのフレーズを使うことで、相手とのコミュニケーションが円滑になり、ポジティブな印象を与えることができます。ぜひ、いろいろなシチュエーションで試してみてください。

 

 

ビジネスシーンでの活用方法

「better late than never」は、ビジネスシーンでも非常に役立つ表現です。ここでは、仕事の場面での具体的な使い方と、メールやミーティングでの使い方の例を紹介します。

仕事の場面での具体的な使い方

ビジネスシーンでは、期限や締め切りに遅れてしまうことがあります。そのような場合でも、「better late than never」を使うことで、遅れてでも提出や報告をすることの重要性を強調し、ポジティブな印象を与えることができます。

  1. プロジェクトの進捗報告
    • 会話例:
      • マネージャー: “We were expecting your report yesterday.”
      • 部下: “I apologize for the delay. Here is the report. Better late than never, right?”
      • 和訳:
        • マネージャー: 「昨日のレポートを期待していました。」
        • 部下: 「遅れて申し訳ありません。こちらがレポートです。遅れてもやらないよりはマシですよね?」
  2. 提出物の遅れ
    • 会話例:
      • 同僚A: “Did you finally submit the quarterly report?”
      • 同僚B: “Yes, I just sent it. Better late than never.”
      • 和訳:
        • 同僚A: 「四半期報告書、やっと提出したの?」
        • 同僚B: 「はい、今送ったところです。遅れても提出しないよりはマシです。」

メールやミーティングでの使い方の例

メールでの例

件名: Quarterly Report Submission

本文:

Dear [上司の名前],

I apologize for the delay in submitting the quarterly report. It took longer than expected to gather all the necessary data.

Attached is the completed report. Better late than never.

Thank you for your understanding.

Best regards,
[あなたの名前]

和訳:

件名: 四半期報告書の提出

本文:

[上司の名前]様、

四半期報告書の提出が遅れたことをお詫び申し上げます。必要なデータをすべて収集するのに予想以上の時間がかかりました。

添付ファイルに完成した報告書をお送りします。遅れてもやらないよりはマシだと思います。

ご理解いただきありがとうございます。

よろしくお願い致します。
[あなたの名前]

ミーティングでの例

シチュエーション: プロジェクト進捗ミーティング

発言例:

“Everyone, thank you for your patience. The report was delayed, but here is the final version. Better late than never, so please review it.”

和訳:

「皆さん、お待たせしました。レポートが遅れてしまいましたが、こちらが最終版です。遅れてもやらないよりはマシだと思いますので、ぜひご確認ください。」

このように、ビジネスシーンでも「better late than never」を使うことで、遅れたことに対する謝罪と同時に、行動を取ったことの重要性を伝えることができます。メールやミーティングでこのフレーズを上手に使い、コミュニケーションを円滑に進めましょう。

 

 

実際の会話例

「better late than never」を実際の会話でどのように使うかを理解するために、いくつかのシチュエーションを設定して具体的な会話例を紹介します。前後の文脈も説明し、より実践的な理解を助けます。

シチュエーション1: 友達との待ち合わせ

文脈: 友達とカフェで待ち合わせをしていたが、友達が遅れて到着。

会話例:

  • 友達A: “Hey, you finally made it! I was starting to worry.”
  • 友達B: “I know, I’m really sorry for being late. Better late than never, right?”

和訳:

  • 友達A: 「やっと来たね!心配し始めてたよ。」
  • 友達B: 「本当に遅れてごめん。でも、遅れても来ないよりはマシだよね?」

文脈説明: 友達Aは心配していたが、友達Bが到着して安心しています。遅れたことを軽く謝罪し、ポジティブな態度を示すために「better late than never」を使っています。

シチュエーション2: 仕事のミーティング

文脈: プロジェクトの進捗報告のミーティングで、報告が遅れてしまった。

会話例:

  • マネージャー: “We were expecting your report yesterday.”
  • 部下: “I apologize for the delay. Here is the report. Better late than never, right?”

和訳:

  • マネージャー: 「昨日のレポートを期待していました。」
  • 部下: 「遅れて申し訳ありません。こちらがレポートです。遅れてもやらないよりはマシですよね?」

文脈説明: マネージャーは報告の遅れを指摘していますが、部下は遅れたことを謝罪しつつ、報告を提出したことの重要性を強調しています。

シチュエーション3: 家族の集まり

文脈: 家族の夕食に遅れて到着した子供。

会話例:

  • 母: “We were wondering if you were coming to dinner.”
  • 息子: “I got stuck in traffic, but I’m here now. Better late than never!”

和訳:

  • 母: 「夕食に来るかどうか気になってたのよ。」
  • 息子: 「渋滞に巻き込まれたけど、今来たよ。遅れても来ないよりはマシだね!」

文脈説明: 母親は息子が夕食に来るか心配していましたが、息子が遅れて到着したことで安心しています。息子は遅れたことを軽く説明し、到着したことに重点を置いています。

シチュエーション4: 学校の提出物

文脈: 学生が宿題を遅れて提出。

会話例:

  • 先生: “You know the deadline was last week, right?”
  • 学生: “Yes, I apologize for the late submission. But better late than never.”

和訳:

  • 先生: 「締め切りは先週だったのを知ってるよね?」
  • 学生: 「はい、遅れて提出して申し訳ありません。でも、遅れても提出しないよりはマシです。」

文脈説明: 先生は締め切りを指摘していますが、学生は遅れて提出したことを謝罪しつつ、提出しないよりは良いと主張しています。

これらの会話例を通じて、日常生活やビジネスシーンで「better late than never」を効果的に使う方法が理解できると思います。ぜひ実践してみてください。

 

 

まとめ

「better late than never」の使い方をおさらい

「better late than never」は、「遅れてもやらないよりはマシ」という意味を持つフレーズで、遅れたことを軽く謝罪しながらも、行動を起こしたことの価値を強調する際に使われます。この表現は、日常会話やビジネスシーンで役立つため、以下のポイントを覚えておきましょう。

  1. 意味とニュアンス:
    • 遅れても行動したことをポジティブに評価する。
  2. 日常会話での使用例:
    • 友達との待ち合わせや家族の集まりで、遅れて到着した際に使用。
  3. ビジネスシーンでの使用例:
    • ミーティングやプロジェクト報告で、提出や報告が遅れた際に使用。

このフレーズを使うことで、遅れたことに対する謝罪とポジティブな態度を同時に伝えることができます。ぜひ、日常生活や職場でのコミュニケーションに取り入れてみてください。少しずつ使い慣れていくことで、自然に使えるようになります。

読者への感謝

最後に、この記事を読んでいただき、本当にありがとうございます。皆さんが「better late than never」を使って、自信を持って英語でコミュニケーションできるようになることを願っています。引き続き、楽しく英語を学んでいきましょう!

 

 

クイズコーナー

「better late than never」の使い方を確認するために、簡単なクイズを用意しました。ぜひ挑戦してみてください!

クイズ1: 次の文章の空欄に適切なフレーズを入れてください。

  1. “I’m sorry for being late to the meeting, but __________.”
  2. “I finally finished my project. __________!”
  3. “She handed in her assignment two days late, but __________.”

クイズ2: 以下の会話例で、”better late than never”が正しいかどうか判断してください。

  1. 会話例:
    • A: “Did you finish the report on time?”
    • B: “No, I didn’t. But I decided not to submit it at all.”
    • “better late than never”を使うのは正しい? (Yes/No)
  2. 会話例:
    • A: “I was worried you wouldn’t show up.”
    • B: “I know, I got stuck in traffic. But I’m here now. __________!”
    • “better late than never”を使うのは正しい? (Yes/No)

クイズ1の答え:

  1. “I’m sorry for being late to the meeting, but better late than never.”
    • 解説: 会議に遅れたことを謝罪しつつ、来たことを肯定的に評価しています。
  2. “I finally finished my project. Better late than never!”
    • 解説: プロジェクトを遅れて完成させたことを喜んでいます。
  3. “She handed in her assignment two days late, but better late than never.”
    • 解説: 宿題を遅れて提出したが、提出しないよりは良いと評価しています。

クイズ2の答え: 4. No

  • 解説: “better late than never”は、何かを遅れても行動した場合に使います。この会話では行動していないので適していません。
  1. Yes
    • 解説: 遅れて到着したが、来たことをポジティブに評価するために「better late than never」を使うのが適切です。

クイズに挑戦していただきありがとうございました!正解した方もそうでない方も、このフレーズを実際の会話でどんどん使ってみてください。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム