「(時間)〜後に」の英語表現とその使い方【inとafter、laterの違いもわかる】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「(時間)〜後に」の英語表現とその使い方【inとafterの違いもわかる】についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

「(時間)〜後に」の英語表現とその使い方【inとafterの違いもわかる】

部下Aがまだ事務所に到着していなくて部下Bに…

ウィル
She hasn’t arrived yet.
彼女まだ到着していないね。
マイク
She’ll be here in 10 minutes.
彼女は(事務所に)10分後に到着します。

 

営業で事務所を出る際に…

スタローン
I’ll be back in an hour.
1時間後に戻ります。

 

いかがでしたでしょうか。未来時制で「(時間)〜後に」と英語で言いたい場合は前置詞のinを使って”in 〜(時間)”で表現します。ちなみに「〜以内」という場合もinのニュアンスに含みますが、通常withinを使います。

スタローン
I’ll be back within an hour.
1時間以内に戻ります。

 

 

afterとlaterとの違い

ここからさらに深掘りしていきますが、学習者の間ではinの代わりにafterやlaterを使えないのかと疑問に思うこともあるかと思います。afterに限っては入れ替え可能です。ただし使い分けのポイントとしては簡単に言うと過去時制であればafterのほうがよく使われ、未来時制ではinのほうがよく使われるということです。あと細かいことを言うとafterはinのように「以内」というニュアンスを含まないので必ずその時間より後になります。

マイク
I went to a cafe and I left after an hour.
カフェに行って1時間後に出ました。

 

laterもafterと同様で使うことができますが、その場合「時間 + later」と表現することになります。

上司に…

ナオミ
I will start to work 10 minutes later.
10分後に仕事を始めます。

 

こちらもafterと同じ使い方として見て大丈夫です。

 

 

時間の前置詞に関連する記事

”for the next 〜”の意味とその使い方【未来の話に】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が「(時間)〜後に」の英語表現とその使い方【inとafter、laterの違いもわかる】でした。それではSee you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出