「風邪っぽい」や「風邪気味」の英語表現7選とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「風邪っぽい」や「風邪気味」の英語表現7選とその使い方についてお話します。

この記事を読めば、表現力がアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

「風邪っぽい」や「風邪気味」の定番表現3選

定番表現を3つ紹介する前にお伝えしておきたいのが、「っぽい」や「気味」を”I think 〜.”や”I feel like 〜.”で表現しているということです。

「風邪を引いている」ということに対して不確定なので、それらの表現をつけることで「風邪っぽい」や「風邪気味」という意味になります。

 

1. I think I have a cold.

病気を持っているときに”have”が使えますが、この”have”を進行形にして”I think I’m having a cold”と言っても正解です。

大きな違いはありませんが、少し強調して伝えたいときに進行形を使うといいですよ。

 

2. I feel like I caught a cold.

2つ目は、”feel like 〜”を使った表現です。

「〜のような気分」で「風邪気味」や「風邪っぽい」を表すことができます。

“caught”は”catch”の過去形ですが、ここを”got”と置き換えてもいいですよ。

リョウ
I feel like I got a cold.

 

また、進行形で”getting”を使って「引いている状態」を強調してもいいですね。

リョウ
I feel like I’m getting a cold.

 

3. I feel feverish.

3つ目は、”feverish”を使った表現です。

これ自体で「風邪っぽい」という意味があります。

語尾に”ish”が使われていますが、これについては別記事でまとめているのでよかったらどうぞご覧ください。

ネイティブ愛用!「っぽい」”ish”の3つの使い方

2019年1月23日

 

 

かっこよく言うなら、この4つで決まり!

ここから中級から上級者向けの言い回しになります。

イディオム表現からくだけた表現まで紹介しています。

 

1. I think I’m coming down with a cold.

“come down with something”で「病気をする」という意味です。

“something”のところは例文のように入れ替え可能で、“flue”「インフルエンザ」や”heat stroke”「熱中症」などにして表現することもできます。

 

2. I’m feeling a bit under the weather.

“under the weather”で「体調が少し悪い」という意味です。

イディオム表現ですね。

“feel”も”have”と同じで基本的には進行形にできませんが、体調や気分を強調したいときに進行形にすることができます。

ちなみに”look”と”under the weather”を一緒に使って使われることもあります。

マイク
He looked a bit under the weather today.
彼今日は体調が少し具合が悪そうだったな。

 

3. I feel a cold coming on.

“cold”の後ろに”coming”という現在分詞を持ってきて表現することもできます。

直訳だと「風邪が来ている」というような感じですが、これが「風邪気味」という意味になります。

 

4. I think I picked up a bug.

“pick up a bug”で人から移った軽い病気を意味します。

“pick up”の変わりに”get”や”catch”を使うこともできますよ。

“bug”はとてもカジュアルな表現なので使い方には注意しましょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「風邪っぽい」や「風邪気味」の英語表現7選とその使い方についてでした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。