「面倒くさい」の英語表現4選(スラングもあり)

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「面倒くさい」の英語表現4選(スラングもあり)についてお話します。

この記事を読めば、さらに英語の表現力がアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

「面倒くさい」を英語に何て言う?

まずは二人の会話を見てみましょう。

リョウ
Hey, Mike. Have you heard that we’re having a drinking party with bosses this Friday? 
ねぇ、マイク。今週の金曜日に上司たちと懇親会があるの聞いた?
マイク
Again!? What a pain. We just did it two weeks ago.
また!?めんどくさー。2週間前にやったばっかだよ。

 

 

「面倒くさー。」を英語で伝えたいときは”What a pain.”と言い、面倒なことを強調して伝えるときに使える便利な英会話フレーズです。

“pain”と聞くと「苦痛、痛み」という意味を思い浮かべますが、今回のフレーズのように可算名詞で「面倒なこと/人」という意味でも会話ではよく使われます。

では次は”What a ~.”という形に注目してみましょう。

この形を感嘆文といい、「なんて~なんだ。」と訳します。相手に驚きや感情を強調したいときに使います

今回は感嘆文で表現していますが、普通に肯定文で”It’s a pain.”「面倒くさいな。」と表現することもできます。

 

 

感嘆文のWhat構文のおさらいしておこう

こちらが基本的な構文になります。

What a ( an )+(形容詞)+名詞+S+V!

<S>は何て<(形容詞)+名詞><V>なんだ!

 

実際に例文を作ってみました。上の訳を見ながら英訳してみましょう。

What a pain it is!
それは何て面倒なんだ!

What a pain it is!

 

What beautiful eyes she has!
彼女は何て綺麗な目をしているんだ!

 

上記の一つ目の例文で紹介しているように、会話で文脈上何を指しているかが明確なら、”What a pain!”のように最後のS(主語)V(動詞)の部分を省くことがあります。

また後者でも同じようなことが言えます。

 

 

スラングならこう使うよ

同じような意味でスラング表現があるのでご紹介します。

ではマイクに例文を言ってもらいましょう。

マイク
What a pain in the ass.

 

 

マイク
What a pain in the butt.

 

 

マイク
What a pain in the rear.

 

 

“ass”、”butt”、”rear”の意味

ちなみに、“ass, butt, rear”は「尻」という意味になります。

ただスラングなので、相手に不快感を与える可能性がありますので、仲が良い相手など、相手を選んで使いましょう。

特に”ass”は攻撃的なので、それより控えめな”butt”か”rear”を使うと良いでしょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?

「めんどくさい」と言いすぎるのはよくありませんが、たまにはこういった感情も状況によって表現してみましょう。

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業。現在はマニラを拠点にして海外を旅しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。