「迷うなぁ、迷うよね」の英語表現4選とその使い方【初級から中級まで】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「迷うなぁ、迷うよね」の英語表現についてお話ます。この記事を読めば自分の気持ちをさらにスムーズに伝えることができるようになります。それでは一つずつみていきましょう。

 

 

1: I can’t decide.(ビギナー)

マイクとリョウの会話を見てみましょう。

レストランで注文する際に…

マイク
What are you having?
何を食べるの?
リョウ
Everything looks so delicious. I can’t decide.
全部すごく美味しそうだね。迷うなぁ。

 

 

日常でよく使う表現である「迷うなぁ。」を、もっともシンプルに英語で言うと”I can’t decide.”になります。おそらくこれが一番鉄板な言い方でビギナーから使えるとても使いやすいフレーズです。「決める」という意味では、すぐに”decide”って頭の中に出てきますが、「迷う」となると難しく考えすぎてどう表現したらいいのかわからなくなってしまいます。けど、英語は思っているよりシンプルです。直訳すると、”I can’t decide.”「決めることができない。」です。ということは、迷っているから意訳して「迷うなぁ。」となります。

 

 

2: I’m indecisive right now.「迷うなぁ」(中級)

ロバートとリョウの会話を見てみましょう。

海外旅行を検討していて…

ロバート
Which beach do you want to go to, Boracay or Palawan?
ボラカイか、パラワンのどっちの海に行きたいんだい?
リョウ
Both are really nice beaches. I’m indecisive right now.
どっちもすっごい素敵なビーチなんだよな。迷うなぁ。

 

 

“indecisive”は形容詞で「決定力のない、優柔不断な」という意味です。「迷うなぁ。」と言いたいときは、動詞”decide”の他に、形容詞”indecisive”も覚えておきましょう。個人的な意見になるかもしれませんが、レベル的に、中級または中級の手前あたりの表現です。サラッと”I’m indecisive right now.”と言えるとカッコいいですね。

 

 

“I’m indecisive.”だけでもいい?

“right now”をつけずに”I’m indecisive.”だと「私は優柔不断です。」自分が優柔不断なタイプの人だと相手に伝わる可能性が高いです。なので、今迷っていることを伝えたいときは、“right now”「今」をつけましょう。”I’m indecisive right now.”と伝えるようにしましょう。

 

 

3: I can’t made up my mind.「迷うな。」(中級)

マイクとナオミの会話を見てみましょう。

同僚へ…

マイク
Will you still join a dance class this Saturday?
今週の土曜日のダンスクラスには参加するつもり?
ナオミ
I can’t make up my mind. My friends are also asking me to go shopping together.
迷うな。友達からも一緒に買い物に行こうって誘われてさ。

 

 

“make up one’s mind”はイディオム表現で、「決める」という意味です。”decide”といたって同じ意味で使われます。ただ、”make up one’s mind”の方がカジュアルな表現であり、かつネイティブがよく使います。レベルは、ネイティブが日常的に使う表現なので、中級としてます。中級の方は、こちらのフレーズを積極的に使っていきましょう。

 

 

4: “It’s hard to decide isn’t it?”「迷うよね。」(ビギナー)

美容院で…

ナオミ
Which hair color do you think would suit me?
どっちの髪の色が私に合うと思う?
マイク
Hmm, both colors look good on you though.
うーん、どっちの色も君に似合ってるけど。
ナオミ
I know. It’s hard to decide isn’t it?
でしょ。迷うよね。

 

 

相手に同意を求める意味を含めて、「迷うよね。」と言いたいときは、“It’s hard to decide isn’t it?”と言います。”It’s hard to 〜.”で「〜するのは難しい。」という意味です。ちなみに、この表現とても役に立つので必ず覚えておきましょう。そして、”,〜isn’t it?”は「だよね?」と相手に同意してもらいときに使う表現です。”It’s hard to decide isn’t it?”を訳すと、「決めるの難しくない?」です。そして、意訳して「迷うよね。」になります。

 

 

迷うに関連する記事

「(道に)迷っちゃったよ」の英語表現とその使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が「迷うなぁ、迷うよね」と言いたいときの便利な役に立つ表現でした。それではSee you next time!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出