レストランでのお会計もラクラク!「割り勘にしよ」を英語で言うと?

友達や彼女とレストランやバーに言ったとき、だいたいお勘定のときに、割り勘にするか、しないかの判断をすることになります。

そのときに使える必修フレーズを紹介します。

 

Let’s split the check.

まずは、二人の会話をみてみましょう。

リョウ
Our bill is here. Let’s split the check.
お勘定がきたね。割り勘にしよう。
マイク
Sure.
もちろん。

 

 

 

“split”と”check”の意味

お勘定のときに、サラッと「割り勘にしよ。」と英語で言えるとカッコイイですよね。

そういうときは、“Let’s split the check.”と言います。

“split”は動詞で「分割する」という意味です。

そして、”check”は名詞で「勘定」という意味です。

 

 

冠詞の”the”は忘れない

“the”「その」はお互いがどれと認識できるものに使います。

「そのお勘定」と言った場合、自分と友人が頼んだもののお勘定を指していることになりますね。

ここで冠詞の”the”を忘れて使ってしまう人は多いのではないでしょうか。

もちろん冠詞”the”がなくても通じます。

でも、しっかりと”the”をつけることで自然な英語を話せるな、という印象を与えます。

 

 

“check”と”bill”の違いは?

“split the bill”という言い方もしますが、“bill”は主にイギリスで使われ、アメリカでは”check”を使うのが一般的とされています。

だからといって、アメリカで”split the bill”が通じないわけでは全くないので、どちらを使ってもいいと思います。

 

 

初対面の人から「おごるよ。」と言われたら?

まずは、二人の会話を見てみましょう。

マイク
Let me treat you.
おごらせて。
リョウ
No, no. We should split the bill.
いやいや。割り勘にしましょうよ。

 

 

 

“We should split the bill.”

気前のいい人なら、初対面の相手にもおごることもあるでしょう。

でも、さすがに初対面の人からおごってもらうのは、なんとなく気が引けます。

そんなときは、提案を表す助動詞”should”を使って、“We should split the bill.”「割り勘にしましょうよ。」と言うとよいでしょう。

 

 

多めに注文した場合に「私が多めに払います。」と言うなら?

まずは、二人の会話をみてみましょう。

リョウ
Let’s split the bill. It’s $500 each.
割り勘にしよ。一人500ドルね。
ナオミ
I’ll pay a little more. Because I ordered more than you did.
すこし多めに払うよ。君より注文したから。

 

“I’ll pay a little more.”

自分が少し多めに注文したときなんかに、「割り勘にしよ。」とは言えないですよね(笑)。

その時点で、ちょっとせこいやつと思われてしまうかもしれません。

それは避けたいところです。

そんなときは、“I ‘ll pay a little more.”「少し多めに払うね。」と言いましょう。

 

 

ほとんど自分が注文してたら?

場合によっては、ほとんど自分が注文しているときもあるでしょう。

そういうときは、代名詞”most”を使って、“I’ll pay the most.”「私がほとんど払うね。」と言いましょう。

 

 

実は”Let’s go dutch.”はあまり使われないって本当?

インターネット上でも、割り勘に関連する記事を読みましたが、”Let’s go dutch.”はあまり使われないと書いています。

確かに、”Let’s split the bill.”という表現は何度も聞いたことがありますし、自分も使っています。

しかし、”Let’s go dutch.”は数回程度しか使ったことがありません。

理由としては、2つあります。

 

 

1つ目は、そもそもイディオム表現なので、知らない人もいる

“Let’s go dutch.”はそもそも、イディオム表現なので、アメリカやイギリス、カナダなど英語圏であれば、知らない人はほとんどいないと思いますが、今、英語は国際言語です。

その中で、よりわかりやすい英語が好まれる時代に、わざわざ”Let’s go dutch.”を使う人はあまりいないと思います。

 

 

2つ目は、”dutch”には軽蔑的な意味合いが含まれる

辞書で調べてみると、”dutch”は「オランダ人の」という意味です。

しかし、歴史の観点から見ると、実はマイナスなイメージで使われてきた背景もあります。

昔、イギリスとオランダが海外発展を競っていたので、イギリスのライバル意識から、オランダ人に節約家が多いことから、皮肉って”go dutch”で「割り勘をする」というイディオムが生まれました。

なので、オランダ人の前で使うのは避けたほうがいいでしょうね。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?

このあたりがスムーズに言えると、心配なく一緒に友人と一緒に外食や飲みにいったりいけるでしょう。

 

英会話初心者の人が必ず読んでおきたいフレーズ本4選

2018.06.11

かっこよく話せる!「君次第だよ」"It's your choice."を英語でネイティブ風に言うと?

2018.01.27

必須2パターン!「おごるよ」を英語で何て言うと?

2016.03.22

友達にシェアして教えてあげる

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中