お会計がスムーズ「割り勘にしよ」の英語とその関連表現4選

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「割り勘にしよ」の英語表現についてお話します。

この記事を読めば、レストランでのお会計がスムーズになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

まずは会話を聞いてみよう

まずは、二人の会話をみてみましょう。

リョウ
Our bill is here. Let’s split the check.
お勘定がきたね。割り勘にしよう。
マイク
Sure.
もちろん。

 

 

 

“Let’s split the check.”の意味は?

お勘定のときに、サラッと「割り勘にしよ。」と英語で言えるとカッコイイですよね。

そういうときは、“Let’s split the check.”と言います。

“split”は動詞で「分割する」という意味です。

そして、”check”は名詞で「勘定」という意味です。

 

 

冠詞の”the”は忘れない

“the”「その」はお互いがどれと認識できるものに使います。

「そのお勘定」と言った場合、自分と友人が頼んだもののお勘定を指していることになりますね。

ここで冠詞の”the”を忘れて使ってしまう人は多いのではないでしょうか。

もちろん冠詞”the”がなくても通じます。

でも、しっかりと”the”をつけることで自然な英語を話せるな、という印象を与えます。

 

 

“check”と”bill”の違いは?

“split the bill”という言い方もしますが、”bill”は主にイギリスで使われ、アメリカでは”check”を使うのが一般的とされています。

だからといって、アメリカで”split the bill”が通じないわけでは全くないので、どちらを使ってもいいと思います。

 

 

1. 初対面の人から「おごるよ」と言われたら?

まずは、二人の会話を見てみましょう。

マイク
Let me treat you.
おごらせて。
リョウ
No, no. We should split the bill.
いやいや。割り勘にしましょうよ。

 

 

気前のいい人なら、初対面の相手にもおごることもあるでしょう。

でも、さすがに初対面の人からおごってもらうのは、なんとなく気が引けます。

そんなときは、提案を表す助動詞”should”を使って、“We should split the bill.”「割り勘にしましょうよ。」と言うとよいでしょう。

 

 

2. 多めに注文した場合に「私が多めに払います」と言うなら?

まずは、二人の会話をみてみましょう。

リョウ
Let’s split the bill. It’s $500 each.
割り勘にしよ。一人500ドルね。
ナオミ
I’ll pay a little more. Because I ordered more than you did.
すこし多めに払うよ。君より注文したから。

 

自分が少し多めに注文したときなんかに、「割り勘にしよ。」とは言えないですよね(笑)。

その時点で、ちょっとせこいやつと思われてしまうかもしれません。

それは避けたいところです。

そんなときは、“I ‘ll pay a little more.”「少し多めに払うね。」と言いましょう。

 

 

3. ほとんど自分が注文してたら?

場合によっては、ほとんど自分が注文しているときもあるでしょう。

そういうときは、代名詞”most”を使って、“I’ll pay the most.”「私がほとんど払うね。」と言いましょう。

 

 

4. “Let’s go dutch.”はあまり使われないって本当?

インターネット上でも、割り勘に関連する記事を読みましたが、”Let’s go dutch.”はあまり使われないと書いています。

確かに、”Let’s split the bill.”という表現は何度も聞いたことがありますし、自分も使っています。

しかし、”Let’s go dutch.”は数回程度しか使ったことがありません。

理由としては、2つあります。

 

 

1つ目は、そもそもイディオム表現なので、知らない人もいる

“Let’s go dutch.”はそもそも、イディオム表現なので、アメリカやイギリス、カナダなど英語圏であれば、知らない人はほとんどいないと思いますが、今、英語は国際言語です。

その中で、よりわかりやすい英語が好まれる時代に、わざわざ”Let’s go dutch.”を使う人はあまりいないと思います。

 

 

2つ目は、”dutch”には軽蔑的な意味合いが含まれる

辞書で調べてみると、”dutch”は「オランダ人の」という意味です。

しかし、歴史の観点から見ると、実はマイナスなイメージで使われてきた背景もあります。

昔、イギリスとオランダが海外発展を競っていたので、イギリスのライバル意識から、オランダ人に節約家が多いことから、皮肉って”go dutch”で「割り勘をする」というイディオムが生まれました。

なので、オランダ人の前で使うのは避けたほうがいいでしょうね。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「割り勘にしよ」の英語表現についてでした。

それでは、See you around!

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。