「世間知らず」の英語表現3選とその使い方

こんにちは、リョウです。

今日は「世間知らず」の英語表現3選とその使い方についてお話します。

この記事を読めば、さらに表現力がアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

1. naive

リョウ
Mike used to be so naive.
マイクはめっちゃ世間知らずだったよな。

 

“naive”で「世間しらずな」という意味です。

経験が浅い分世の中のことをわかっておらず人をすぐに信じすぎる傾向があったり、いつもよいことばかりが起こると考えている人に対して使われます。

まだ馴染みのなる”innocent”もまったく同じ意味で使われます。

マイク
I was thirteen years old and very innocent at that time.
当時は13歳でとても世間しらずだったよ。

 

 

2. ignorant

ナオミ
I’m very ignorant about politics.
政治に関してはとても無知なの。

 

“ignore”「無視する」の名詞ですが、”ignorant”で「無知な」という意味です。

“ignorant”は知っておくべき情報や事実を知らない人に対して使います。

イギリス英語では無知であることから「失礼な」という意味で使われることもあります

ロバート
What an ignorant behavior. 
なんて失礼なふるまいなんだ。

 

 

3. gullible

リョウ
How can you be so gullible! He’s not an American.
ほんと騙されやすいよね。彼はアメリカ人じゃないよ。

 

「世間知らず」と似たような使い方ができるのでご紹介しておきました。

“gullible”で「騙されやすい」という意味で「ガリボー」のように発音します。

人が言うことをなんでも信じてしまう人に対して使われます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、“at first”と”first”、”firstly”の違いとその使い方についてでした。

それでは、See you around!

 

 

僕がオススメしたい海外旅行本3選とあれば超便利な通訳機

2019.02.02

【初級から中級】超効率的に英会話フレーズを暗記するならhanaso英会話スクールがオススメ

2019.01.08

【初級〜中級対象】おすすめしたい無料で使える英語学習アプリ3選

2018.07.31

【厳選】英会話中級者が必ず読んでおきたいフレーズ本3選

2018.07.10

「いいね!」で
最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話ジムを運営中