丁寧に誘いを断れる!「また今度ね」を英語で言うと?

こんにちは、リョウです。

今日は、「また今度ね。」の英語表現についてお話します。

この記事を読めば、丁寧に誘いを断れるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

「また今度ね」を英語で言うと?

「また今度ね。」と英語で伝えたいときは、“Maybe some other time.”と言います。

友人や同僚から誘われたけど、予定が入っていたりして丁寧に断りたいときによく使う便利な日常英会話フレーズです。

 

まずは、スタローンとロバートの会話を見てみましょう。

スタローン
Hey, I’m planning to go on a trip next weekend. Do you want to join me?
ねぇ、来週末に旅行へ行く予定なんだ。一緒に来る?
ロバート
I really want to, but I have plans already. Maybe some other time.
すっごく行きたいんだけど、もう予定があるんだ。また今度ね。

 

 

 

断るとき、断られたときに使える

直訳では、「たぶんまたいつか。」で、意訳して「また今度。」となります。

相手の誘いを断るときだけでなく、断られた相手に対しても使えます。

 

マイク
Sorry, I have plans already.
ごめん、もう予定があるんだ。
リョウ
All right. Maybe some other time.
わかった。また今度な。

 

 

 

興味のない男性/女性からデートに誘われたときも使える

興味のない男性/女性からのデートの誘いを断りたいけど、相手を傷つけずに、ソフトに言いたいです。

そんなときに、”Maybe some other time.”と言いましょう。

相手を傷つけずに、丁寧に断ることができます。

ただ、相手が空気の読めない人だとしたら、普通にまた誘ってくるかもしれません笑

そのときは、

ナオミ
I’m sorry, I’m seeing someone else.
ごめんなさい、他に付き合っている人がいるんだ。

 

 

 



同じく使える言い回し3選

マイクとナオミの会話を見てみましょう。

マイク
Do you wanna go for a drink tonight?
今夜、飲みにいかない?
ナオミ
Maybe next time, okay? I have to work overtime tonight.
また今度ね、いい?今夜は残業しないといけないんだ。

 

 

 

ナオミ
We’ll try again some other time.
また今度にしよう。

 

マイク
Maybe another time.
また他の機会にしよ。

 

 

 

もっと優しく断るなら?

「また今度ね。」と言い切るのではなく、“ok”を最後に疑問形で入れてみましょう。

そうすると、相手に許可を求める意味を含めることができます。

それが、結果的にソフトな表現になります。

 

それでは、ナオミとマイクの会話を見てみましょう。

マイク
Why don’t we go to see a movie this Sunday?
今週の日曜日映画見に行かない?
ナオミ
I’ll be eating out with my friend. I’m sorry. Maybe next time, okay?
友達と外食する予定なんだ。ごめんね。また今度ね、いい?

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?

機会があれば是非使ってみてくださいね。

それでは、また会いましょう!

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話ジムを運営中