「まさか~だとは思わなかったよ」の英語表現とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「まさか~だとは思わなかったよ」の英語表現とその使い方についてお話します。この記事を読めば会話がさらにズムーズに進みます。それではまいりましょう。

 

 

「まさか~だとは思わなかったよ」を英語でなんて言う?

まずは二人の会話を見てみましょう!

リョウ
Have you heard that Emma and Beckham are now together?
エマとベッカムが今付き合ってるって聞いた?
ナオミ
Yeah, I have. I had no idea that those two would be together.
うん、聞いたよ。まさかあの二人が一緒になるとは思わなかったよ。

 

 

「まさか~だとは思わなかったよ。」と英語で伝えたいときは、”I had no idea that ~.”と言います。”I didn’t know ~.”とも言うことができますが、知らなかったという事実を強調したいときに使える便利な英会話フレーズです。

 

 

ここでの”idea”は数えられる名詞?

まずは”idea”について。ここでの”idea”は数えられない名詞です。日本語でも「アイディア」と、言うようにすぐに意味を理解できますが、このフレーズでは「認識」という意味が一番適切です。その他にも、文の内容によっては「考え、意見」という意味になることもあります。

 

 

“idea”を数えられる名詞として使うときは?

“idea”を数えられる名詞として使う場合は、アイディアや考えを数えて言いたいときです。色々な意見が出たあとに、”We have a lot of ideas now.”「もうたくさんアイディアがあるね。」のように使います。

 

 

ここでの”that”は関係代名詞?

結論からいえば、ここでの”that”は関係代名詞ではありません。同格の”that”です。”idea”とイコールになるものが、”those two would be together”になります。訳としては、“idea that 〜”で「〜というアイディア」となります。簡単にいえば、”idea”を詳しく説明するために置かれた”that”節です。

 

 

“I have no idea.”だけでも使える

マイクとリョウの会話をみてみましょう。

マイク
What do you think you will be doing in 5 years?
5年後、君は何をしていると思う?
リョウ
I have no idea.
まったく見当がつかないね。

 

 

今回のフレーズは、実は”I have no idea.”の応用編です。”I have no idea.”という表現もよく使われます。”I’m not sure.”や”I don’t know that.”のようなフレーズと意味が似ていますが、”I have no idea.”はわからないことを強調するときに、「全く見当がつかない。」という意味で使われます。

 

 

have no ideaに関連する記事

”have no clue 〜”の意味とその使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が、「まさか~だとは思わなかったよ」の英語表現とその使い方についてでした。機会があれば是非使ってみてください。それでは、また会いましょう!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出