「ちゃんと~した」の英語表現とその使い方【強調】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「ちゃんと~したよ。」の英語表現についてお話します。この記事を読めば自分の主張を強調することができるようになります。それではまいりましょう。

 

 

「ちゃんと~したよ」を英語で言うと?

「ちゃんと~したよ。」を英語で伝えるとき、”I did ~.”と言います。自分がしたことを強調したいときに使える便利な英会話フレーズです。まずは二人の会話を見てみましょう!

旦那に…

アイヴァン
Did you really wash the dishes? This’s still a bit dirty.
本当にお皿洗ったの?これまだちょっと汚いよ。
リョウ
Yeah, I did wash the dishes. Which one is it?
うん、ちゃんとお皿洗ったよ。どれそれ?

 

 

 

“wash”の前の”did”は何?

“wash”の前に、過去形の動詞があるのが、違和感に感じたかもしれません。これ、”I did (do) + 動詞の原形 ~.”で「ちゃんと~したよ。/本当に~だよ。」とう意味です。この”did”ですが、動詞ではなく助動詞(can, will, shouldなど)の”did”です。そしてこの文の動詞の部分となるのが”wash”です。原形の一般動詞の前に助動詞”did”や”do”,”does”を置くことで、過去形や現在形の動詞の部分、つまり「~した/~する」ことを強調することができます。そして元々過去形、現在形だった動詞は、動詞の原形となります。

 

 

カジュアルそれともフォーマルな表現?

ちなみにカジュアルでもフォーマルな場面でも使うことができます。フォーマルな場面であれば、訳的に「確かに~しました。」や「もちろん~です。」のようになります。

 

 

例文の音声を聞きながら音読してみよう

本当にマイクに正しく伝えたのか聞かれて…

リョウ
I did say that.
ちゃんとそう言ったよ。

 

 

彼女に愛しているのか聞かれて…

リョウ
I do love you.
もちろん君を愛してるよ。

 

文脈によっては、「もちろん〜」という意味にもなります。

 

喧嘩の後に仲直りはしたのか聞かれて…

 

リョウ
She did apologize.
彼女はちゃんと謝ったよ。

 

※主語はもちろん”she”や”he”など置き換えて使えます。

 

 

 

“properly”も使えるよ

“properly”は「適切に」という意味で、今回のフレーズと同じように使えます。過去形の文に”properly”をつけてあげましょう。

お皿を綺麗に洗ったか聞かれて…

マイク
I washed the dishes properly.
ちゃんと皿を洗ったよ。

 

 

遅刻の件でしっかりと上司に謝ったか同僚に聞きたくて…

ナオミ
Did you apologize properly?
ちゃんと謝った?」

 

 

過去に関連する記事

「なんとか~できたよ」の英語とその関連表現

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。いかがでしたか?以上が「ちゃんと~した」の英語表現とその使い方でした。機会があれば是非使ってみてくださいね。それでは、See you again!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出