“that”で「そんなに~ではなかったよ」の英語表現とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”that”で「そんなに~ではなかったよ」の英語表現とその使い方についてお話します。

この記事を読めば、英語の表現力がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

「そんなに~ではなかったよ」を英語で言うと?

まずは二人の会話を見てみましょう。

リョウ
How was the movie?
映画どうだった?
マイク
It wasn’t that good.
そんなによくなかったよ。

 

 

 

「そんなに~ではなかったよ。」と伝えたい時は、英語で”It wasn’t that ~.“と言います。

相手に感想を聞かれた際に使える便利な日常英会話フレーズです。

 

 

“that”は副詞としてもよく使われる

指示代名詞として使われる”that”「あれ、その」は、”That is my pen.”や”That car is hers.”のように指示代名詞として使うイメージが大きいと思います。

しかし、英語圏では、“that”を副詞(動詞、副詞、形容詞を修飾するもの)として「そんなに、それほど」という意味で使うことも頻繁にあります。

 

 

副詞にも修飾できる”that”

上の会話では、”good”「良い」が形容詞なので「そんなに良い」と形容詞と修飾する形になっています。

形容詞だけではなく、副詞”much”や”long”などの量や長さを強調して使うこともよくあります。

下の例文を見てみましょう。下線の副詞を修飾しています。

こちらも会話では頻繁に使われるので、是非使えるようになっておきましょう。

 

リョウ
I don’t like it that much.
そんな好きじゃないな。

 

 

 

リョウ
I only know that much.
それぐらいしか知らないね。

 

 

 

リョウ
It doesn’t take that long.
そんなに時間はかからないよ。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、”that”で「そんなに~ではなかったよ」の英語表現とその使い方でした。

機会があれば是非使ってくださいね。

それでは、また会いましょう。

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。