3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「お騒がせしてすみませんでした」の英語表現とビジネスシーンでの活用法

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちは、皆さん。RYO英会話ジムです。ビジネスシーンで、何か問題やトラブルが発生した際、誠実さを表現する重要なフレーズの一つが、「お騒がせしてすみませんでした。」です。このフレーズは、相手に対して謝罪の気持ちを伝えつつ、次の対応を約束し、信頼関係を損なわないために使います。この記事では、このフレーズの英語表現と使い方について詳しく解説します。

 

 

「お騒がせしてすみませんでした。」の英語表現

ビジネス英語で「お騒がせしてすみませんでした。」を表現する際、以下のような言い回しを使うことが一般的です。これらの表現は、ビジネスコミュニケーションでよく使用され、失礼や不快感を和らげるのに役立ちます。

I apologize for any inconvenience.

これは、一般的な謝罪の表現で、何か不都合やトラブルが生じた場合に使用できます。

I’m sorry for any disruption this may have caused.

何らかの混乱や中断が発生した際に使用できる表現です。

I regret any inconvenience we may have caused.

不便さを後悔する気持ちを表現するフレーズです。

 

 

無料トライアル実施中

例文

これらの例文では、「お騒がせしてすみませんでした。」の日本語の意味が、適切な英語表現に変換されています。

アイヴァン
I apologize for any inconvenience our delay may have caused.
当社の遅れが何か不便を生じさせた場合、謝罪いたします。

 

 

スタローン
I’m sorry for any disruption this change might have brought about.
この変更がもたらした混乱について、お詫び申し上げます。

 

 

マイク
I regret any inconvenience we may have caused due to the technical issue.
技術的な問題により発生した不便さについて、お詫び申し上げます。

 

 

 

似たような表現

もちろん、ビジネスコミュニケーションにおいて謝罪やトラブルの対応に使える似たような表現はいくつかあります。これらの表現は、具体的な状況や相手に合わせて使うことができます。どの表現も謝罪の意を表し、相手に対して誠実さと責任感を示すのに役立ちます。以下にいくつかの例を挙げてみましょう:

Sorry for any trouble this may have caused.

「この件によって引き起こされたトラブルについて、心よりお詫び申し上げます。」

Please accept our apologies for any inconvenience.

「どのようなご不便に対しても、深くお詫びいたします。」

We deeply regret any inconvenience you may have experienced.

「皆様が経験されたご不便に対し、深い遺憾の意を表明します。」

We apologize for any hassle this may have caused.

「この件がもたらした手間に関して、誠に申し訳なく思います。」

 

 

関連する語彙

Compensation (賠償)

  • In addition to apologizing, we are offering compensation for the inconvenience caused.
  • 「謝罪に加えて、おこった不便に対して賠償を提供しています。」

Rectify (修正する)

  • We will take immediate steps to rectify the situation and prevent it from happening again.
  •  「状況を修正し、再び発生しないよう即座に対策を講じます。」

Mitigate (緩和する)

  • We are working to mitigate the impact of the delay on our customers.
  • 「遅延の影響を顧客に対して緩和するために取り組んでいます。」

 

 

押さえておきたいポイント

  • 謝罪の誠実さと責任感を示すために、ビジネスシーンで「お騒がせしてすみませんでした。」を適切に使いましょう。
  • 似たような表現や関連語彙も覚えておくことで、より多彩なビジネスコミュニケーションが可能になります。

 

 

 

 

関連記事

 

 


 

「お騒がせしてすみませんでした。」の英語表現を使いこなすことは、ビジネスコミュニケーションにおいて重要です。誠実な謝罪を通じて、信頼関係を築き、問

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム