3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

フォーマルな依頼「〜していただけますか?」の英語表現とその使い方

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

フォーマルな依頼の重要性とは?

日常生活やビジネスシーンにおいて、他人に何かを依頼する機会は多くあります。特にビジネスシーンでは、適切な言葉遣いで依頼をすることが、信頼関係を築く上で非常に重要です。フォーマルな依頼は、相手に対する敬意を示し、円滑なコミュニケーションを可能にします。丁寧な依頼ができることで、相手の協力を得やすくなり、良好な人間関係を保つことができます。

例えば、ビジネスの場面で「これをやってくれませんか?」とカジュアルに頼むよりも、「この件についてご協力いただけますでしょうか?」とフォーマルに頼む方が、相手に対する敬意を示すことができます。このように、フォーマルな依頼は、相手の気持ちを考えたコミュニケーションの基本となるのです。

英語でのフォーマルな表現のポイント

英語でフォーマルな依頼をする際には、いくつかのポイントがあります。以下に、その主なポイントを挙げます。

丁寧な言葉を使う

カジュアルな表現ではなく、丁寧な言葉を選びましょう。例えば、「Can you help me?」ではなく、「Could you help me?」や「Would you be able to help me?」といった表現を使います。

仮定法を使う

フォーマルな依頼では、仮定法を使うことでより丁寧な印象を与えます。「I would appreciate it if you could…」や「I was wondering if you could…」といった表現は、依頼を柔らかく伝えるのに効果的です。

相手の立場を尊重する

依頼する際には、相手の立場や状況を考慮した表現を心がけましょう。「I understand you are busy, but…」や「If it’s not too much trouble, could you…」といったフレーズを使うことで、相手への配慮が伝わります。

感謝の気持ちを伝える

依頼の前後に感謝の気持ちを表すことで、相手に対する敬意を示します。「Thank you for considering my request」や「I appreciate your help with this matter」などのフレーズを使うと良いでしょう。

これらのポイントを押さえることで、英語でフォーマルな依頼を効果的に行うことができます。次に、具体的な表現方法やシチュエーション別の例文を見ていきましょう。

 

 

無料トライアル実施中

フォーマルな依頼の基本表現

フォーマルな依頼をする際には、適切な表現を使うことが重要です。ここでは、代表的な3つの表現を紹介します。

“Could you~?”

“Could you”は、相手に対して丁寧にお願いする際によく使われる表現です。「~していただけますか?」という意味になります。シンプルで使いやすいこの表現は、ビジネスシーンや日常生活でも頻繁に使われます。

例文:
  • Could you send me the report by tomorrow?
    (明日までにレポートを送っていただけますか?)
  • Could you please explain this concept to me again?
    (この概念をもう一度説明していただけますか?)

その他例文

「~していただけますか?」と英語で依頼したいときは、”Could you ~?”と言います。目上の人や人に丁寧にお願いをしたいときに使える便利な英会話フレーズです。まずは二人の会話を見てみましょう!

1.上司に対して

リョウ
Could you explain the procedure of this task?
この業務の手順について説明していただけますか?
ロバート
All right. Let me show you how to do it first.
わかりました。やり方についてまずお見せしますね。

 

 

2.見知らぬ人に対して

リョウ
Could you take a photo of us?
写真を撮っていただけますか?
ロバート
Sure.
もちろん。

 

 

"Could you ~?"と"Could you please 〜?"の違い

“Could you ~?”は「~していただけますか?」と丁寧にお願いをしたいときに使うフレーズです。もしさらに丁寧に伝えたいときは、副詞の”please”「どうか」を付けて、”Could you please ~?”「どうか~していただけますか?」のように言うこともできます。またカジュアルにお願いしたいときは、助動詞”can”を使って、”Can you ~?”「~してくれる?」と言うこともできます。

"could you"で何で丁寧になるの?

まず把握しておきたいのが、”could”は”can”の過去形です。ではなぜ過去形が丁寧な表現に使われるのか。英語を学習し始めた人であれば過去形は過去の話に使うというのは当たり前に知っていますよね。

例えば”I went to the gym.”というと今より前の時間にジムに言ったことになりますね。つまり物理的な距離を表すときに「過去形」を使うということになります。一方で心理的な距離を表すときにも、この「過去形」を使うことができるのです。直接的ではなく、相手にある程度の距離を作ってお願いしたいから過去形の”Could”が使われるということになります。

“Would you mind~?”

“Would you mind”は、相手に何かをお願いする際に非常に丁寧な表現です。「~していただけませんか?」という意味で、相手の意向を尊重した依頼の仕方になります。なお、この表現は通常、動詞のing形とともに使います。

例文:
  • Would you mind helping me with this project?
    (このプロジェクトを手伝っていただけませんか?)
  • Would you mind waiting for a few minutes?
    (数分お待ちいただけませんか?)

“I would appreciate it if~”

“I would appreciate it if”は、非常に丁寧でフォーマルな依頼表現です。「~していただけるとありがたいです」という意味で、特にビジネスの場面でよく使われます。この表現は、相手に対する感謝の気持ちを込めて依頼をする場合に適しています。

例文:
  • I would appreciate it if you could review this document.
    (この書類をレビューしていただけるとありがたいです。)
  • I would appreciate it if you could let me know your availability.
    (ご都合をお知らせいただけるとありがたいです。)

これらの表現を使うことで、相手に対する敬意を示しながら、丁寧に依頼をすることができます。次に、これらの表現を使った具体的なシチュエーション別の例文を見ていきましょう。

 

 

状況別のフォーマルな依頼の例文

ビジネスシーンでの依頼

ビジネスシーンでは、フォーマルな依頼をすることが特に重要です。以下の例文は、会議やプロジェクトでの依頼を想定しています。

例文:
  • 会議の設定
    • Could you schedule a meeting with the marketing team next week?
      (来週、マーケティングチームとの会議を設定していただけますか?)
  • 報告書の確認
    • Would you mind reviewing the financial report before the end of the day?
      (今日中に財務報告書を確認していただけませんか?)
  • 資料の提供
    • I would appreciate it if you could provide me with the latest sales figures.
      (最新の売上データを提供していただけるとありがたいです。)

メールでの依頼

メールでのフォーマルな依頼は、特に丁寧さが求められます。以下の例文は、ビジネスメールでの依頼を想定しています。

例文:
  • 情報の依頼
    • Could you please send me the detailed project plan at your earliest convenience?
      (できるだけ早く詳細なプロジェクト計画を送っていただけますか?)
  • 会議のアジェンダ
    • Would you mind sharing the agenda for the upcoming meeting?
      (次回の会議のアジェンダを共有していただけませんか?)
  • 確認のお願い
    • I would appreciate it if you could confirm your attendance at the conference.
      (会議への出席を確認していただけるとありがたいです。)

日常生活でのフォーマルな依頼

日常生活においても、フォーマルな依頼が必要な場面があります。以下の例文は、公共の場や他人とのやり取りを想定しています。

例文:
  • 道案内の依頼
    • Could you tell me how to get to the nearest train station?
      (最寄りの駅までの行き方を教えていただけますか?)
  • レストランでの依頼
    • I would appreciate it if you could bring me a glass of water.
      (お水を一杯持ってきていただけるとありがたいです。)

これらの例文を使うことで、ビジネスシーンや日常生活の様々な状況で、フォーマルかつ丁寧に依頼をすることができます。次に、フォーマルな依頼をする際のマナーについて見ていきましょう。

 

 

フォーマルな依頼をする際のマナー

フォーマルな依頼をする際には、単に適切な言葉を選ぶだけでなく、相手に対する配慮や礼儀を示すことが重要です。ここでは、フォーマルな依頼をする際のマナーについて解説します。

丁寧な言葉遣いのポイント

敬語を使う

フォーマルな依頼では、敬語を使うことで相手に対する敬意を示します。例えば、「Could you please…」や「Would you mind…」といった表現を用いることで、依頼が丁寧になります。

感謝の表現を取り入れる

依頼の前後には、感謝の気持ちを表現することが大切です。依頼の前に「Thank you for your time」や、依頼の後に「I appreciate your help」といったフレーズを使うことで、相手への感謝の意を伝えます。

控えめな表現を使う

直接的な表現よりも、控えめな表現を使うことで丁寧さが増します。例えば、「I was wondering if you could…」や「If it’s not too much trouble, could you…」といった表現は、相手の負担を考慮した控えめな依頼となります。

相手の時間を尊重する姿勢

時間の余裕を持って依頼する

相手が依頼に応じられるように、余裕を持って依頼をすることが重要です。急な依頼を避け、できるだけ前もって依頼するよう心がけましょう。例えば、「Could you complete this by the end of the week?」のように、具体的な期限を設けて依頼します。

相手のスケジュールを確認する

依頼をする前に、相手のスケジュールを確認することも大切です。例えば、「I understand you might be busy, but if you have some time…」と前置きすることで、相手の時間を尊重していることを示せます。

負担をかけないよう配慮する

依頼の内容が相手にとって負担にならないように配慮しましょう。大きな依頼の場合は、部分的にお願いするか、他のサポートを提案することが有効です。例えば、「Could you review just the first section of the report?」のように、依頼の範囲を明確にして負担を軽減します。

 


フォーマルな依頼をする際には、丁寧な言葉遣いと相手の時間を尊重する姿勢が重要です。これらのポイントを押さえることで、相手に対して敬意を持ったコミュニケーションを行うことができます。次に、実際にこれらの表現を使って練習してみましょう。

 

 

実際に使ってみよう!

フォーマルな依頼を効果的にするためには、練習が重要です。ここでは、ロールプレイでの練習方法と、よくある誤りとその対策を紹介します。

ロールプレイで練習

ロールプレイは、実際のシチュエーションを想定して練習する方法です。以下に、ビジネスシーンと日常生活でのロールプレイの例を示します。

ビジネスシーン

役割:あなた(A)、同僚(B)

シチュエーション:あなたが同僚にプロジェクトの資料を確認してもらいたい場合

A: Could you please review the project documents by Friday?

B: Sure, I can do that. Is there any specific section you want me to focus on?

A: Yes, I would appreciate it if you could pay special attention to the budget section.

B: Got it. I’ll prioritize that section. Thank you for letting me know.

日常生活

役割:あなた(A)、友人(B)

シチュエーション:あなたが友人に車で駅まで送ってもらいたい場合

A: Would you mind giving me a ride to the train station?

B: Not at all. When do you need to go?

A: I need to be there by 10 AM. I would appreciate it if we could leave around 9:30.

B: That works for me. I’ll pick you up at 9:30.

よくある誤りとその対策

フォーマルな依頼をする際に、よくある誤りを避けるための対策を見ていきましょう。

誤り1:カジュアルすぎる表現を使う

  • 誤りの例:Can you help me with this?
  • 対策:Could you help me with this?

誤り2:依頼のトーンが命令口調に聞こえる

  • 誤りの例:Send me the report by tomorrow.
  • 対策:Could you please send me the report by tomorrow?

誤り3:感謝の表現が欠けている

  • 誤りの例:Review this document.
  • 対策:I would appreciate it if you could review this document. Thank you in advance.

誤り4:相手の時間や状況を考慮しない

  • 誤りの例:I need you to finish this task now.
  • 対策:I understand you are busy, but if it’s not too much trouble, could you finish this task today?

ロールプレイを通じてフォーマルな依頼を練習することで、自信を持って実際のシチュエーションで使えるようになります。また、よくある誤りを理解し、対策を講じることで、相手に対する敬意を示しながら依頼をすることができます。これらのポイントを実践し、フォーマルな依頼をマスターしましょう。

 

 

まとめ

フォーマルな依頼のコツ

フォーマルな依頼を成功させるためには、以下のコツを押さえることが重要です。

丁寧な言葉遣い

フォーマルな依頼には、丁寧な言葉遣いが欠かせません。表現に「Could you please…」や「Would you mind…」を使うことで、相手に対する敬意を示します。

感謝の気持ちを伝える

依頼の前後に感謝の気持ちを表すことで、相手に対する感謝の意を明確に伝えましょう。「Thank you for your assistance」や「I appreciate your help」といったフレーズは、相手に良い印象を与えます。

控えめな表現

依頼の際には控えめな表現を使うことで、相手の負担を軽減し、協力を得やすくなります。「If it’s not too much trouble, could you…」や「I was wondering if you could…」などの表現が有効です。

相手の時間を尊重する

依頼をする際には、相手のスケジュールや忙しさを考慮しましょう。余裕を持って依頼することで、相手も快く引き受けてくれる可能性が高まります。

具体的な依頼内容

依頼内容を具体的に伝えることで、相手が何をすればよいか明確に理解できます。曖昧な表現を避け、具体的な行動を示すようにしましょう。

実践して自信を持とう

フォーマルな依頼は、練習と実践を通じて自然に行えるようになります。以下のステップを実践して、自信を持ってフォーマルな依頼を行いましょう。

  1. 練習する:ロールプレイを通じて、さまざまなシチュエーションでフォーマルな依頼を練習しましょう。友人や同僚と一緒に練習することで、実際の場面でスムーズに使えるようになります。
  2. よくある誤りを避ける:よくある誤りを理解し、それを避けるように心がけましょう。丁寧な言葉遣い、感謝の表現、控えめな表現を意識することで、フォーマルな依頼をより効果的に行うことができます。
  3. 実際に使ってみる:実際のビジネスシーンや日常生活でフォーマルな依頼を積極的に使ってみましょう。初めは緊張するかもしれませんが、経験を積むことで自信がついてきます。
  4. フィードバックを受ける:依頼を受けた相手からフィードバックをもらいましょう。改善点を聞くことで、自分の依頼方法をさらに洗練させることができます。

フォーマルな依頼は、相手に対する敬意と配慮を示す大切なコミュニケーションスキルです。これらのコツを実践し、自信を持ってフォーマルな依頼を行いましょう。あなたの丁寧な依頼が、相手との良好な関係を築く一助となるでしょう。

 

 

よくある質問(FAQ)

“Could you”と“Would you”の違いは?

“Could you”と“Would you”はどちらもフォーマルな依頼をする際に使われますが、微妙なニュアンスの違いがあります。

  • Could you:
    • “Could you”は、能力や可能性に焦点を当てた表現です。「~していただけますか?」という意味で、相手がその依頼を実行できるかどうかを尋ねる際に使います。一般的には丁寧ですが、親しい間柄でも使えます。
    • 例文: Could you please send me the report by Friday? (金曜日までにレポートを送っていただけますか?)
  • Would you:
    • “Would you”は、意志や意向に焦点を当てた表現です。「~していただけますか?」という意味で、相手がその依頼を受け入れてくれるかどうかを尋ねる際に使います。こちらの方が少しだけ丁寧で、特にフォーマルな場面でよく使われます。
    • 例文: Would you mind helping me with this project? (このプロジェクトを手伝っていただけませんか?)

使い分けのポイント

  • ビジネスシーン: どちらも使えますが、特にフォーマルな場面や上司への依頼では“Would you”の方が適している場合があります。
  • 日常生活: 友人や家族に対しては、“Could you”が自然です。ただし、非常に丁寧に頼みたい場合は“Would you”を使うこともあります。

フォーマルな依頼の際に使うべきではない表現は?

フォーマルな依頼をする際には、避けるべき表現があります。これらの表現は、相手に対する敬意が欠けていると感じさせる可能性があるため注意が必要です。

  • 命令口調:
    • : “Send me the report.”
    • 対策: 丁寧な依頼に変える。“Could you please send me the report?”
  • 略式・カジュアルな表現:
    • : “Hey, can you do this?”
    • 対策: フォーマルな表現に変える。“Could you please take care of this?”
  • 直接的すぎる依頼:
    • : “I need this done now.”
    • 対策: 相手の状況を考慮し、控えめに依頼する。“I understand you are busy, but could you please complete this by the end of the day?”
  • 感謝や敬意が欠けている:
    • : “Review this document.”
    • 対策: 感謝の気持ちを添えて依頼する。“I would appreciate it if you could review this document. Thank you in advance.”

フォーマルな依頼は、相手に対する敬意と感謝の気持ちを込めて行うことが大切です。これらのポイントに注意しながら、適切な表現を使うことで、より良いコミュニケーションが図れます。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム