3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「もし〜だったら?」を英語で?「What if」の意味と使い方完全ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。想像を巡らせる時、私たちはよく「もし〜だったら?」という表現を使います。英語でこれを表すときには「What if」というフレーズが頻繁に登場します。この記事では、「What if」の使い方を、実例を交えてわかりやすく解説していきます。それでは、まいりましょう。

 

 

はじめに:「”what ifs”とは何か?」

「what ifs」という表現は、英語でよく使われるフレーズの一つです。この表現は「もし〜だったらどうなるか?」という仮定的な疑問や考えを表すときに用いられます。日本語でいうと、「もしも」や「〜したらどうなる?」といった意味合いに近いですね。

“what ifs”の基本的な意味

「what ifs」は、主に未来に起こりうるさまざまなシナリオを想像する際に使用されます。例えば、友人との計画を立てているときに、「もし雨が降ったらどうしよう?」や「もし遅れてきたらどうなる?」など、さまざまな可能性を考えるときに役立ちます。

日常会話でよく使われる理由

このフレーズが日常会話で頻繁に使用される理由の一つは、人々が未知の事象に対して自然に備えたり、心配したりするからです。また、「what ifs」を使うことで、会話中に相手の意見や提案を求めやすくなり、コミュニケーションが活発になります。さらに、この表現は友達同士のカジュアルな会話から、ビジネスミーティングにおける戦略的な計画まで、幅広い場面で利用されます。

このように「what ifs」は、日常生活の中で多くの場面で役立つ表現です。次のセクションでは、このフレーズの具体的な使い方を詳しく見ていきましょう。

 

 

無料トライアル実施中

発音

「What if」の発音は、英語では以下のようになります:

  • 「ワット」(what):[wɒt]または[wʌt] 音声的には「ワ」の音に近く、続く「ット」は軽く発音されます。日本語の「ワット」と非常に似ています。
  • 「イフ」(if):[ɪf] 音声的には「イ」の音が続いて「フ」が来る感じで、日本語の「イフ」とほぼ同じです。

「What if」を自然に発音するには、両単語をスムーズにつなげて「ワット・イフ」と言うように心掛けると良いでしょう。また、通常「what」の「t」は、「if」の「i」と続くため、軽く止まる感じで発音されることが多いです。これを「連結発音」と言い、自然な英語のリズムに貢献します。

この表現を使う際には、疑問形のイントネーションを意識することも重要です。文末で声のトーンを少し上げることで、疑問のニュアンスを強調できます。

 

 

使う場面

未来の出来事について想像する時

例えば、友達と遊びに行く計画を立てている時、「What if it rains?」(もし雨が降ったらどうする?)と尋ねて、悪天候の場合のプランBを考えることができます。

選択肢を考える時

何か決断をしなければならない時、「What if we choose the blue one?」(もし青い方を選んだらどうなる?)のように使って、異なる選択肢がもたらす結果を想像します。

仮定の話をする時

友達と話していて、「What if you had superpowers?」(もし超能力があったらどうする?)というように、面白い仮定の話題で盛り上がることがあります。

「What if」を使うと、ただの質問をするだけでなく、相手に想像力を働かせるよう促すことができるので、会話がもっと楽しく、創造的になります。また、英語を学ぶ上で、さまざまな状況を想像する力はとても大切です。だから、「What if」を上手に使って、英語での表現力を広げていきましょう!

 

 

場面別の例文

「what ifs」は非常に柔軟性のある表現で、様々な状況で使うことができます。ここでは、いくつかの一般的なシナリオを例に、「what ifs」の使い方を紹介します。

例1:天気に関する計画

  • 英語: “What if it rains during our picnic?”
  • 和訳: 「もしピクニック中に雨が降ったらどうする?」

この例では、アウトドアのイベントを計画している際に、悪天候の可能性を考慮しています。こうした「what ifs」の使い方は、プランBを準備する良い機会を提供します。

例2:遅刻をした場合の対処

  • 英語: “What if I’m late to the meeting?”
  • 和訳: 「もし会議に遅れたらどうする?」

この疑問は、自身の遅刻が他人に影響を与える可能性について考えるときに有用です。事前にこのような質問をすることで、遅刻した際の対策を立てやすくなります。

例3:意見の相違があった場合

  • 英語: “What if we don’t agree on the project’s direction?”
  • 和訳: 「もしプロジェクトの方向性について意見が一致しなかったらどうする?」

チームでの作業中には意見の不一致が生じることがあります。この「what ifs」は、そのような状況に備えておくために役立ちます。

例4:新しい提案をする際

  • 英語: “What if we try a different approach for this campaign?”
  • 和訳: 「もしこのキャンペーンに別のアプローチを試したらどうなる?」

新しいアイデアや変更を提案する際に「what ifs」を使うことで、他の人の意見や反応を探ることができます。これは、創造的な提案を促進する効果的な方法です。

このように、「what ifs」は日常生活や職場での計画、意見の交換に非常に有用です。次のセクションでは、実際の会話例を通して、どのように「what ifs」が使われるかをさらに詳しく見ていきます。

 

 

会話例

飲み会の最中に同僚から最終電車で帰ろうと言われて…

リョウ
What if we miss the last train?
最終電車を見逃したらどんすんねん?

 

 

来週の金曜日にデートしようと言われて…

ナオミ
Sure, but what if I have to work late?
いいよ、でも私が残業しないといけなかったらどうする?

 

 

期末テストに合格したら旅行に行こうと言われて…

マイク
What if I didn’t pass the final exam?
もし期末に合格しなかったら?

 

 

 

文法

if節内の時制について

文法用語では仮定法現在や仮定法過去と言いますが、少し堅苦しいので次に言うように簡単に使い分けましょう。この場合、副詞節ifになりますが節内の時制については、現在であれば「可能性が高い」そして仮定法(過去形)であれば「可能性が低い」と話し手が感じていることになります。

つまり”what if I have to work late?”は話し手が残業の可能性はあると感じており、また”What if I didn’t pass the final exam?”は、話し手がテストに合格しない可能性は低いと感じていることになります。

”What if”は省略されている?

この”what if”は実は省略形です。もともとの形は、下記の通りです。”am I going to do”が省略され”what if”となっているわけですね。

ナオミ
What am I going to do if 〜?

 

 

「What if + 仮定法」の使い方

「What if」を使う仮定法は、英語で非常に一般的な表現で、特に未来の可能性や架空のシナリオを想像する際に使われます。以下にその使い方をいくつかのポイントに分けて説明します。

架空のシナリオでの使用

創造的な討論や思考実験、ストーリーテリングなどで「What if」を使って架空のシナリオを提案することができます。この用法は、クリエイティブなアイデアや解決策を探るのに役立ちます。

例文:

  • What if we could fly like birds? (もし私たちが鳥のように飛べたらどうなるだろう?)
  • What if you had a million dollars? (もし100万ドル持っていたら何をする?)

助動詞との組み合わせ

「What if」の後に続く文は、通常シンプルな現在形を使用しますが、より複雑な仮定を表現する場合は助動詞を用いることがあります。特に、過去形を使うことで、現実とは異なる仮定や非現実的な想定を表すことができます。

例文:

  • What if you were president? (もしあなたが大統領だったらどうする?)
  • What if we had taken a different route? (もし違う道を選んでいたらどうなっていたでしょうか?)

日常会話での反応

「What if」で問われたとき、相手は通常、その仮定に対する考えや提案を述べます。これにより、対話が深まり、より多角的な視点が交わされることがあります。

反応例:

  • That would be great! (それは素晴らしい!)
  • We should prepare just in case. (念のため準備しておくべきだね。)

このように、「What if」を使った仮定法は、英語の会話において柔軟性と創造性を加える重要なツールです。日常会話やビジネスの場、クリエイティブなディスカッションで活用できます。

 

 

よくある間違いや注意点

  • 「What if」後は、未来の話でも、通常、動詞の基本形を使います。「What if it will rain?」ではなく「What if it rains?」が正しいです。
  • 実際に起こる可能性が低い仮定をする場合は、過去形を使ってより非現実的なニュアンスを出すことができます。

 

 

質問に対する返答のバリエーション

  • Yes, that could happen. (はい、その可能性はありますね。)
  • I’m not sure, but we can prepare for that. (わかりませんが、そのための準備はできます。)
  • Then we would have to think of something else. (その場合は、別の何かを考える必要がありますね。)

 

 

“what ifs”の文化的な意味と使い方の違い

「what ifs」という表現は、英語圏特有の文化的背景が色濃く反映されています。このセクションでは、そのニュアンスと、日本語の「たら、れば」との比較を通じて、文化的な違いを掘り下げます。

英語圏の文化における「what ifs」のニュアンス

英語圏では、「what ifs」は未来の不確定な事象や可能性を探るために頻繁に使用されます。この表現は、リスク管理や未来計画の際に特に重宝され、個人の自主性や先見の明を象徴することがあります。また、このフレーズは、創造性や柔軟な思考を促す文化的な価値観とも密接に関連しています。

日本語の「たら、れば」との比較

日本語における「〜たら」「〜れば」という表現も、未来の仮定的な状況を表す際に使われますが、使い方には幾つかの違いが見られます。

日本語のこれらの表現は、しばしば教訓を含めた話や、より慎重なアプローチを示す際に用いられることが多いです。また、日本語では仮定形を使うことで、話を婉曲的に表現する文化的な傾向が反映されています。

文化的な使い方の違い

英語の「what ifs」は、比較的積極的な未来計画や、思考実験を促すニュアンスが強いです。対照的に、日本語の「たら、れば」は、条件や結果を述べる際にもっと慎重かつ反射的なニュアンスを含むことがあります。この違いは、英語圏の直接的かつ積極的なコミュニケーションスタイルと、日本の間接的で慎重な表現スタイルの文化的な差異を反映しています。

このように、「what ifs」という表現は、ただの言語的なツール以上のものであり、それぞれの文化の考え方や価値観を映し出しています。次のセクションでは、これらの表現を日常会話やビジネスコミュニケーションにどう活用するか、そのコツを見ていきましょう。

 

 

使える言い回し

No more what ifs

「No more what ifs」は、「これ以上の『もしも』はない」という意味です。このフレーズは、仮定や想像に基づく疑問をこれ以上考えないという決意を表現する際に用いられます。つまり、現実を受け入れたり、ある行動を決断したりする時の決意を示す言葉です。

この表現は、特に以下のような状況で使われることが多いです:

  • 決断を下す必要があるとき
  • 長い間悩んだ後、最終的な結論や行動を決めたとき
  • 不確かな未来に対する心配や不安を捨て、現在に集中する決意をしたとき

例えば、誰かが新しいキャリアパスに踏み出す前に、「No more what ifs, I’m doing this」と言うかもしれません。これは「これ以上の『もしも』はない、やるんだ」と自己に言い聞かせ、前向きな行動を促す決意の表れです。

Don’t worry about what-ifs.

「Don’t worry about what-ifs.」というフレーズは、「『もしも』について心配しないで」という意味です。この表現は、人が未来の不確定な事象や可能性について過度に心配するのをやめ、現在の状況に集中するよう励ますときに使われます。基本的には、「もしも」という考え方がもたらす不安や心配から解放され、今起こっていることに焦点を当てることの重要性を伝えるために使用されるフレーズです。

この言葉は特に、心配事が多く、未来の不確実性に対して不安を感じやすい人に対して励ましやサポートを提供する際に役立ちます。

 

 

練習問題

以下の「What if」を使った練習問題を通して、想像力を働かせてみましょう。英語で答えを考えて、仮定の状況について話し合うことで、英語表現力を高める良い機会になります。

問題1

What if you could travel back in time? Where would you go and why? (もし時間を遡ることができたら、どこに行きたいですか?そして、なぜですか?)

問題2

What if you found a magic lamp like Aladdin? What three wishes would you make? (もしアラジンのように魔法のランプを見つけたら、どんな3つの願いをしますか?)

問題3

What if animals could talk? Which animal would you like to talk to first and what would you ask? (もし動物が話せたら、最初にどの動物と話したいですか?そして、何を聞きたいですか?)

問題4

What if you woke up one day and found out you were invisible? What would you do? (もしある日、目覚めたら自分が透明人間になっていたら、どうしますか?)

問題5

What if you could only eat one food for the rest of your life? What food would you choose and why? (もし生涯で一つの食べ物しか食べられなくなったら、何を選びますか?そして、なぜですか?)

これらの問題を使って、友達やクラスメートと英語でディスカッションを楽しむことができます。また、自分でオリジナルの「What if」の質問を考えてみるのも、想像力と英語力を伸ばす良い練習になりますよ!

 

 

似たような表現

1. Suppose (that)…

  • 意味: 「もし〜だとしたら」
  • 解説: 「Suppose (that)」は、「What if」と同じく、ある仮定の状況を考える時に使います。このフレーズは、話し手が特定の状況が実際に起こった場合に何が起こるかを想像していることを示します。
  • 例文: Suppose I didn’t go to the party. (もしパーティーに行かなかったらどうなる?)

2. Imagine (that)…

  • 意味: 「〜を想像してみて」
  • 解説: 「Imagine (that)」は、リスナーに特定の状況や可能性を想像させたい時に使用します。このフレーズは、より創造的なシナリオや非現実的な状況を考えるのに適しています。
  • 例文: Imagine you could fly. What would you do? (もし飛べたら、何をしますか?)

3. What about…

  • 意味: 「〜はどうですか?」
  • 解説: 「What about」は、提案や代替案を提示する時に使われます。これは、既に議論されている内容に加えて、別の選択肢やアイデアを尋ねる際に便利です。
  • 例文: What about going to the beach instead? (代わりにビーチに行くのはどうですか?)

 

 

関連する語彙

1. Hypothetical

  • 意味: 「仮定の、仮想の」
  • 解説: 「Hypothetical」は、実際には起こっていないが、起こり得ると想定される状況や条件を表します。この語は、仮定的なシナリオや考えを議論する際によく使われます。
  • 例文: This is a hypothetical situation. (これは仮定の状況です。)

2. Scenario

  • 意味: 「シナリオ、想定される状況」
  • 解説: 「Scenario」は、特定のイベントや条件の下で起こり得る一連の出来事を指します。計画、予測、物語など、さまざまな文脈で使用されます。
  • 例文: Let’s consider a different scenario. (別のシナリオを考えてみましょう。)

これらのフレーズと語彙を使いこなすことで、英語での表現力が豊かになり、より多様な状況やアイデアを効果的に伝えることができるようになります。仮定や想像を巡らせることは、言語を学ぶ上で非常に重要なスキルの一つです。これらの表現を活用して、日々のコミュニケーションや学習に役立てましょう。

 

 

ifに関連のある記事をご紹介

それでは、最後にifに関連のあるオススメの記事もご紹介しておきます。きっとあなたの今後の英語学習に役立つことでしょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。「What if」を日常会話に取り入れることで、より豊かなコミュニケーションが可能になります。想像力を駆使して、楽しく英語を使ってみましょう!以上が”what if 〜?”の意味とその使い方でした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム