3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

英会話で役立つ!「There’s no need to…」の便利な使い方

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。こんにちは!今回のブログでは、英会話でよく使われるフレーズ「There’s no need to…」について詳しく解説します。このフレーズは日常生活で非常に便利で、様々な場面で活用できます。初心者から上級者まで、このフレーズの使い方をマスターしましょう!それでは、まいりましょう。

 

 

意味と使う場面

「There’s no need to…」は英語で、「〜する必要はない」という意味のフレーズです。これは、何かをすることを強制したり、期待したりする必要がない状況を表すのに使われます。この表現は、相手に対して何か特定の行動を取る圧力を取り除くか、または特定の状況下での行動や反応を控えるよう促す際に便利です。

使用する状況

以下は「There’s no need to…」を使用する典型的な状況の例です。

  1. 安心させる時: 誰かが過剰に心配しているか、必要以上に何かをすると感じている時に、このフレーズを使ってその人を落ち着かせ、その行動が不要であることを伝えます。
    • 例: 「There’s no need to worry about the details right now.」(今、細部について心配する必要はありません。)
  2. 断る時や辞退する時: 誰かが提案や助けを申し出ているが、それが必要ないと感じる時に使います。
    • 例: 「There’s no need to bring anything, just come and enjoy the party.」(何も持ってこなくて大丈夫です、ただパーティーを楽しんできてください。)
  3. 過剰な努力を控えるよう促す時: 誰かが必要以上に努力をしていると感じた時、もっとリラックスしても良いということを伝えたい場合に使用します。
    • 例: 「There’s no need to go to such lengths just for dinner.」(ただの夕食のためにそこまでする必要はありません。)
  4. 感情の表出を抑えるよう促す時: 誰かが怒りや不満を表現しようとしている時に、その必要がないと感じる場合に使います。
    • 例: 「There’s no need to get angry over such a small mistake.」(そんな小さなミスに腹を立てる必要はありません。)

まとめ

「There’s no need to…」は、柔軟に使用できる表現であり、相手に対して何かをする必要がないことを優しく伝えたい時に特に役立ちます。このフレーズを使うことで、無駄な心配や労力を省くよう促すと同時に、状況をよりリラックスさせることができます。

 

 

無料トライアル実施中

よく使うパターン

  • There’s no need to hurry.(急ぐ必要はないよ)
  • There’s no need to apologize.(謝る必要はないよ)
  • There’s no need to worry.(心配する必要はないよ)

 

 

例文

パートナーが怒鳴りだして…

ナオミ
There is no need to shout. I can hear you.
怒鳴る必要はないわ。もう聞こえてるから。

 

 

同僚が締め切りを心配していて…

リョウ
There is no need to worry. Leave it to me.
心配する必要ないで。俺にまかせとき。

 

 

“There is no need to 〜.”は、”You don’t have to 〜.”と同じように「〜する必要はない」という意味で使える英語表現です。ただ会話では省略して”No need to”だけでいう人もよくいます

娘が空港に到着する予定で…

スタローン
Do I need to pick her up?
僕が彼女を迎えにいったほうがいいかい?
ナオミ
No need to. I’ll do since I’m going out.
その必要はないわ。出かけるから私がするわ。

 

 

また誰に対して言っているのかを明確にしたいときは、”no need”の後に”for 人”を入れてあげればよいです。

パーティーに行くことになり…

ロバート
There’s no need for you to come if you don’t want to.
もし行きたくないならくる必要はないんだよ。

 

 

あと短くして”There is no need.”「結構です」という意味で使うこともできます。よくレストランやレジで使える表現ですよ。

コンビニで…

リョウ
Would you like it warmed up?
こちらあたためましょうか?
マイク
There’s no need. Thank you.
大丈夫です。ありがとう。

 

 

その他例文

  1. There’s no need to bring anything to the party.(パーティーに何か持ってくる必要はないよ)
  2. There’s no need to call me, just send a text.(僕に電話する必要はない、テキストを送ってね)
  3. There’s no need to pay now, you can pay later.(今支払う必要はない、後で支払っても大丈夫)

 

 

No need.だけの返答は失礼?

「No need.」という表現は、その使用する文脈や話している相手の関係性によって、失礼にあたるかどうかが変わってきます。このフレーズは、英語で「それは必要ない」という意味を簡潔に伝えるもので、自然な英会話の中では非常に便利であることが多いです。しかし、その短さと直接性が、場合によっては失礼や無礼に解釈される可能性があります。

失礼にあたるかどうかの考慮点

  1. 関係性: 話している相手が親しい友人や家族なら、「No need.」はカジュアルで短い返答として適切かもしれません。しかし、職場の上司や目上の人、あるいはよく知らない人に対しては、より丁寧な表現を選んだ方が良いでしょう。
  2. 文脈: このフレーズを使う状況も重要です。たとえば、誰かが親切に何かを提供している場面では、「No need, but thank you.」のように、感謝の意を示すことでより礼儀正しい印象を与えることができます。
  3. 口調と表情: 口調や表情、ジェスチャーなど非言語的コミュニケーションも、言葉の受け取られ方に大きく影響します。温かみのある笑顔や優しい口調で「No need.」と言えば、相手はそれを好意的に受け取る可能性が高まります。

 

 

言い換え可能な表現

You don’t have to…(〜する必要はない)

  • You don’t have to answer right away.
  • (すぐに答える必要はないよ)

It’s not necessary to…(〜する必要はない)

  • It’s not necessary to explain everything.
  • (全てを説明する必要はない)

No need to…(〜する必要なし)

  • No need to worry about me.
  • (私のことを心配する必要なし)

 

 

関連する語彙と例文

Obligation(義務)

  • You have an obligation to attend the meeting.
  • (その会議に出席する義務がある)

Mandatory(必須)

  • Attendance is mandatory.
  • (出席は必須です)

Optional(任意)

  • Participation in this event is optional.
  • (このイベントへの参加は任意です)

 

 

押さえておくべきポイント

「There’s no need to…」は、柔らかい印象を与えるためのフレーズです。命令形よりも優しい印象を与え、相手にプレッシャーをかけたくない時に有効です。また、日常会話だけでなくビジネスシーンでも使える汎用性の高い表現です。

 

 

 

 

「必要」に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。「There’s no need to…」は、英会話で非常に便利なフレーズです。今回の記事を参考にして、ぜひ日常の会話に取り入れてみてください。英語学習は、実際に使ってみることが大切です。では、次回もお楽しみに!以上が”There is no need to 〜.”の意味とその使い方【必要ないときに】でした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム