確実な成果を出すならRYO英会話ジム

「Sort of」の魔法:日常英会話でよく使う便利なフレーズ

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。日常英会話でよく耳にするフレーズ「sort of」。この短い言葉は、英語を母国語とする人々にとって非常に便利なツールです。しかし、英語学習者にとってはその使い方やニュアンスがややこしいことがあります。今回は、「sort of」の意味と使い方について、わかりやすく解説していきます。それではまいりましょう。

 

 

使う場面

of」は、文字通りには「一種の」という意味ですが、実際の使用では「多少」「ある程度」というニュアンスで使われることが多いです。主に以下の場面で使用されます。

意見や感情を控えめに表現する時

確信が持てない場合や、相手に配慮して意見を柔らかく伝えたい時。

具体的な説明を避けたい時

詳細を述べるのが難しい、または避けたい時。

 

 

無料トライアル実施中

例文

友人とレストランを出たあと…

ナオミ
Dinner was sort of expensive, wasn’t it?
ディナー少し高くなかった?

 

 

恋愛の話になり…

リョウ
I sort of like her.
彼女のことそれなりに好きだよ。

 

 

元カノに似ている人がいて…

リョウ
She looks sort of like my ex-girlfriend.
彼女は俺の元カノに少し似てるな。

 

 

その他例文

  1. “I sort of like this movie, but it’s not my favorite.”
    • 「この映画は多少好きだけど、お気に入りというわけではない。」
  2. “He’s sort of busy right now, can you call back later?”
    • 「彼は今、ちょっと忙しいんです。後でかけ直してもらえますか?」
  3. “It feels sort of cold in here, doesn’t it?”
    • 「ここ、何だか少し寒くないですか?」

解説

“sort of”は”usually”や”often”などと同じように副詞的に使われるので、1つ目の例文では”expensive”「高い」を修飾したり、また2つ目の例文では動詞”like”に、そして最後は、”like my ex-girlfirend”の副詞句を修飾することもできます。”sort of”は修飾する単語の直前に置くことも合わせて知っておきましょう。

早口ネイティブは”sorta”

映画を見た後に…

スタローン
I sorta liked the movie.
その映画多少はよかったよ。

 

 

省略して“sorta”「ソーラ」や「ソーダ」のような発音になります。

“sort of”は返答にも

お昼になって…

ナオミ
Are you hungry?
お腹減った?
マイク
Sort of.
少しね。

 

 

このように”sort of”を返答として「少しね。」や「ちょっとね。」というような意味で使うことができます。

似ているけど同じでないとき

パーティーでのアイヴァンのドレスは何色だったか聞かれて…

マイク
Her dress was sort of red.
彼女のドレスは赤っぽかったよ。

 

 

このように、“ish”と同じように「〜っぽい」という意味で使うこともできます。ちなみにこの場合に”sort of”は副詞的に使われれ、形容詞”red”を修飾することができます

ソフトに意見を言いたいとき

友人から彼氏の相談をされて…

ロバート
I sort of think that he should talk with her more.
たぶん彼女ともっと話し合ったほうがいいと思うよ。

 

 

このように動詞”think”の直前において自分の意見を間接的に使えることもできます

 

 

This sort ofの使い方

「This sort of」というフレーズは英語で、特定の種類やカテゴリーのものを指し示す際に使用されます。直訳すると「この種の」となり、何か具体的なものや事柄を例として挙げ、それに似た他のものを包括的に指すのに便利です。このフレーズの使い方を以下で詳しく説明します。

使い方と例

  1. 特定の種類やカテゴリーを示す:
    • 何か具体的なものや状況を指し、それに似た他のものや状況を一般化して言及する場合に使います。
    • 例: “This sort of behavior is unacceptable.”(この種の行動は受け入れられません。)
  2. 一般的な説明や分類をする際:
    • 特定の詳細を述べず、一般的なカテゴリーや特徴を説明する際に用いられます。
    • 例: “I enjoy this sort of book, something that makes me think.”(私はこの種の本が好きです、考えさせられるようなものです。)
  3. あいまいさや曖昧性を含める場合:
    • 特定のものを指すのではなく、幅広い範囲や多様性を含む場合に使われます。
    • 例: “We need to prepare for this sort of situation in the future.”(将来、この種の状況に備える必要があります。)

使用上のポイント

  • 「This sort of」は、話している対象を特定せず、一般的な種類やカテゴリーに言及する場合に適しています。
  • このフレーズは柔軟性があり、様々な文脈で使うことができますが、具体的な例や詳細が必要な場合は、より具体的な表現を使用する方が適切です。

このフレーズを使うことで、話を一般化し、広い範囲の事項や事例に言及することができます。それにより、話の範囲を広げたり、特定の例に縛られずに意見や考えを表現するのに役立ちます。

 

 

Some sort ofの使い方

「Some sort of」というフレーズは英語で、特定されていないある種のものや事柄を指す際に使われます。この表現は、話している対象が具体的には特定されていないが、一般的な種類やカテゴリーに属していることを示します。以下に「Some sort of」の使い方と例を示します。

使い方と例

  1. 不特定・一般的な物事を指す時:
    • 何か具体的な種類や特徴を持つものに言及したいが、それが何であるかは特定されていない場合に使います。
    • 例: “He’s looking for some sort of job in the IT industry.”(彼はIT業界で何らかの仕事を探しています。)
  2. 曖昧さや不確実性を含める場合:
    • 曖昧性を含めて、ある種のものや状況に言及する場合に用いられます。
    • 例: “I heard some sort of noise outside.”(外で何らかの音が聞こえた。)
  3. 具体的な詳細を回避する場合:
    • 詳細な説明を避けつつ、一般的なアイデアやカテゴリーを示したいときに使われます。
    • 例: “We need to find some sort of solution to this problem.”(この問題に対して何らかの解決策を見つける必要があります。)

使用上のポイント

  • 「Some sort of」は、具体的な詳細が不明または不要な場合に適した表現です。
  • このフレーズを使用するときは、話題の対象が特定の種類やグループに属していることを示しつつ、その具体的な内容は明示されていないことを理解することが重要です。

「Some sort of」を用いることで、話の幅を広げたり、特定の詳細に囚われずに一般的なアイデアを提示することができます。また、不確実な状況や不明瞭な物事について話す際にも非常に役立ちます。

 

Any sort ofの使い方

「Any sort of」というフレーズは英語で、ある種類やカテゴリーに属する任意のものや事柄を指す際に使用されます。この表現は、特定の条件や制限なしに広範囲にわたる可能性を含める意味合いで用いられます。以下に「Any sort of」の使い方と例を示します。

使い方と例

  1. 条件や制限なしに何でも指す時:
    • 任意の種類やカテゴリーに属するものであれば、どのようなものでも良いという状況を表す場合に使います。
    • 例: “I’m open to any sort of suggestion.”(どんな提案でも受け入れます。)
  2. 特定の種類に限定せずに言及する時:
    • あるトピックについて話す際に、特定の種類や例を限定せずに広く言及したい場合に用います。
    • 例: “Are you experiencing any sort of problem with the software?”(そのソフトウェアに関して何か問題がありますか?)
  3. 可能性のあるものを全て含める場合:
    • ある状況や条件下で発生しうる、あらゆる種類の事柄を含めたい場合に使われます。
    • 例: “We need to be prepared for any sort of emergency.”(どんな緊急事態にも備える必要があります。)

使用上のポイント

  • 「Any sort of」は、話題の対象が広範囲に及ぶことを示し、特定の制限や条件を設けずにあらゆる可能性を開ける際に役立ちます。
  • このフレーズを使うことで、聞き手に対して選択肢や考慮すべき事柄が非常に多岐にわたることを伝えることができます。
  • 「Any sort of」は、質問、提案受け入れ、または状況の可能性を広げる表現として特に有効です。

「Any sort of」を使用することで、あらゆる種類や例を含める柔軟性と開放性を会話や文章に持たせることができます。これにより、話題や状況の幅を広げ、より多くの可能性を探求することが可能になります。

 

 

All sorts ofの使い方

「All sorts of」というフレーズは、英語で多種多様なものや事柄を指す際に使用されます。この表現は、特定のカテゴリーやグループに属するさまざまな種類のものを示すために便利です。ここでは「All sorts of」の使い方と例を詳しく説明します。

使い方と例

  1. 多様性や幅広い範囲を強調する時:
    • あるカテゴリーに属するさまざまな種類や例を指して、その多様性や広がりを強調したい場合に使います。
    • 例: “You can find all sorts of books in the library.”(図書館にはあらゆる種類の本があります。)
  2. 多くの異なる例や選択肢を示す時:
    • 複数の異なる例や選択肢を示すことで、ある事柄の広範囲にわたる可能性や多様性を強調したい場合に用います。
    • 例: “The festival offers all sorts of activities for everyone.”(その祭りは誰もが楽しめるあらゆる種類の活動を提供しています。)
  3. 特定せずに一般的に言及する時:
    • 特定の例を挙げずに、あるトピックやカテゴリーに関連するさまざまな事柄に一般的に言及したい場合に使われます。
    • 例: “He’s interested in all sorts of things, from science to literature.”(彼は科学から文学に至るまで、あらゆることに興味があります。)

使用上のポイント

  • 「All sorts of」は、多様性や豊富な選択肢を強調するのに非常に効果的な表現です。
  • このフレーズを使用することで、話題の対象の範囲や多様性が非常に広いことを聞き手に伝えることができます。
  • 「All sorts of」は、具体的な数や種類を特定せずに、広範な範囲を示唆する際に特に有用です。

「All sorts of」を用いることで、会話や文章に豊かさと色彩を加えることができます。また、対象の広範囲にわたる可能性や多様性を効果的に表現するのに役立ちます。

 

 

Sort of likeの使い方

「Sort of like」というフレーズは、英語で「ある程度好き」「多少似ている」という意味で使用され、類似性や軽い好意を表現する際に役立ちます。この表現は、完全な同意や強い好意を示すよりも、控えめな比較や好みを述べるのに適しています。以下に「Sort of like」の使い方と例を示します。

使い方と例

  1. 類似性を控えめに表現する時:
    • 二つの物事が完全には同じではないけれど、ある側面で似ていると感じる場合に使います。
    • 例: “The texture of this fruit is sort of like a pear, but not exactly.”(この果物の食感は、ある程度梨に似ていますが、完全には同じではありません。)
  2. 好みを控えめに表現する時:
    • 強い好意ではなく、ある程度の好みを示したい場合に用います。
    • 例: “I sort of like jazz music, but I’m not a huge fan.”(ジャズ音楽は多少好きですが、大ファンというわけではありません。)
  3. 比較や例示を柔らかくする時:
    • 直接的な比較を避けつつ、ある事物が別の事物にどのように似ているかを示したい場合に使われます。
    • 例: “The way he talks is sort of like my uncle; they both have a very calm manner.”(彼の話し方は、ある程度私の叔父に似ています。彼らは共にとても落ち着いた態度を持っています。)

使用上のポイント

  • 「Sort of like」は、ある事物が別の事物に完全には一致しないが、ある面で似ていることを示したいときに便利です。
  • このフレーズを使用することで、話が柔らかく、控えめになり、強い意見や好みを抑えることができます。
  • 「Sort of like」は、意見や感情を優しく、あいまいに伝えたい時に特に有効です。

「Sort of like」を使うことで、会話にニュアンスを加え、相手に対する配慮を示しつつ、自分の感じている類似点や好みを表現することができます。

 

 

What sort ofの使い方

What sort of」というフレーズは英語で、特定の種類やカテゴリーについて質問する際に使われます。この表現は、相手に何かの具体的な種類や特徴に関する情報を尋ねる時に便利です。以下に「What sort of」の使い方と例を示します。

使い方と例

  1. 種類や特徴についての情報を尋ねる時:
    • 何かに関してその種類やカテゴリー、特徴などを知りたい場合に使います。
    • 例: “What sort of music do you like?”(どんな種類の音楽が好きですか?)
  2. 具体的な選択肢や嗜好を探る時:
    • 相手の好みや選択肢についてより詳しい情報を得たい場合に用います。
    • 例: “What sort of books do you usually read?”(普段、どんな種類の本を読みますか?)
  3. 詳細な情報を求める時:
    • あるトピックに関する具体的な詳細や情報を求める際に使われます。
    • 例: “What sort of problems are you experiencing with your computer?”(コンピューターでどのような問題が発生していますか?)

使用上のポイント

  • 「What sort of」は、情報収集や好奇心を満たすための質問に最適です。
  • このフレーズを使うことで、相手に対してより詳細な情報を提供するよう促すことができます。

「What sort of」は、日常会話や情報収集の場面で非常に役立ちます。相手の興味や状況についてより深く理解したいとき、または特定の事柄に関する具体的な詳細を知りたいときに使うのが効果的です。このフレーズにより、会話がより具体的で情報豊富なものになります。

 

 

Kind ofとの違い

  • 文脈と地域の違い:「Kind of」と「sort of」はほぼ同じ意味で使用されますが、地域によって一方がもう一方よりもよく使われることがあります。例えば、アメリカ英語では「kind of」がよく聞かれる傾向があります。
  • 口語的なニュアンス:どちらの表現も非常に口語的ですが、場合によっては「kind of」の方が若干カジュアルに感じられることがあります。

使用上の注意

これらのフレーズは非常に似ているため、使い分けに関して心配する必要はほとんどありません。ただし、どちらも控えめな表現であり、過度に使用すると自信のなさを示しているように受け取られる可能性があるので、使用頻度には注意が必要です。

 

 

押さえておきたいポイント

「Sort of」を使う際は、その場の雰囲気や相手との関係性に注意してください。過度に使用すると、自信がないように聞こえることがあります。しかし、適切に使えば、意見や感情を柔らかく伝えるのに非常に効果的です。

 

 

 

 

sort ofに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。「Sort of」は英語の日常会話において非常に便利なフレーズです。この記事を通して、その使い方とニュアンスの理解が深まったことでしょう。使い方に慣れることで、より自然で流暢な英会話が可能になります。以上が”sort of”の意味とその使い方でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム