”sorry to interrupt”の意味とその使い方【日常からビジネスまで】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”sorry to interrupt”の意味とその使い方【日常からビジネスまで】についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

”sorry to interrupt”の意味とその使い方【日常からビジネスまで】

他のスタッフと話している上司へ…

マイク
Excuse me. Sorry to interrupt. Can I talk to you for a moment?
すみません。お忙しいところ恐縮です。少しお話できますか?

 

会議中に説明している内容が間違っていて…

ウィル
Sorry to interrupt. Monday is a holiday, not Tuesday.
邪魔してごめん。火曜日ではなくて月曜日が祝日ですよ。

 

道で偶然友人に会い、会話が弾んだものの急いでいて….

ウィル
So, do you still catch up….
ナオミ
Sorry to interrupt, but I have to go now.
止めてごめんだけど行かなきゃ。

 

いかがでしたでしょうか。Sorry to interruptは場面によって多少意味が変化しますが、ビジネスだと「お忙しいところ恐縮です」になり、相手が話しているのを止めて何かを伝えたい(もしくは質問したい)ときは「邪魔してごめん」、そして会話を終わらせるときは「止めてごめん」のような意味になります。

例文にもありますが、そのままピリオドを打つこともありますし、butで繋げることもあります。このフレーズは省略形ですが、もともとはI am sorry to interrupt youですが会話では例文のようにカジュアルに使われることが多いです。ビジネスの場面では上司との関係性にもよりますが、フォーマルに伝えたい場合はI am sorry 〜と完結して言うようにしましょう。別の言い回しについては以下見てみましょう。

他の言い回し
  • sorry to bother
  • sorry to disturb
  • sorry to bug(カジュアル)
  • sorry to butt in

さらに詳しくはビジネスで重宝する”sorry to bother you”の意味と2つの使い方よりご覧ください。少し余談になりますがsorry to 〜についてですが、学習者の間ではI’m sorry to 〜とI’m sorry for -ingの違いについて話題となりますが、それについては学校では絶対教えてくれない”I’m sorry to 〜”と”I’m sorry for 〜”の違いとその使い方よりどうぞご覧ください。

 

 

sorryに関連する記事

謝罪で必ず使える”I’m sorry, but 〜.”と”I’m sorry 〜.”の違いと使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”sorry to interrupt”の意味とその使い方【日常からビジネスまで】でした。それではSee you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コンサル型のジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出