3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

SNSで話題の”boomer”の使い方と注意点

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

この記事について

こんにちは!RYO英会話ジムです。この記事では、英語の「boomer」という言葉の意味と使い方について詳しく解説します。この言葉は最近、SNSや日常会話でよく耳にするようになりました。初めて聞く方や、意味は知っているけど使い方がわからないという方のために、わかりやすく説明します。この記事を読んで、ぜひ「boomer」を正しく使いこなせるようになりましょう!

「boomer」という言葉の流行とその背景

「boomer」は、元々は「ベビーブーマー」(Baby Boomer)という言葉から来ています。ベビーブーマーとは、第二次世界大戦後の1946年から1964年頃に生まれた世代を指します。この世代は経済成長期に育ち、多くの社会的影響を与えてきました。

しかし、最近では「OK boomer」というフレーズが流行し、この「boomer」が新しい意味を持つようになりました。このフレーズは、主に若い世代(ミレニアル世代やジェネレーションZ)が、年上の人々(主にベビーブーマー世代)の考え方や意見に対して、軽く皮肉を込めて返すときに使われます。この背景には、世代間の価値観やライフスタイルの違いがあります。

例えば、テクノロジーや環境問題、働き方などについて、若い世代と年上の世代では意見が大きく異なることが多いです。こうした違いが、時には摩擦を生み、「OK boomer」というフレーズが生まれました。つまり、「boomer」は単に年齢や世代を指すだけでなく、特定の考え方や態度を象徴する言葉として使われることもあるのです。

 

 

無料トライアル実施中

“boomer”の基本的な意味

“boomer”とは何か?

“boomer”は、元々「ベビーブーマー」(Baby Boomer)という言葉から来ています。ベビーブーマーは、第二次世界大戦後の1946年から1964年に生まれた世代を指します。この世代は戦後の経済成長期に育ち、人口が急増したことから「ブーム」という言葉が使われました。

言葉の由来

“boomer”という言葉の由来は「ベビーブーマー」です。第二次世界大戦後、兵士たちが帰還し、多くの家庭が形成され、その結果として大量の赤ちゃんが生まれました。この時期を「ベビーブーム」と呼び、この時期に生まれた世代を「ベビーブーマー」と呼ぶようになりました。

最近では、「OK boomer」というフレーズがインターネットやSNSで流行し、「boomer」という言葉が新しい意味を持つようになりました。このフレーズは、主に若い世代が年上の世代の考え方や意見に対して、軽く皮肉を込めて返すときに使われます。たとえば、年上の世代が若い世代の生活スタイルや価値観を理解せず、批判的な態度を取った場合に「OK boomer」と返すことで、世代間の価値観の違いを表現します。

このように、「boomer」という言葉は、単に特定の世代を指すだけでなく、世代間の価値観の違いや摩擦を象徴する言葉として使われるようになりました。

 

 

“boomer”の使い方

実際の会話例

会話例1: 若い世代が皮肉を込めて使う場合

A: I think young people these days are too dependent on technology.
B: OK boomer.

和訳:

A: 最近の若者はテクノロジーに頼りすぎだと思う。
B: はいはい、ベビーブーマーさん。

会話例2: 軽いジョークとして使う場合

A: Back in my day, we didn’t need smartphones to have fun.
B: OK boomer.

和訳:

A: 私たちの若い頃は、スマートフォンなんかなくても楽しめたよ。
B: はいはい、おじいちゃん。

会話例3: インターネットのコメントで使う場合

User1: Millennials just don’t understand the value of hard work.
User2: OK boomer.

和訳:

ユーザー1: ミレニアル世代は一生懸命働くことの価値を理解していない。
ユーザー2: はいはい、ベビーブーマーさん。

使用される場面やシチュエーション

  1. 世代間の意見の違いを示すとき:
    「OK boomer」は、主に若い世代が年上の世代の考え方や意見に対して皮肉を込めて返答する場面で使われます。特に、年上の世代が若い世代のライフスタイルや価値観を理解せず、批判的な態度を取ったときに使われます。
  2. インターネットやSNSでのやり取り:
    このフレーズはSNSやインターネット上でよく使われます。例えば、コメント欄でのやり取りやツイートのリプライなどで、軽いジョークとして使われることが多いです。
  3. 友人同士の軽い冗談:
    親しい友人同士で、世代の違いをネタにした軽い冗談として使われることもあります。例えば、年上の友人が古い考え方を示したときに、「OK boomer」と言って笑いを誘うことがあります。
  4. 世代の違いを強調する場面:
    若い世代が、自分たちの考え方やライフスタイルを正当化するために、世代の違いを強調したいときに使うこともあります。この場合、「OK boomer」は、年上の世代の意見を軽く受け流す表現として機能します。

 

 

“boomer”のニュアンスと注意点

ポジティブな使い方とネガティブな使い方

ポジティブな使い方

「boomer」をポジティブに使う場面はあまり一般的ではありませんが、場合によっては親しみを込めて使われることもあります。例えば、親しい関係の中で、年上の友人や家族に対して冗談として使うことで、世代の違いをネタにして楽しむことができます。

例:

A: I remember when we used to play outside all day without any gadgets.
B: Yeah, those were the good old days, boomer.

和訳:

A: 昔は一日中外で遊んで、ガジェットなんか全然なかったよね。
B: そうだね、あの頃は良かったよね、ブーマー。

ネガティブな使い方

「boomer」は、しばしばネガティブなニュアンスで使われます。特に「OK boomer」というフレーズは、年上の世代の意見や態度を皮肉ったり、軽視するために使われることが多いです。この場合、相手の意見を真剣に受け取らず、軽く受け流す意味合いがあります。

例:

A: Young people today just don’t understand hard work.
B: OK boomer.

和訳:

A: 最近の若者は一生懸命働くことを理解していない。
B: はいはい、ブーマーさん。

注意すべき点

「boomer」という言葉を使う際には、以下の点に注意する必要があります。

  1. 相手の気持ちを考慮する:
    「boomer」という言葉は、相手の意見を軽視したり、世代間の違いを強調するために使われることが多いため、相手に不快な思いをさせる可能性があります。特にフォーマルな場や職場での使用は避けた方が良いでしょう。
  2. 文脈を理解する:
    この言葉は文脈によって意味が大きく変わります。親しい友人同士の軽い冗談として使う場合と、真剣な議論の中で使う場合では、受け取られ方が異なります。適切な場面で使うことが重要です。
  3. 世代間の尊重:
    「boomer」という言葉を使うことで、世代間の対立を強調することがあります。世代間の違いを尊重し、お互いの意見を理解しようとする姿勢が大切です。言葉の使い方一つで関係が悪化することもあるため、注意が必要です。
  4. インターネットスラングの理解:
    「boomer」という言葉はインターネットスラングとして広まりました。インターネット上で使われる言葉や表現は、リアルな会話で使う場合とはニュアンスが異なることが多いので、その点を理解して使うようにしましょう。

 

 

“boomer”に関連する他の言葉

同じ世代を指す言葉

「boomer」の他にも、特定の世代を指す言葉がいくつかあります。それぞれの世代には特徴や共通点があり、これらの言葉を使うことで世代ごとの違いを表現することができます。

Millennial(ミレニアル世代)

期間: 1981年から1996年頃に生まれた世代。
特徴: デジタルネイティブで、テクノロジーやインターネットが日常生活の一部として育った世代です。社会的に意識が高く、環境問題や多様性に関心を持つことが多いです。

例: A: Millennials are really good at using social media.
B: Yes, they grew up with it.

和訳: A: ミレニアル世代はソーシャルメディアの使い方が本当に上手だね。
B: そうだね、彼らはそれと一緒に育ったんだ。

Gen Z(ジェネレーションZ)

期間: 1997年から2012年頃に生まれた世代。
特徴: 完全なデジタルネイティブであり、スマートフォンやソーシャルメディアと共に育ちました。多様性を重視し、環境問題や社会正義に対する関心が高いです。

例: A: Gen Z is very vocal about climate change.
B: They are the most environmentally conscious generation.

和訳: A: ジェネレーションZは気候変動について非常に声を上げているね。
B: 彼らは最も環境意識が高い世代だよ。

Gen X(ジェネレーションX)

期間: 1965年から1980年頃に生まれた世代。
特徴: テクノロジーの発展期を経験し、独立心が強い世代です。仕事と家庭のバランスを重視し、安定した生活を追求する傾向があります。

例: A: Gen X values work-life balance more than previous generations.
B: Yes, they prioritize both career and family.

和訳: A: ジェネレーションXは前の世代よりも仕事と生活のバランスを重視しているね。
B: そうだね、彼らはキャリアと家庭の両方を大切にしているよ。

これらの言葉の使い分け方

世代を指す言葉は、それぞれの世代の特徴や共通点を理解するために使われます。以下に、これらの言葉の使い分け方を示します。

  1. 背景や特徴に基づいて使う: 各世代には特有の背景や特徴があります。例えば、テクノロジーに強いミレニアル世代や、環境問題に関心が高いジェネレーションZなど、具体的な特徴を示す際に使います。
  2. 世代間の違いを強調する場合: 世代ごとの価値観やライフスタイルの違いを強調したい場合に使います。例えば、「ミレニアル世代はデジタルネイティブであるため、テクノロジーに対するアプローチが異なる」といった使い方です。
  3. 社会的な議論や分析に使う: 世代ごとの傾向や行動パターンを分析する際に使います。マーケティングや社会学の分野で、特定の世代に焦点を当てた議論や研究が行われることが多いです。
  4. 親しみを込めて使う場合: 親しい間柄で、軽い冗談として使うこともあります。例えば、「私たちはミレニアル世代だから、テクノロジーに詳しいんだよ」といった感じです。

それぞれの言葉を正しく使うことで、コミュニケーションが円滑になり、世代間の理解が深まります。

 

 

まとめ

この記事の振り返り

この記事では、「boomer」という言葉の意味と使い方について詳しく説明しました。最初に、「boomer」の基本的な意味とその由来について学びました。元々は「ベビーブーマー」を指す言葉であり、最近では「OK boomer」というフレーズを通じて、新しい意味を持つようになったことを理解しました。

次に、「boomer」の実際の使い方について、具体的な会話例と共に紹介しました。世代間の意見の違いを示すために使われることが多く、特に若い世代が年上の世代に対して皮肉を込めて使うことが一般的です。

さらに、「boomer」のニュアンスと使用時の注意点についても説明しました。ポジティブな使い方は稀であり、多くの場合ネガティブなニュアンスを含むため、使用する際には相手の気持ちや文脈に注意が必要です。

最後に、「boomer」に関連する他の世代を指す言葉についても学びました。「ミレニアル世代」や「ジェネレーションZ」など、それぞれの世代の特徴や使い分け方について理解しました。

“boomer”を使う際のポイント

  1. 相手の気持ちを考える:
    「boomer」は、相手の意見を軽視するニュアンスを含むことが多いため、使用する際には相手の気持ちを考慮することが重要です。特にフォーマルな場や職場での使用は避けましょう。
  2. 文脈を理解する:
    親しい友人同士の冗談として使う場合と、真剣な議論の中で使う場合では、受け取られ方が異なります。適切な場面で使うことが大切です。
  3. 世代間の尊重:
    世代間の違いを理解し、お互いの意見を尊重する姿勢を持つことが重要です。「boomer」という言葉を使うことで、世代間の対立を強調するのではなく、理解を深めるための手段として使いましょう。
  4. インターネットスラングの理解:
    「boomer」はインターネットスラングとして広まりましたが、リアルな会話での使用には注意が必要です。スラングの背景やニュアンスを理解してから使うようにしましょう。

これらのポイントを押さえて、「boomer」という言葉を適切に使いこなせるようになりましょう。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム