“nice to see you”と”nice seeing you”の3つの使い方【意外とみんな使えてないです】

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”nice to see you”と”nice seeing you”の3つの使い方【意外とみんな使えてないです】についてお話します。

この記事を読めば、英語感覚がさらに高まります。

それでは、まいりましょう。

 

 

1. 出会ってすぐの挨拶

マイク
Hi, Ryo. How’s it going?
やぁ、リョウ。元気?
リョウ
I’m good. it is nice to see you.
調子いいよ。会えてうれしいよ。

 

まず友人や同僚などと久ぶりに出会って、その出会い際に使うのが”It is nice to see you.”です。

ポイントはto不定詞で未来に起こることやちょうどある出来事に出くわしたときに使われます

この場合、「あなたに会って」→「すてき」という風になります。

 

 

2. 会話の途中の挨拶

マイク
My parents are pretty fine.
僕の両親はとても元気だよ。
リョウ
Good to know. By the way, it is nice seeing you.
それはよかった。ところで会えてうれしいよ。

 

“it is nice seeing you.”は会話の途中で挨拶する場合に使われます。

ポイントは”seeing”で、動名詞とも現在分詞とも取れますが動名詞の場合は「経験していること」そして現在分詞の場合は「現在進行していること」というニュアンスを含みます

この場合、すでに会ってからいくらかの時間が経過していてなおかつ進行中ということで”seeing”を使うのがもっとも自然ということになります。

 

 

3. 別れ際の挨拶

ナオミ
See you soon.
またね。
リョウ
Yeah, it was nice seeing/to see you.
うん、会えてよかったよ。

 

最後は、バイバイを言うときに使えるのは、”It was nice seeing/to see you.”です。

別れ際の場合はどちらも使えるのかと少し混乱するかもしれませんが、ポイントは過去形であることです。

具体的には”to see you”の場合は出会い際のうれしさを思い出して「会えてよかった」と言っているのに対して、”seeing you”の場合は会って話して時間を過ごしたことに対して「会えてよかった」と言っています。

小さなニュアンスの違いですが、この3つの使い方をしっかりと反射レベルでおさえておくと気持ちよく英語を使えることができます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、”nice to see you”と”nice seeing you”の3つの使い方【意外とみんな使えてないです】でした。

それでは、See you around!

 

 

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(hanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。