3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

失敗を楽に修正!「Never Mind」の意味・使い方と類似表現完全ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

「Never Mind」って何?

簡単に意味を紹介

「Never Mind」は、英語の日常会話でよく使われるフレーズです。その意味は「気にしないで」や「大丈夫だよ」といったニュアンスを持ちます。主に、以下のような状況で使われます。

  1. 話題を変えたい時
    • 何かを説明しようとしたけれど、途中でそれが重要でないと感じた時
    • 例文:
      • A: “I was going to tell you about the meeting, but… Never mind.”
      • A: 「会議のことを話そうと思ったけど…気にしないで。」
  2. 相手が何かを気にしている時
    • 相手が何かミスをしてしまったり、気にしている時に、「気にしないで」と伝えるために使います。
    • 例文:
      • B: “I’m sorry, I forgot to bring the book.”
      • A: “Never mind, you can bring it next time.”
      • B: 「ごめん、本を持ってくるの忘れちゃった。」
      • A: 「気にしないで、次回持ってきてくれればいいから。」
  3. 何かを中断したい時
    • 話し手が途中で話をやめたい時や、説明が不要と感じた時に使います。
    • 例文:
      • A: “I thought I saw something, but never mind.”
      • A: 「何か見た気がしたけど、やっぱり気にしないで。」

このように、「Never Mind」は、軽く物事を流したり、相手を気遣うために使われる便利なフレーズです。日常会話で自然に使えるようになると、コミュニケーションがさらにスムーズになるでしょう。

 

 

無料トライアル実施中

「Never Mind」の発音ガイド

正しい発音の仕方を学びましょう

「Never Mind」の発音は、ネイティブらしく聞こえるための重要なポイントです。まずは、それぞれの単語の発音を確認しましょう。

  1. Never:/ˈnev.ər/
    • N:舌を上の歯の裏側に軽く当てて「ン」と発音します。
    • e:短く「エ」と発音します。口を大きく開けすぎないようにしましょう。
    • v:上の歯を軽く下唇に当てて「ヴ」と発音します。
    • er:口を少し丸めて「アー」と発音します。
  2. Mind:/maɪnd/
    • M:唇を閉じて「ム」と発音します。
    • i:長く伸ばして「アイ」と発音します。
    • nd:舌を上の歯の裏側に軽く当てて「ンド」と発音します。

ネイティブらしい発音のポイント

ネイティブらしく発音するためには、以下のポイントに気を付けましょう。

  1. イントネーション
    • 「Never Mind」を発音する際には、二つの単語の間に少し間を置いて、自然なリズムを意識しましょう。軽く「ネバー…マインド」という感じです。
  2. 音の繋がり
    • 「Never」の最後の「r」と「Mind」の最初の「M」が滑らかに繋がるように発音します。滑らかに発音することで、よりネイティブらしい響きになります。
  3. アクセント
    • 「Never」の最初の「Ne」に強いアクセントを置き、「Mind」の「M」にも少し強調を置きます。「ネバー マインド」と強弱をつけて発音すると良いでしょう。
  4. リラックスした口の動き
    • 発音する際に口の動きをリラックスさせることも大切です。緊張せず、自然な感じで発音することで、よりナチュラルに聞こえます。

以下は、練習用の音声例です。リピートして練習しましょう。

 

 

音声付き例文

相手が謝罪してきた時

買ってあげた時計を彼女が無くしたと言っていて…

マイク
Never mind. I can buy you another one sometime.
気にすんな。今度他のを買ってあげるよ。

 

 

レポート提出し忘れた部下が謝りにきて…

アイヴァン
I’m sorry. I’ll submit it right away.
すみません。すぐに提出します。
ロバート
Never mind. Everyone does it.
気にしないで。誰でもミスはする。

 

 

以前の言葉や行動を訂正する時

メガネを探していて…

リョウ
Have you seen my glasses?
俺のメガネ見た?
マイク
Let me look for it.
探してあげるよ。
リョウ
Never mind. It’s okay.(ポケットの中にメガネがあって)
忘れて。もう大丈夫。

 

 

勇気をふりしぼり告白したが…

ナオミ
What did you say?
なんて言ったの?
マイク
Never mind.
忘れて。

 

 

mindの直後に名詞を置く

こちらは少し応用編になりますが、この使い方もできるとさらに表現力が高まるでしょう。“mind”の直後に名詞を持ってきて「〜のことは気にしない」という意味で使うことができます。それでは例文を見てみましょう。

自分の近況をたくさん話した後に…

マイク
Never mind me. Anyway, how have you been?
俺のことはいいから。それで最近どうしてたの?

 

 

仕事で忙しい妻に…

リョウ
Never mind the dishes. I’ll do them later.
皿のことを気にすんな。後でやっておくから。

 

 

 

never mindのその他言い回し

これらの表現は、一般的に「Never mind」の意味と同じく、過去のミスや問題に気を取られずに前向きに進むことを示しています。

“Never you mind”(君は気にするな)

  • 例: “Where am I going? Never you mind. It’s a surprise.”
  • 「僕はどこに行くの?君は気にするな。サプライズだよ。」

“Never mind that”(それは気にするな)

  • 例: “I made a mistake, but never mind that. Let’s focus on the solution.”
  • 「ミスしたけど、それは気にするな。解決策に集中しよう。」

“Never mind about it”(それについては気にしないで)

  • 例: “I heard you had a rough day. Never mind about it; tomorrow is a new opportunity.”
  • 「つらい一日だったって聞いたよ。それについては気にしないで、明日は新しいチャンスだよ。」

 

 

「Never Mind」と他の表現の違い

「Don’t worry」や「It’s okay」との違いを比較

「Never Mind」は、他の表現と似たような場面で使われることがありますが、それぞれの意味やニュアンスには微妙な違いがあります。ここでは、「Never Mind」と「Don’t worry」、「It’s okay」の違いを比較してみましょう。

  1. Never Mind
    • 意味:気にしないで、問題ないよ
    • 用途:会話の中で話題を変えたり、軽く流したい時に使います。

    例文:

    • A: “Did you get the email I sent?”
    • B: “Oh, sorry, I haven’t checked it yet.”
    • A: “Never mind, I’ll tell you now.”
    • (A: 「送ったメール見た?」 B: 「あ、ごめん、まだ確認してない。」 A: 「気にしないで、今話すよ。」)
  2. Don’t worry
    • 意味:心配しないで、大丈夫だよ
    • 用途:相手が不安や心配を感じている時に安心させるために使います。

    例文:

    • A: “I forgot to bring the documents for the meeting.”
    • B: “Don’t worry, I brought an extra copy.”
    • (A: 「会議の資料を持ってくるの忘れちゃった。」 B: 「心配しないで、予備のコピーを持ってきたから。」)
  3. It’s okay
    • 意味:大丈夫、問題ないよ
    • 用途:相手が謝った時や、何かがうまくいかなかった時に使います。柔らかく、相手を安心させるニュアンスがあります。

    例文:

    • A: “I’m sorry I’m late.”
    • B: “It’s okay, we haven’t started yet.”
    • (A: 「遅れてごめんなさい。」 B: 「大丈夫だよ、まだ始まってないから。」)

それぞれの表現が使われる場面の違い

「Never Mind」、「Don’t worry」、「It’s okay」は、状況やニュアンスによって使い分ける必要があります。それぞれの表現が使われる具体的な場面を見てみましょう。

  1. Never Mind
    • 話題を変えたい時や、軽く流したい時に使います。例えば、何かを説明しようとしたけれど、相手が理解しなかった場合や、説明が不要になった場合などです。
  2. Don’t worry
    • 相手が心配している時に使います。相手を安心させるための表現です。例えば、相手が何かを忘れた時や、失敗した時に「心配しないで、大丈夫だよ」と言う場合に使います。
  3. It’s okay
    • 相手が謝った時や、何かがうまくいかなかった時に使います。相手を慰めたり、許す気持ちを伝えるための表現です。例えば、相手が遅刻したり、何かミスをした時に「大丈夫だよ」と言う場合に使います。

 

 

よくある間違いとその対処法

「Never Mind」を使う時に陥りがちな間違い

「Never Mind」は便利なフレーズですが、使う際に陥りやすい間違いもあります。以下に、よくある間違いとその対処法を紹介します。

  1. 適切な場面で使わない
    • 間違い:深刻な状況やフォーマルな場面で「Never Mind」を使う。
    • 例文:
      • A: “I’m really sorry for the mistake in the report.”
      • B: “Never mind.”
      • (A: 「報告書のミスについて本当に申し訳ありません。」 B: 「気にしないで。」)
    • 対処法:深刻な場面やフォーマルな場面では、「Never Mind」よりも「I understand」や「Thank you for letting me know」などの表現を使う方が適切です。
    • 正しい例:
      • A: “I’m really sorry for the mistake in the report.”
      • B: “I understand. Thank you for letting me know.”
      • (A: 「報告書のミスについて本当に申し訳ありません。」 B: 「理解しました。教えてくれてありがとうございます。」)
  2. 「Never Mind」と「No Problem」の混同
    • 間違い:「Never Mind」と「No Problem」を同じ意味で使う。
    • 例文:
      • A: “Can you help me with this?”
      • B: “Never mind.”
      • (A: 「これ手伝ってもらえますか?」 B: 「気にしないで。」)
    • 対処法:「No Problem」は、相手の依頼に対して「問題ないよ」と答える時に使います。「Never Mind」は、相手の質問や提案を軽く流したい時に使います。
    • 正しい例:
      • A: “Can you help me with this?”
      • B: “No problem.”
      • (A: 「これ手伝ってもらえますか?」 B: 「問題ないよ。」)
  3. 「Never Mind」の過剰使用
    • 間違い:頻繁に「Never Mind」を使い過ぎてしまう。
    • 例文:
      • A: “How was your weekend?”
      • B: “Never mind.”
      • (A: 「週末はどうだった?」 B: 「気にしないで。」)
    • 対処法:「Never Mind」は特定の状況で使うべきフレーズです。質問に答えたくない場合には、「I’d rather not say」や「It’s a long story」などの他の表現を使いましょう。
    • 正しい例:
      • A: “How was your weekend?”
      • B: “It’s a long story, but thanks for asking.”
      • (A: 「週末はどうだった?」 B: 「長い話になるけど、聞いてくれてありがとう。」)

正しい使い方とその理由

「Never Mind」を正しく使うためには、状況や文脈を理解することが大切です。以下に、正しい使い方とその理由を説明します。

  1. 軽く流したい時に使う
    • 例文:
      • A: “Did you finish the project?”
      • B: “Oh, I forgot. I’ll do it now.”
      • A: “Never mind, I’ll handle it.”
      • (A: 「プロジェクト終わった?」 B: 「あ、忘れてた。今やるよ。」 A: 「気にしないで、私がやるから。」)
    • 理由:相手が何かを忘れたり、失敗した時に、問題ではないことを示すために使います。
  2. 話題を変えたい時に使う
    • 例文:
      • A: “I was thinking about our vacation plans, but… never mind.”
      • (A: 「休暇の計画について考えていたんだけど、…気にしないで。」)
    • 理由:話題を変えたい時や、続ける必要がないと判断した時に使います。
  3. 相手を安心させたい時に使う
    • 例文:
      • A: “I’m sorry for interrupting you.”
      • B: “Never mind, it wasn’t important.”
      • (A: 「邪魔してごめんね。」 B: 「気にしないで、重要なことじゃなかったから。」)
    • 理由:相手が謝った時に、それが問題ではないことを伝えるために使います。

 

 

まとめ

「Never Mind」の意味と使い方をおさらい

「Never Mind」は、日常会話で頻繁に使われる便利な表現です。主な意味は「気にしないで」や「大丈夫だよ」となり、以下のような場面で使います。

  1. 話題を変えたい時
    • : “I was going to explain the details, but never mind.”
    • (「詳細を説明しようと思ったけど、やっぱり気にしないで。」)
  2. 相手が何かを気にしている時
    • : “Never mind, you can fix it later.”
    • (「気にしないで、後で直せばいいよ。」)
  3. 何かを中断したい時
    • : “I thought I saw something, but never mind.”
    • (「何か見た気がしたけど、やっぱり気にしないで。」)

「Never Mind」を使う際には、状況に応じて使い分けることが大切です。深刻な場面やフォーマルな場面では適切でない場合もあるので注意が必要です。

読者へのアドバイスと感謝

「Never Mind」は、英語を話す上でとても便利なフレーズです。適切な場面で使うことで、自然なコミュニケーションができます。この記事で紹介した使い方や注意点を参考に、実際の会話でぜひ活用してみてください。

英語のフレーズを覚える際には、実際の会話で何度も使ってみることが大切です。そうすることで、より自然に使えるようになります。皆さんの日常会話がスムーズに、そして楽しくなることを願っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。この記事がお役に立てれば幸いです。英語学習、頑張ってくださいね!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム