3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

“Let’s Start”と”Let’s Get Started”の違いを徹底解説!使い分けのポイントも紹介

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

こんにちは!RYO英会話ジムです。英会話を学ぶ皆さん、今日は「”Let’s start”と”Let’s get started”の違いと使い分け」についてお話ししたいと思います。日常の英会話やビジネスシーンで頻繁に使われるこれらのフレーズですが、実は微妙なニュアンスの違いがあります。

この記事では、それぞれのフレーズの意味と使い方の違いをわかりやすく説明し、どのような場面でどちらを使うべきかを具体例を交えて解説します。また、よくある間違いについても触れ、正しい使い方のポイントをお伝えします。

この記事を読むことで、以下のことが学べます:

  • “Let’s start”の意味と使い方
  • “Let’s get started”の意味と使い方
  • それぞれのフレーズの違いと使い分けのポイント
  • 実際の会話での使い方の具体例

それでは、早速一緒に学んでいきましょう!

 

 

無料トライアル実施中

“Let’s start”とは?

“Let’s start”の意味と基本的な使い方

“Let’s start”は、「始めましょう」という意味のフレーズです。この表現は、何かを始める時に使われ、特に具体的なアクションやプロセスの開始を指します。例えば、会議を始める時や、何か新しいプロジェクトに取り掛かる時に使われます。

例文を交えての説明

いくつかの具体的なシチュエーションでの使い方を見てみましょう。

  1. 会議の開始
    • 文例: “Let’s start the meeting.”
    • : 「会議を始めましょう。」
    • 解説: 参加者全員が揃い、議題について話し始める時に使います。
  2. 授業の開始
    • 文例: “Let’s start today’s lesson.”
    • : 「今日の授業を始めましょう。」
    • 解説: 授業の最初に教師が生徒に対して使う表現です。
  3. プロジェクトの開始
    • 文例: “Let’s start working on the new project.”
    • : 「新しいプロジェクトに取り掛かりましょう。」
    • 解説: 新しいプロジェクトや仕事に取り掛かる時に使います。
  4. ゲームの開始
    • 文例: “Let’s start the game.”
    • : 「ゲームを始めましょう。」
    • 解説: みんなでゲームを始める時に使います。

“Let’s start”は、何かを新しく始める瞬間に使うシンプルで明快なフレーズです。この表現を使うことで、物事をスムーズに開始することができます。

 

 

“Let’s get started”とは?

“Let’s get started”の意味と基本的な使い方

“Let’s get started”も「始めましょう」という意味のフレーズですが、ニュアンスが少し異なります。この表現は、何かを始める準備が整った状態で使われることが多く、特にプロセスの開始を強調する場合に適しています。具体的なタスクや活動に取り掛かる前に、「では始めましょう」という感じで使われます。

例文を交えての説明

いくつかの具体的なシチュエーションでの使い方を見てみましょう。

  1. ワークショップの開始
    • 文例: “We’ve discussed the agenda. Let’s get started.”
    • : 「アジェンダについて話し合いました。それでは始めましょう。」
    • 解説: ワークショップやセミナーの準備が整い、実際に活動を始める時に使います。
  2. プロジェクトのキックオフ
    • 文例: “Everything is set up. Let’s get started on the new project.”
    • : 「すべての準備が整いました。それでは新しいプロジェクトを始めましょう。」
    • 解説: プロジェクトの準備が完了し、実際の作業に取り掛かる前に使います。
  3. トレーニングの開始
    • 文例: “Now that we have all the materials, let’s get started with the training.”
    • : 「すべての資料が揃いましたので、トレーニングを始めましょう。」
    • 解説: トレーニングセッションの準備が整い、実際のトレーニングを始める前に使います。
  4. 料理の開始
    • 文例: “We’ve got all the ingredients. Let’s get started on the recipe.”
    • : 「すべての材料が揃いました。それではレシピを始めましょう。」
    • 解説: 料理の準備が整い、実際に料理を始める時に使います。

“Let’s get started”は、何かを始める準備が整った段階で使うフレーズで、実際のアクションを強調します。この表現を使うことで、物事を効率的に進めることができます。

 

 

具体的な使用シーン

ビジネスシーンでの使い方

“Let’s start”

  • 会議の開始
    • 文例: “Let’s start the meeting with a quick overview of our agenda.”
    • : 「アジェンダの簡単な概要から会議を始めましょう。」
    • 解説: 会議の開始時に、最初の話題に入る際に使います。
  • プロジェクトの開始
    • 文例: “Let’s start working on the new marketing campaign.”
    • : 「新しいマーケティングキャンペーンに取り掛かりましょう。」
    • 解説: 新しいプロジェクトやタスクに着手する際に使います。

“Let’s get started”

  • プレゼンテーションの開始
    • 文例: “We’ve set up everything. Let’s get started with the presentation.”
    • : 「すべての準備が整いました。それではプレゼンテーションを始めましょう。」
    • 解説: プレゼンテーションの準備が整った後、実際にプレゼンを始める時に使います。
  • ワークショップの開始
    • 文例: “All the materials are ready. Let’s get started with the workshop.”
    • : 「すべての資料が揃いました。それではワークショップを始めましょう。」
    • 解説: ワークショップやトレーニングセッションの開始時に使います。

カジュアルなシーンでの使い方

“Let’s start”

  • パーティーの開始
    • 文例: “Let’s start the party with some music.”
    • : 「音楽からパーティーを始めましょう。」
    • 解説: パーティーや集まりで最初の活動を始める時に使います。
  • ゲームの開始
    • 文例: “Let’s start the game and see who wins.”
    • : 「ゲームを始めて、誰が勝つか見てみましょう。」
    • 解説: 友達や家族とゲームを始める時に使います。

“Let’s get started”

  • ハイキングの開始
    • 文例: “We’ve packed our bags. Let’s get started on our hike.”
    • : 「荷物の準備ができました。それではハイキングを始めましょう。」
    • 解説: ハイキングやアウトドア活動を始める際に使います。
  • 料理の開始
    • 文例: “We’ve prepared all the ingredients. Let’s get started with cooking.”
    • : 「すべての材料が揃いました。それでは料理を始めましょう。」
    • 解説: 料理の準備が整った後、実際に調理を始める時に使います。

これらの具体的な使用シーンを参考にすると、”Let’s start”と”Let’s get started”の違いがより明確になり、どちらを使うべきかがわかりやすくなります。それぞれのフレーズのニュアンスを理解し、適切な場面で使うことで、より自然な英会話ができるようになります。

 

 

“Let’s start”と”Let’s get started”の違い

ニュアンスの違い

“Let’s start”と”Let’s get started”はどちらも「始めましょう」という意味ですが、使い方やニュアンスには微妙な違いがあります。

  • “Let’s start”: 具体的なアクションやプロセスの開始を意味します。新しいことを始める時や、特定のタスクに取り掛かる時に使います。単に「始める」というシンプルな意味合いです。
  • “Let’s get started”: 何かを始める準備が整ったことを強調し、その準備が完了した段階で実際のアクションに移る時に使います。「始める準備ができたので、実際に始めましょう」というニュアンスがあります。

使い分けのポイント

  • 準備の有無:
    • “Let’s start”は、準備が整っているかどうかに関わらず使える汎用的な表現です。
    • “Let’s get started”は、準備が整った後に使うことが多いです。
  • 強調するポイント:
    • “Let’s start”は、始めるという行為自体を強調します。
    • “Let’s get started”は、始める前の準備が完了したことを強調します。
  • 場面の違い:
    • “Let’s start”は、会議、授業、ゲームなど、特定のアクティビティの開始に使えます。
    • “Let’s get started”は、プレゼンテーションやプロジェクトのキックオフ、トレーニングなど、準備が整った後の活動に使います。

実際の会話での使い方

  1. 会議の開始:
    • Let’s start: “Let’s start the meeting with the first agenda item.”
      • : 「最初の議題から会議を始めましょう。」
    • Let’s get started: “Everyone is here. Let’s get started with our meeting.”
      • : 「全員揃いました。それでは会議を始めましょう。」
  2. プロジェクトの開始:
    • Let’s start: “Let’s start the new project by outlining our goals.”
      • : 「目標を明確にすることから新しいプロジェクトを始めましょう。」
    • Let’s get started: “We’ve completed our planning. Let’s get started on the project.”
      • : 「計画が完了しました。それではプロジェクトを始めましょう。」
  3. プレゼンテーションの開始:
    • Let’s start: “Let’s start the presentation with an introduction.”
      • : 「プレゼンテーションをイントロダクションから始めましょう。」
    • Let’s get started: “All the equipment is set up. Let’s get started with the presentation.”
      • : 「すべての機器が設置されました。それではプレゼンテーションを始めましょう。」
  4. イベントの開始:
    • Let’s start: “Let’s start the event with a welcome speech.”
      • : 「ウェルカムスピーチからイベントを始めましょう。」
    • Let’s get started: “The preparations are done. Let’s get started with the event.”
      • : 「準備が整いました。それではイベントを始めましょう。」

このように、”Let’s start”と”Let’s get started”の微妙なニュアンスの違いを理解することで、状況に応じた適切な表現を使い分けることができます

 

 

よくある間違いと注意点

日本人が間違えやすいポイント

  1. 意味の違いを無視する
    • 間違い: “Let’s start”と”Let’s get started”を同じ意味で使ってしまう。
    • : “Let’s start the project”を準備が整った状況でも使う。
    • 解説: 準備が整った場合には”Let’s get started”を使う方が自然です。
  2. シーンに合わない使い方
    • 間違い: フォーマルなビジネスシーンで”Let’s start”を多用する。
    • : プレゼンテーションの開始時に”Let’s start”を使う。
    • 解説: ビジネスシーンでは、準備が整ったことを強調するために”Let’s get started”を使う方が適切です。
  3. 曖昧な使い方
    • 間違い: 具体的なアクションを伴わずに使う。
    • : “Let’s start”を使って、何を始めるのかが明確でない。
    • 解説: “Let’s start”は具体的なアクションやタスクを始める時に使うので、何を始めるのか明確にしましょう。

正しい使い方のコツ

  1. 文脈に応じた使い分け
    • コツ: 準備が整っている場合には”Let’s get started”を使い、具体的なタスクやアクションを始める場合には”Let’s start”を使う。
    • : “We have everything we need. Let’s get started.”
  2. 具体的なアクションを示す
    • コツ: “Let’s start”を使う時は、何を始めるのか具体的に述べる。
    • : “Let’s start the meeting”ではなく、”Let’s start the meeting with the first agenda item.”
  3. 状況に応じた選択
    • コツ: シチュエーションに応じて適切なフレーズを選ぶ。ビジネスシーンでは”Let’s get started”、カジュアルなシーンでは”Let’s start”を使う。
    • : “Let’s get started with the presentation” (ビジネスシーン) vs “Let’s start the game” (カジュアルシーン)。
  4. 準備が整ったことを明確に
    • コツ: “Let’s get started”を使う前に、準備が整っていることを示すフレーズを付け加える。
    • : “We’ve completed all the preparations. Let’s get started.”

これらのポイントを意識することで、”Let’s start”と”Let’s get started”をより自然に使いこなすことができ、英会話がよりスムーズになります。

 

 

まとめ

記事の要点のおさらい

この記事では、「Let’s start」と「Let’s get started」の違いと使い分けについて詳しく解説しました。以下に記事の要点をまとめます:

  1. “Let’s start”の意味と使い方:
    • 「始めましょう」という意味で、具体的なアクションやプロセスの開始に使います。
  2. “Let’s get started”の意味と使い方:
    • 「始める準備ができたので、実際に始めましょう」という意味で、準備が整った後のアクションの開始に使います。
  3. ニュアンスの違い:
    • “Let’s start”はシンプルに「始める」ことを強調し、”Let’s get started”は準備が整ったことを強調します。
  4. 使い分けのポイント:
    • 準備の有無やシチュエーションに応じて使い分けることが重要です。
  5. 具体的な使用シーン:
    • ビジネスシーンやカジュアルなシーンでの具体例を交えて説明しました。
  6. よくある間違いと注意点:
    • 日本人が間違えやすいポイントを挙げ、それぞれの正しい使い方のコツを紹介しました。

読者へのメッセージ

英会話を学ぶ上で、微妙なニュアンスの違いを理解することはとても重要です。「Let’s start」と「Let’s get started」は、その使い方や場面によって相手に伝わる印象が変わります。この記事を通じて、それぞれのフレーズの使い分けをマスターし、実際の会話で自然に使えるようになっていただければ幸いです。

これからも英語の学習を楽しみながら続けてください。何か疑問や質問があれば、いつでもお気軽にコメントしてくださいね!一緒に頑張りましょう!

 

 

練習問題

実際に使ってみる練習問題

次の文の空欄に”Let’s start”または”Let’s get started”のどちらかを入れて、文章を完成させてください。

  1. All the participants are here. ____________ the meeting.
  2. We have all the ingredients ready. ____________ cooking.
  3. The team has finished the preparation. ____________ with the presentation.
  4. ____________ the discussion by introducing ourselves.
  5. Everything is set up. ____________ on the project.
  6. ____________ with the first task on our list.
  7. The materials are prepared. ____________ the training session.
  8. Before we ____________ the meeting, let’s review the agenda.

答えの解説

  1. All the participants are here. Let’s get started with the meeting.
    • 解説: 参加者が揃っているので、準備が整ったことを強調して「会議を始めましょう」。
  2. We have all the ingredients ready. Let’s get started cooking.
    • 解説: 材料が揃っているので、準備が整ったことを強調して「料理を始めましょう」。
  3. The team has finished the preparation. Let’s get started with the presentation.
    • 解説: チームが準備を完了したので、準備が整ったことを強調して「プレゼンテーションを始めましょう」。
  4. Let’s start the discussion by introducing ourselves.
    • 解説: 「自己紹介から議論を始めましょう」という具体的なアクションの開始を示しています。
  5. Everything is set up. Let’s get started on the project.
    • 解説: すべての準備が整ったので、準備が完了したことを強調して「プロジェクトを始めましょう」。
  6. Let’s start with the first task on our list.
    • 解説: 「リストの最初のタスクから始めましょう」という具体的なアクションの開始を示しています。
  7. The materials are prepared. Let’s get started with the training session.
    • 解説: 材料が準備されたので、準備が完了したことを強調して「トレーニングセッションを始めましょう」。
  8. Before we start the meeting, let’s review the agenda.
    • 解説: 「会議を始める前に、アジェンダを確認しましょう」という具体的なアクションの開始を示しています。

これらの練習問題を通じて、”Let’s start”と”Let’s get started”の使い分けを実践的に理解することができます。正しい使い方を身につけて、英会話をさらに自然で効果的に進めてください。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム