”It’s hard for me to 〜.”の意味とその使い方【不定詞】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は、”It’s hard for me to 〜.”の意味とその使い方【不定詞】についてお話します。この記事を読めば、英語表現がさらにアップします。それでは、まいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

“It’s hard for me to 〜.”の意味とその使い方

何の仕事をしているのか聞かれて…

リョウ
It’s hard for me to say.
僕からは言いにくいな。

 

 

部下からある同僚の怠慢ぶりを知らされて…

ロバート
It’s hard for me to accept what you’re telling me now.
君が今言っていることは受け入れがたいな。

 

 

友人と出かけることになり…

ナオミ
It’s hard for me to decide where to go tonight. 
今夜どこへ行くか迷うわ。

 

 

上司から大きな仕事を任されて…

スタローン
It’s hard for me to handle so much pressure.
大きなプレッシャーをコントロールするのは大変だ。

 

 

“It’s hard for me to 〜.”は「〜するのは私にとって大変だ/難しい」という意味で会話でよく使う英語表現です。よく“It’s hard to say for me 〜”と”for me”を最後に持ってくる方が多いですが不自然な言い回しになります。不定詞の意味上の主語を加える場合は、必ず形容詞の直後にfor 〜を持ってくる形になります。だから形で覚えて”It’s hard for me”と言えるようにしましょう。代わりに”diffiult”を使って同じように表現することもできますが、特に肉体的に困難なことに対しては、”hard“を使うようにしましょう。

 

 

形容詞で応用できる

またこの言い回しはとても便利で”hard”の部分を”easy”や”comfortable”、そして”fun”などいろいろな形容詞に置き換えて使うことができるので、応用して使ってくださいね。

デートをしている最中に…

マイク
It’s fun for me to be with you.
君と一緒にいるのは楽しいよ。

 

 

試着室で…

マイク
It’s comfortable for me to wear this jacket.
このジャケットは着心地がいいわ。

 

 

新卒社員に…

アイヴァン
It’s easy for me to type fast.
早くタイピングするのって簡単よ。

 

 

“for me”がなくても会話上「誰にとって」なのかわかる場合は省いても大丈夫ですよ。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に完全されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

“hard”に関連した記事をご紹介

それでは、最後に”hard”に関連する記事をご紹介します。今後のあなたの英語学習にぜひ役立ててくださいね。

”give 人 a hard time”の意味とその2つの使い方【不快】

2019年10月31日

”I’m having a hard time 〜.”の意味とその使い方【苦労するとき】

2019年10月1日

ネイティブはこう発音する”good time”や”hard time”が聞き取れないのはなぜ?

2017年3月22日

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が”It’s hard for me to 〜.”の意味とその使い方【不定詞】でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出