3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

お会計で役立つ!「It comes to〜」の使い方とその意味

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに:「It comes to〜」の使い方

こんにちは、RYO英会話ジムです。「It comes to〜」という表現は、英語でお会計をする際に非常によく使われるフレーズです。この表現は、「合計が〜になります」という意味で、レストランやカフェ、ショッピングの際の最終的な金額を伝えるのに便利です。

「It comes to〜」とは何か?

直訳すると「それは〜になる」という意味ですが、会計の文脈で使用する際は「お会計が〜になります」というニュアンスを持ちます。例えば、友人と食事をした後、ウェイターが「It comes to $45」と言った場合、その食事の合計金額が45ドルであることを示しています。

お会計時によく使われる表現であること

この表現は、金額を伝える際の直接的でクリアな方法として頻繁に用いられます。特に英語圏の国々では、お会計をするときに正確な金額を迅速に伝える必要があるため、この表現が活用されます。観光やビジネスで英語圏を訪れる際には、このフレーズを耳にする機会が多いでしょう。

このセクションでは、「It comes to〜」の基本的な用法を理解し、実際の会話でどのように使うかについて見ていきます。次のセクションでは、実際の会話例を通じて、この表現の使用法をさらに深掘りしていきます。

 

 

無料トライアル実施中

実際の会話例で見る「It comes to〜」

「It comes to〜」は日常会話で頻繁に使われる表現ですが、特にレストランやカフェでの会計時にその便利さが際立ちます。ここでは、具体的な会話例を見て、この表現がどのように活用されるかを詳しく解説します。

会話例1: レストランでの使用例

  • シチュエーション: あなたと友人がレストランで食事を終え、ウェイターが会計を持ってきました。
    • ウェイター: “Your total comes to $35.”
    • あなた: “Could we have separate checks, please?”
    • ウェイター: “Sure, each of you, it comes to $17.50.”

和訳:

  • ウェイター: 「合計は35ドルになります。」
  • あなた: 「別々に支払いできますか?」
  • ウェイター: 「もちろんです。お一人様17.50ドルになります。」

この例では、「it comes to」がどのように使われるかを示しています。特に、「Your total comes to」は会計時に非常によく使われるフレーズで、合計金額を示す際に役立ちます。

会話例2: カフェでの使用例

  • シチュエーション: カフェでコーヒーとケーキを注文した後、レジで支払いをします。
    • カシアー: “For the coffee and the cake, it comes to $12.”
    • あなた: “Here’s $15. Keep the change.”

和訳:

  • カシアー: 「コーヒーとケーキで、合計は12ドルになります。」
  • あなた: 「こちら15ドルです。お釣りは結構です。」

この会話例でも、「it comes to」が金額を伝えるために使われていることがわかります。お客様が支払いの準備をする際に、このフレーズを使うことで、明確かつ効率的に金額を伝えることができます。

このように、「It comes to〜」は会計時に特に便利な表現であり、明確に金額を伝える必要がある場面で有効です。次に、「It comes to〜」と類似表現の比較を見ていきましょう。

 

 

「It comes to〜」と類似表現の比較

英語には、「It comes to〜」以外にも会計時に使える類似表現がいくつかあります。これらの表現は似ていますが、ニュアンスや使用する場面に違いがあります。ここでは、「The total is〜」や「You owe〜」といった表現との比較をして、その違いと使い分けについて解説します。

「It comes to〜」と「The total is〜」の比較

  • 「It comes to〜」:
    • 意味:「合計が〜になります」
    • 使用例: “Your total comes to $50.”
    • ニュアンス: 会計を終えて、最終的な金額を告げる際によく使われる表現です。少しカジュアルな印象を与えることがあります。
  • 「The total is〜」:
    • 意味:「合計は〜です」
    • 使用例: “The total is $50.”
    • ニュアンス: 「It comes to〜」と同じように最終金額を伝える表現ですが、こちらの方が若干フォーマルな印象を与えることがあります。

「It comes to〜」と「You owe〜」の比較

  • 「You owe〜」:
    • 意味:「あなたの支払い額は〜です」
    • 使用例: “You owe $30.”
    • ニュアンス: 個人に対して特定の金額を支払うべきであることを指摘する時に使います。この表現は直接的で、個人に対する負債や義務を強調するため、場合によっては少し硬い印象を与えることがあります。

各表現の使い分け

  • 「It comes to〜」は、リラックスした雰囲気の店やカジュアルな場面で使うのに適しています。顧客とのフレンドリーな関係を築きながら、金額を伝えたい場合に効果的です。
  • 「The total is〜」は、よりフォーマルな環境やビジネスの場で使われることが多く、公式な文書や書面にも適しています。
  • 「You owe〜」は、金額が借金や特定の義務に関連する場合や、正式な支払い通知をする際に使用します。また、法的な文脈や公的な請求で用いることが一般的です。

これらの表現を理解し、場面に応じて適切に使い分けることで、英語でのコミュニケーションがよりスムーズになります。次のセクションでは、「It comes to〜」を使った応用例をさらに掘り下げていきます。

 

 

「It comes to〜」を使った応用例

「It comes to〜」は基本的な会計時の表現ですが、より複雑な状況や割引が適用される際にもその応用が可能です。ここでは、それらの状況でどのように「It comes to〜」を使うか、具体的な例文を通じて見ていきます。

割引が適用された場合の例文

  • シチュエーション: レストランでプロモーション期間中に食事をし、割引が適用される場合。
    • ウェイター: “The original price was $40, but with the 25% discount, it comes to $30.”
    • 和訳: 「元の価格は40ドルでしたが、25%の割引を適用すると、合計は30ドルになります。」

この例では、割引前の価格と割引後の価格を明確に伝えるために「It comes to〜」が使われています。顧客にとって理解しやすく、透明性のあるコミュニケーションを提供することができます。

複数のアイテムを購入した場合の例文

  • シチュエーション: スーパーマーケットで複数の商品を購入し、合計を伝える場合。
    • カシアー: “You have a bottle of wine, some cheese, and bread. Together, it comes to $45.”
    • 和訳: 「ワイン一本、チーズ、パンをお買い上げですね。合計で45ドルになります。」

実生活で役立つその他の関連表現

  • 「Your balance comes to〜」:
    • 意味:「あなたの残高は〜になります」
    • 使用例: “After the recent transaction, your balance comes to $200.”
    • 和訳: 「最近の取引後、あなたの残高は200ドルになります。」
  • 「After applying all the charges, it comes to〜」:
    • 意味:「すべての料金を適用後、合計は〜になります」
    • 使用例: “After applying all the charges, your hotel bill comes to $500.”
    • 和訳: 「すべての料金を適用した後、ホテルの請求額は500ドルになります。」

これらの応用例と関連表現を理解し、実際に使ってみることで、「It comes to〜」をより効果的に活用できるようになります。これにより、日常生活やビジネスの場面でのコミュニケーションがさらにスムーズに行えるでしょう。

 

 

まとめ:「It comes to〜」を効果的に使うコツ

「It comes to〜」は、英語でのお会計時に不可欠な表現です。このフレーズを効果的に使うことで、会話がよりスムーズになり、英語のレシートの理解も深まります。ここでは、「It comes to〜」を使った会話がスムーズになるコツと、英語のレシートを理解する際のポイントを紹介します。

「It comes to〜」を使った会話のコツ

  1. クリアに発音する
    • 「It comes to〜」というフレーズは、金額を伝える重要な瞬間に使います。はっきりとした発音で伝えることで、誤解を防ぎます。
  2. 金額を明確に伝える
    • 金額を言う際は、数字を一つずつ明確に伝えることが大切です。例えば、「It comes to twenty-five dollars」ではなく、「It comes to twenty-five dollars and forty-nine cents」とセントまで伝えることで、より正確なコミュニケーションが可能です。
  3. フレーズのバリエーションを覚える
    • 「Your total comes to〜」や「The amount due is〜」など、状況に応じて異なる表現を使い分けることができます。これにより、会話が自然で流暢になります。

英語のレシートを理解するポイント

  • 項目ごとの金額をチェックする
    • レシートには通常、購入した各アイテムの価格が記載されています。これらの金額を確認し、「It comes to〜」で伝えられた合計金額と照らし合わせることが重要です。
  • 税金やサービス料が含まれているか確認する
    • 特にアメリカやカナダなどの国では、表示価格に税金が含まれていないことが多いです。レシートで税金やサービス料がどのように計算されているかを理解することで、支払うべき正確な金額が把握できます。
  • 割引やクーポンが適用されているか確認する
    • 使用した割引やクーポンが正しく適用されているかをレシートで確認します。誤差がある場合は、すぐに対処することができます。

これらのコツを活用することで、「It comes to〜」を使った英語での会計がよりスムーズになり、レシートの読み解きも効果的に行えるようになります。日常生活や海外旅行、ビジネスの場でのコミュニケーションに役立ててください。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム