”I’m sorry to hear 〜”の意味とその使い方【共感力がアップ】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”I’m sorry to hear 〜”の意味とその使い方【共感力がアップ】についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

”I’m sorry to hear 〜”の意味とその使い方【共感力がアップ】

友人から失業して再就職先を探していると聞いて…

マイク
I’m sorry to hear that.
それは大変だったね。

 

可愛がっていたペットが亡くなったことを聞いて…

アイヴァン
I’m sorry to hear about your loss.
それは辛かったね。

 

同僚が交通事故で大怪我をおって、その1ヶ月後に電話で…

ウィル
I’m sorry to hear about your car accident.
交通事故の件、大変だったね

 

sorryは「ごめん」という謝るときに使うイメージが強いですが、実は相手の気持ちに共感して残念な気持ちを伝えたいときにも使えます。本題ですがI’m sorry to hear 〜は「(を聞いて)大変だったね」や「(を聞いて)辛かったね」という意味で、相手からの不幸なニュース(事故、失うこと、失敗など)を聞いたときに使える英語表現です。使い方に関しては、例文のように聞いたことを代名詞thatで置き換えてhear thatとするか、もしくはまだ話題に上がっていないのならhear about 〜と対象を明確にしましょう。また会話ではI amを省略してSorry to hear 〜と言うことも多いです。

「お気の毒」と訳す場合もありますが、これは場合によっては「かわいそう」だという優越感を相手に与えることもあるのであえてここでは使用していません。

 

 

too badと何が違う?

同じような表現にThat is too bad 〜がありますが、こちらはもっと軽度な不幸なニュースに関して使います。カジュアルに「残念だったね」と言いたい時ですね。たとえばたまたま応募した会社の面接を受けて落ちたなどです。詳しくは以下2つのカードをご覧ください。

”That’s too bad”の意味とその使い方

”It’s too bad that 〜.”の意味とその使い方

 

 

関連英単語

それでは関連する英単語も見ておきましょう。

6選
  • sympathize「共感する」
  • condolences「お悔やみ」
  • care「気遣う」
  • unfortunate「不幸な」
  • death「死」
  • loss「失うこと」

 

 

「残念」に関連する記事

「大変だったね」や「残念だったね」の英語表現5選とその使い方【スラング含む】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が”I’m sorry to hear 〜”の意味とその使い方【共感力がアップ】でした。それではSee you arond!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出