3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「I didn’t mean to」の力:意図しない行動を英語で表現する方法

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。今日のトピックは、英語でよく使われる表現の一つ、「I didn’t mean to + 動詞」についてです。この表現をマスターすることで、英語の表現力をさらに高めることができますよ。それでは、この表現の意味と使い方を詳しく見ていきましょう。

 

 

意味

「I didn’t mean to + 動詞」は英語で、「〜するつもりはなかった」という意味のフレーズです。この表現は、何かをしてしまい、その結果が意図していなかった行動や結果を引き起こした時に使われます。誤解を招いたり、誤って何かをしたりした場合に、その行為が意図的ではなかったことを相手に伝えるために用いられます。

このフレーズは、謝罪の文脈でよく使われることがあります。例えば、誰かの気持ちを傷つけてしまったり、物を壊してしまったりした時に、「I didn’t mean to hurt your feelings」(あなたの気持ちを傷つけるつもりはなかった)や「I didn’t mean to break it」(それを壊すつもりはなかった)と言って、その行動が偶発的または無意識のものであったことを示すことができます。

この表現は、自分の行動に対する意図を明確にする際に重要であり、誤解を解消し、関係を修復する手段として役立ちます。

 

 

無料トライアル実施中

使う場面

「I didn’t mean to + 動詞」の表現は、様々な場面で使用されますが、主に以下のような状況で適しています:

1. 誤解を招いたとき

あなたの行動や言葉が誤解を招き、相手を不快にさせた場合に、その意図がなかったことを伝えるために使います。

例:「I didn’t mean to offend you with my joke.」(その冗談であなたを怒らせるつもりはなかった。)

2. 誤って物を壊したとき

物を壊したり、誰かの持ち物に損害を与えたりした時、それが偶発的であったことを説明する際に用います。

例:「I didn’t mean to break your vase.」(あなたの花瓶を壊すつもりはなかった。)

3. 他人の感情を傷つけたとき

誰かの気持ちを傷つけてしまった場合、特にその行為が無意識のうちに起こった場合に、謝罪の意味を込めて使用します。

例:「I didn’t mean to make you feel left out.」(あなたを疎外感を感じさせるつもりはなかった。)

4. 誤解を招くような行動をとったとき

自分の行動が誤解を招く可能性があり、それが意図したものではなかった場合に説明するために使われます。

例:「I didn’t mean to cause any confusion with my comments.」(私のコメントで混乱を招くつもりはありませんでした。)

5. 不注意からの行為

不注意やうっかりして、思わぬ行動をしてしまった場合に、その行為が計画的ではなかったことを伝えます。

例:「I didn’t mean to miss our meeting.」(私たちの会議を逃すつもりはなかった。)

このフレーズを使うことで、誤った行動や発言が意図的ではなかったことを相手に伝え、誤解を解消し、関係を修復する手段として役立てることができます。

 

 

例文

冗談のつもりで言ったことが相手を傷つけてしまい…

マイク
I didn’t mean to heart your feelings.
君を傷つけるつもりはなかったんだ。

 

 

喧嘩で言うつもりでなかったことも言ってしまい…

リョウ
I didn’t mean to say those things.
こんなこと言うつもりじゃなかったんや。

 

 

結果的に相手に迷惑をかけてしまい…

マイク
I didn’t mean to cause you trouble. 
君に迷惑をかけるつもりはなかったんだ。

 

 

深夜2時に帰宅して妻へ…

スタローン
I didn’t mean to stay out too late.
夜遅くまで出かけるつもりはなかったんだ。

 

 

その他例文

  1. 誤解を解消するために:
    • 「I didn’t mean to imply that you were wrong.」
      • (あなたが間違っていると言うつもりはなかった。)
  2. 感情を傷つけた時に:
    • 「I didn’t mean to hurt your feelings when I said that.」
      • (それを言った時、あなたの気持ちを傷つけるつもりはなかった。)
  3. 物を壊したり、失くしたりした時に:
    • 「I didn’t mean to lose your book; I just can’t find it right now.」
      • (あなたの本を失くすつもりはなかったんだけど、今、見つけられないんだ。)
  4. 遅刻や約束を忘れた時に:
    • 「I didn’t mean to be late, but the traffic was terrible.」
      • (遅れるつもりはなかったけど、交通がひどかったんだ。)
  5. 誰かを驚かせた時に:
    • 「I didn’t mean to startle you by coming in so quietly.」
      • (そんなに静かに入ってきて、あなたを驚かせるつもりはなかった。)
  6. 誤って情報を漏らした時に:
    • 「I didn’t mean to reveal the surprise; it just slipped out.」
      • (そのサプライズをばらすつもりはなかったんだ;つい、口から出てしまったんだ。)
  7. 意見や批評を与えた時に:
    • 「I didn’t mean to criticize your work; I was trying to offer constructive feedback.」
      • (あなたの仕事を批判するつもりはなかった;建設的なフィードバックを提供しようとしていたんだ。)
  8. 誰かを無視した時に:
    • 「I didn’t mean to ignore you at the party; I just didn’t see you there.」
      • (パーティーであなたを無視するつもりはなかったんだ;ただ、そこにいるのを見逃していただけだ。)

 

 

返答のバリエーション

「I didn’t mean to + 動詞」に対する返答は、受け取り方や状況に応じて様々です。以下に、理解と受容、許し、さらなる説明を求める、または感情の表現といった異なる反応の例を示します。

理解と受容

  1. それは大丈夫だよ(It’s okay.)
    • 相手が誤った行動や発言を認識していることを受け入れ、問題ないと伝えます。
  2. 気にしないで(Don’t worry about it.)
    • 相手に対して、過ちに対する心配をする必要がないことを伝えます。
  3. わかったよ、問題ない(I understand, no problem.)
    • 相手の立場を理解し、その行為が意図的でなかったことを受け入れます。

許し

  1. 許すよ(I forgive you.)
    • 相手の謝罪を受け入れ、関係を修復する意志があることを示します。
  2. もう大丈夫だよ(It’s all good now.)
    • 事態が解決し、以前の過ちによる影響がなくなったことを伝えます。

さらなる説明を求める

  1. でも、なぜそうしたの?(But, why did you do it?)
    • 相手の行動の動機や理由について、さらなる説明を求めます。
  2. 次は気をつけてね(Just be careful next time.)
    • 相手に対して、将来的に同様の状況を避けるよう促します。

感情の表現

  1. それでも傷ついたよ(It still hurt, though.)
    • 相手の行為が意図的でなかったとしても、感情的な影響があったことを伝えます。
  2. 理解はするけど、時間がかかるかも(I understand, but it might take some time.)
    • 相手の説明を受け入れつつも、完全に許すには時間が必要であることを示します。

これらの返答は、コミュニケーションを促進し、理解を深めるために役立ちます。重要なのは、相手の気持ちを尊重し、開かれた対話を維持することです。

 

 

似た英語表現

「I didn’t mean to + 動詞」に似た表現は、意図しない行為や発言について話す際に役立ちます。以下に、そのような表現と例文、それぞれの和訳と解説を示します。

1. 「It was an accident.」(それは事故だった。)

例文: “I broke the glass, but it was an accident.”

和訳: 「グラスを割ってしまったけど、それは事故だった。」

解説: この表現は、何かが偶発的に起こったと明確にするときに使います。意図的ではない行動の結果として生じた不幸な出来事を指します。

2. 「I had no intention of + 動名詞」(〜する意図はなかった)

例文: “I had no intention of offending you.”

和訳: 「あなたを怒らせる意図はなかった。」

解説: このフレーズは、特定の行動をする意図がなかったことを強調したい場合に使用します。特に、相手に誤解を与えたり、不快な思いをさせたりした時に役立ちます。

3. 「I never meant to + 動詞」(決して〜するつもりはなかった)

例文: “I never meant to make you cry.”

和訳: 「あなたを泣かせるつもりは決してなかった。」

解説: この表現は、「I didn’t mean to + 動詞」と非常に似ていますが、より強い否定を示します。決してそのような結果を意図していなかったという強い表現です。

 

 

関連語彙

I didn’t mean to + 動詞」に関連する英単語やフレーズは、意図しない行動や発言、謝罪、誤解の解消などに関連しています。以下は、そのような状況でよく使われる単語やフレーズのリストです:

  1. Accidental (偶発的な)
    • 何かが計画されていない、偶然に起こったことを示します。
    • 例文:The spill was completely accidental.
    • 和訳:そのこぼれは完全に偶発的なものだった。
  2. Unintended (意図しない)
    • 意図していない結果や影響を指します。
    • 例文:The comment had unintended consequences.
    • 和訳:そのコメントは意図しない結果を招いた。
  3. Apology (謝罪)
    • 誤った行動や言葉に対する謝罪や、遺憾の意を表す行為。
    • 例文:He made an apology for being late.
    • 和訳:彼は遅れたことに対して謝罪した。
  4. Misunderstanding (誤解)
    • 通信または解釈の間違いによって生じる認識の違い。
    • 例文:It was all a big misunderstanding.
    • 和訳:それは全て大きな誤解だった。
  5. Regret (後悔)
    • ある行為をした後に感じる、やり直したいという感情。
    • 例文:I regret saying those things in anger.
    • 和訳:怒りに任せてあのようなことを言ってしまったことを後悔している。
  6. Clarify (明確にする)
    • あいまいさを取り除き、より理解しやすくする行為。
    • 例文:Let me clarify what I meant by that statement.
    • 和訳:その発言によって何を意図していたのか、私から明確にしましょう。
  7. Explain (説明する)
    • 何かを理解しやすくするために詳細を提供する行為。
    • 例文:I need to explain why I was late.
    • 和訳:なぜ遅れたのか説明する必要がある。

 

 

 

 

meanに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”I didn’t mean to + 動詞”の意味とその使い方でした。それでは See you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム