3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

心に残る表現力!「Hurt」の使い方完全マスターガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。「Hurt」は英語でよく使われる単語で、感情や身体に対する損傷や痛みを表現します。この言葉は日常的にさまざまな文脈で使われ、その使い方を理解することはコミュニケーション能力の向上に繋がります。それではまいりましょう。

 

 

hurtの時制(過去形、過去分詞)

“Hurt”の過去形と過去分詞はともに “hurt” です。この単語は不規則動詞に分類され、過去形や過去分詞が元の形と同じです。

例:

  • 現在形: I hurt my knee yesterday.(昨日、私は膝を痛めた。)
  • 過去形: I hurt my knee last week.(先週、私は膝を痛めた。)
  • 過去分詞: My knee was hurt in the accident.(事故で私の膝が傷ついた。)

発音は変わりません。過去形や過去分詞での発音は、基本的に元の形と同じです。

 

 

無料トライアル実施中

1. (身体的な)痛みやきずを与える

なんでいつもストレッチをするのか聞かれて…

マイク
I hurt my back when I was playing basketball.
バスケットをしていたときに背中を痛めたんだ。

 

 

新しく靴を勝手…

リョウ
These shoes hurt (me).
この靴痛いわ。

 

 

怪我をしてしまい妻から…

アイヴァン
Did you hurt yourself?
怪我したの?

 

 

妻と喧嘩になり…

ロバート
Stop it! You’re hurting me.
やめろよ!痛いって。

 

 

1つ目は、能動的に体の一部に傷や痛みを与えるときに”hurt 〜”を使います。直訳的に言うと「〜に傷や痛みを与える」ですが、あくまでもイメージで捉えて例文のように訳すとよいでしょう。

 

 

2. (身体的な)痛みを感じる

頭をぶつけた友人を見て…

ナオミ
That hurts
それ痛いよね。

 

 

目に何か入り…

リョウ
My eyes hurt.
目が痛むよ。

 

 

2つ目は、痛みを感じるときも”hurt”を使えますが、1つ目との違いは直後に目的語を起きませんので自動詞ということになります。なので意味は「〜が痛む」です。

 

 

3. 心を傷つける

別れ際に…

ロバート
I don’t wanna hurt you anymore.
これ以上あなたを傷つけたくないんだ。

 

 

別れた彼女について…

マイク
What hurts me is that she’s liking someone else.
何が傷つくかって彼女が他の人を好きになっていることだね。

 

 

1つ目では、身体的な意味でしたが今回は精神的な痛みを与えるときに使える”hurt”です。なので”hurt”は身体的にも精神的にも両方に使えるということを覚えておきましょう。

 

 

“be hurt”や”get hurt”も覚えておこう

地震があって…

ナオミ
Who got hurt?
誰か怪我したか?

 

 

相手の発言に傷ついて…

マイク
I’m hurt.
(心が)傷ついてるんや。

 

 

動詞”hurt”を過去分詞にして”get hurt”や”be hurt”という形で「怪我をする」や「傷つく」という意味で使うこともよくあります。

 

 

カジュアルに言うなら”be hurting”

妻へ…

ロバート
I can feel that you’re hurting.
君が傷ついているのはわかるよ。

 

 

“be hurting”と現在形にすることで能動的な意味ではなく「(感情的に)傷ついている」という意味で使うこともできます。ただしカジュアルな表現となります。

 

 

4. 悪い影響を与える

部下に…

リョウ
Hard work never hurt anyone.
勤勉なことは誰にも悪い影響を与えないよ。

 

 

最後になりますが、”hurt”は心や体だけでなく状況に対しても使うことができます。その場合の意味は「〜に悪い影響を与える」です。

 

 

woundとinjureとの違い

「Wound(傷つける)」「Injure(傷つける)」「Hurt(傷つける)」は、いずれも傷つけるという意味を持つが、微妙なニュアンスの違いがあります。要約すると、”wound”は主に物理的な深刻な傷つけを指し、「injure」も物理的な傷つけを表現しますが、やや一般的であり、「hurt」は感情的な傷つけや物理的な傷つけの両方を包括しています。

Wound (傷つける)

主に物理的な傷つけや傷を与えることを指します。戦傷や怪我、外傷的なダメージを表現するのに使われます。

例文:”The soldier was wounded in battle.”(その兵士は戦闘で傷ついた。)

Injure (傷つける)

主に物理的な傷つけや損傷を指します。怪我や外傷を与える行為や状態を表現するのに使われますが、比較的一般的な表現です。

例文: “She injured her ankle while hiking.”(彼女はハイキング中に足首を怪我した。)

 

 

同じような表現

Inflict pain

「痛みを与える」

この表現は非常に直接的で、強いインパクトを持っています。感情的な苦しみや痛みを他人に引き起こす場合に使用されます。例えば、”His harsh words inflicted pain on her.”(彼の厳しい言葉が彼女に痛みを与えた。)

Cause harm

「害を与える」

ややフォーマルで普段の会話よりも書き言葉や公的な文脈でよく使われます。物理的なダメージや感情的な傷つきを指すときに利用されます。例えば、”Smoking can cause harm to your health.”(喫煙はあなたの健康に害を与える可能性があります。)

Wound emotionally

「感情的に傷つける」

この表現はやや文学的で、感情的なダメージや傷つきを強調します。通常、深い感情的なつながりや経験に関連する文脈で使用されます。例えば、”The betrayal deeply wounded her emotionally.”(その裏切りは彼女を感情的に深く傷つけた。)

 

 

hurtに関連するイディオム

Cut to the quick

感情や心に深く傷をつけること。通常は言葉や行動が引き起こす感情的なダメージを指します。

例文:”His harsh criticism really cut her to the quick.”(彼の厳しい批判は彼女を本当に傷つけた。)

Add insult to injury

既に困難な状況に対して、さらに非難や侮辱を加えること。状況をさらに悪化させる行為や言葉に言及します。

例文:”After losing his job, his friend’s criticism added insult to injury.”(仕事を失った後、友達の非難が傷に塩を塗るようだった。)

Take it to heart

批判や否定を非常に深く感じる。他人の言動が自分の感情や自尊心に影響を与えることを指します。

例文:”She tends to take criticism to heart, even if it’s constructive.”(彼女は批判を受けると、それが建設的であっても非常に深く受け止めがちだ。)

 

 

関連する語彙

Painful

“The breakup was a painful experience.”(別れは痛ましい経験だった。)

Suffering

“She is silently suffering from the loss.”(彼女は静かにその喪失に苦しんでいる。)

Heartache

“Dealing with heartache is never easy.”(心の痛みに向き合うのは決して簡単ではない。)

 

 

押さえておくべきポイント

  • “Hurt”は感情的な痛みや身体的な傷つきを表現する際に幅広く使用される。
  • 使い方によっては強い表現になるため、文脈に注意が必要。

 

 

 

 

hurtに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。「Hurt」は単なる言葉だけでなく、深い感情や経験を表現する力を持っています。これを理解し、使いこなすことで、より豊かなコミュニケーションが可能となります。感情を正確に伝えるために、「Hurt」を自分の表現の一部として積極的に取り入れてみてください。以上が”hurt”の意味と4つの使い方【心と体そして状況に使えます】でした。それではSee you around.

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム