3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

どうやって行くの? “How are you getting [場所]?”の使い方完全ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

こんにちは、RYO英会話ジムです。「How are you getting [場所]?」というフレーズは、英語の日常会話で頻繁に使われる質問の一つです。この質問は、相手が特定の場所へどのように移動しているか、または移動する予定かを尋ねる時に用いられます。例えば、友人との待ち合わせや、ビジネスミーティングの際に役立つフレーズです。

日常生活での使用例

  1. 友人とのアウトドア活動:友人とハイキングに行く約束をした時、「How are you getting to the trailhead?」と尋ねて、車で行くのか、公共交通機関を利用するのかを確認できます。
  2. ビジネスミーティング:仕事で外部の会議がある場合に、「How are you getting to the office?」と尋ねることで、交通手段を事前に把握し、適切な待ち合わせ場所や時間の調整が可能です。
  3. 社会的イベント:コンサートやスポーツイベントなど、大きなイベントに友人と一緒に行く時に、「How are you getting to the stadium?」と尋ねれば、集合時間や場所の確認がスムーズに行えます。

このように、「How are you getting [場所]?」は、日常の多くのシチュエーションで非常に便利なフレーズです。次のセクションでは、このフレーズの具体的な意味と、異なる状況での使用例を詳しく解説していきます。

 

 

無料トライアル実施中

「”How are you getting [場所]?”」の意味

フレーズの直訳と実際の意味

「How are you getting [場所]?」の直訳は「あなたは[場所]へどうやって行くの?」となります。しかし、このフレーズが単に移動手段を尋ねるだけでなく、より広い文脈で使われることが多いのが英語の特徴です。実際には、相手の計画や準備がどの程度整っているか、または特定の場所への行き方についての詳細やアドバイスを求めている場合も含まれます。

この質問が求める情報

  1. 移動手段の確認:最も基本的な情報として、車、バス、電車、自転車、徒歩など、どのような手段で移動するかを尋ねます。
  2. 出発時間や所要時間の把握:どの程度の時間を移動に費やす予定か、またはいつ出発するのかなど、時間管理に関する情報も含まれることがあります。
  3. 同行者の有無:特にグループでの活動の際には、他に誰が同じ手段で移動するのか、または誰かと待ち合わせをしているかなど、同行者の情報も求められることがあります。
  4. 特別な配慮が必要か:例えば、大きな荷物を持っている場合や、移動手段に制限がある(例: 車椅子使用者)場合など、特別な配慮が必要かどうかの確認もこの質問で行えます。

このように、「How are you getting [場所]?」という質問は、ただの移動手段を尋ねるだけでなく、相手の計画や状況を広く理解するために用いられる便利な表現です。次のセクションでは、このフレーズの具体的な使い方と例文を紹介していきます。

 

 

使い方と例文

「How are you getting [場所]?」というフレーズは、相手の移動手段や計画を尋ねる際に非常に役立ちます。ここでは、異なる交通手段を使った具体的な例文を紹介し、どのように使うかを説明します。

1. 車を使う場合

  • 例文: “How are you getting to the beach this weekend?”
    • : 「今週末、ビーチへはどうやって行くの?」
    • 使用状況: 友人がビーチへのアクセス方法を尋ねる場面で使用します。この質問は、同乗するか、別々に行くかの調整にも役立ちます。

2. バスを使う場合

  • 例文: “How are you getting to the city center?”
    • : 「市街地へはどうやって行くの?」
    • 使用状況: 公共交通機関を利用しての移動方法を尋ねる場面で使います。バスのルートや乗り換えに関する情報を求めることができます。

3. 電車を使う場合

  • 例文: “How are you getting to the office tomorrow?”
    • : 「明日、オフィスにはどうやって行くの?」
    • 使用状況: 通勤や通学の際に電車の利用を尋ねる時に使用します。電車の時間や乗り換え情報の確認に便利です。

4. 自転車を使う場合

  • 例文: “How are you getting to the park?”
    • : 「公園にはどうやって行くの?」
    • 使用状況: レジャー活動で自転車を使う予定の友人に対して、どのルートを取るか尋ねる場面で使います。

5. 徒歩で行く場合

  • 例文: “How are you getting to the restaurant?”
    • : 「レストランにはどうやって行くの?」
    • 使用状況: 徒歩での移動が予想される短距離の場所への移動方法を尋ねる際に使用します。

これらの例文を通じて、「How are you getting [場所]?」というフレーズがどのように使われるかが明確になります。次のセクションでは、この質問をされた時の適切な答え方を紹介します。

 

 

相手からこの質問をされたときの答え方

「How are you getting [場所]?」と聞かれた際の答え方は、状況や相手との関係によって異なります。ここでは、基本的な答え方と、もう少し詳しく情報を提供する方法、そして社交辞令としての使い方を紹介します。

基本的な答え方

  1. 車で行く場合
    • 例文: “I’m driving there.”
    • : 「車で行くよ。」
  2. 公共交通を利用する場合
    • 例文: “I’ll take the bus.”
    • : 「バスで行くよ。」
  3. 徒歩で行く場合
    • 例文: “I’m walking.”
    • : 「歩いて行くよ。」

詳しい情報を提供する方法

  • 例文: “I’m taking the train. I’ll leave at 10 AM and it takes about 30 minutes to get there.”
  • : 「電車で行くよ。10時に出る予定で、そこまで約30分かかるよ。」
  • 解説: 出発時間や所要時間を含めることで、相手が時間を考慮した提案や計画を立てやすくなります。

社交辞令としての使い方

  • 例文: “I’m still figuring it out, but I’ll be there on time.”
  • : 「まだどうするか決めていないけど、時間には間に合わせるよ。」
  • 解説: 移動手段が未定でも、時間通りに到着することを約束する形で答えることができます。これは、具体的な計画がない場合でも礼儀正しく応答する方法です。

これらの答え方は、相手に自分の計画を明確に伝えると同時に、必要に応じて詳細な情報を提供することが可能です。また、社交辞令として使う場合は、相手に対して敬意を表しながらも、具体的な計画がないことを適切に伝えることができます。

 

 

会話例

ルームメイトへ…

ナオミ
I’m going to Tokyo next weekend to see my best friend.
親友に会いに来週末東京に行くだ。
アイヴァン
How are you getting there?
どうやってそこへ行くつもりなの?

 

TOEICの試験会場までどうやっていくか聞きたくて…

ナオミ
How are you getting to the venue?
会場までどうやって行く予定なの?
リョウ
By train.
電車で。

 

パーティーのあと何で帰るか聞きたくて…

マイク
How are you getting home after the party?
パーティーの後どうやって家に帰るの?
アイヴァン
My husband is picking me up.
夫が迎えに来てくれるの。

 

 

文法構造

前置詞toを入れないパターンについて

またgetの後にtoがつかない場合とつく場合がありますが、使い分けは簡単で”home”「家へ」のような副詞になるもの、つまり前置詞toのニュアンスが入っているのでtoは入れる必要がないということになります。以前に「ステイ ホーム」を英語で言うと?でもご紹介していますが同じです。

現在進行形な理由

ご紹介している現在進行形”getting 場所”については今やっていることではなくてすぐ近い未来に起こる予定を伝えるときに使われる進行形です。誰かに呼ばれて”I’m coming”「今行くよ」と伝えるのと同じ使い方ですね。これについては“come”か”go”どっち?英語で「今行くね!」ってなんて言うの?にて詳しく説明しているのでどうぞご覧ください。

 

 

まとめ

「How are you getting [場所]?」というフレーズを使うことには多くのメリットがあり、日常会話での応用も広がります。この質問は単に移動手段を尋ねるだけでなく、相手の計画や事情を理解するための重要なツールとなります。

フレーズを使うことのメリット

  1. コミュニケーションの向上:相手の計画を具体的に理解することで、より効果的なコミュニケーションが可能となります。また、予期せぬ遅延や問題に対する対策も立てやすくなります。
  2. 関係の強化:相手に対する配慮を示すことで、人間関係を深めることができます。友人、同僚、または家族との間で、お互いの事情を気遣うことは、信頼関係を築く上で非常に重要です。
  3. 効率的な計画の支援:集合時間や場所の調整をスムーズに行うことができます。特に、グループでの活動では、各自の移動手段を把握しておくことで、全体のスケジュール調整が容易になります。

日常会話での応用方法

  1. 待ち合わせの確認:友人や家族との外出計画を立てる際に、「How are you getting there?」と尋ねることで、集合場所や時間を具体的に決めることができます。
  2. イベントや会議の準備:大きなイベントやビジネスミーティングの前に、参加者に「How are you getting to the venue?」と尋ねることで、全員が時間に遅れないように確認することが可能です。
  3. 安全確認:特に夜遅い時間や悪天候の中での移動の際に、友人や同僚に「How are you getting home?」と尋ねることで、安全に帰宅できるかどうかを気遣うことができます。

このように、「How are you getting [場所]?」という質問は、日常生活の多くのシチュエーションで有効に機能します。相手の状況を把握し、互いの安全と効率を確保するために積極的に使用してみてください。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”How are you getting 場所”の意味とその使い方でした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム