”hear of 人/こと”の意味とその使い方【使える定番フレーズ】

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちはリョウです。今日は”hear of 人/こと”の意味とその使い方【使える定番フレーズ】についてお話します。中級レベルですが会話では頻発に使うのでぜひ覚えて帰ってください。そしてこの記事を読めば英語力が今日より少しアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

”hear of 人/もの”の意味とその使い方【使える定番フレーズ】

外国人に出身を聞かれて…

リョウ
I’m from Osaka. Have you ever heard of that place?
大阪出身です。その場所は聞いたことがありますか?

 

友人と話していて…

アイヴァン
Have you seen “The Wrong Missy” yet?
「僕のミッシー」もう見た?
リョウ
No, not yet. But I’ve heard of it.
いや、まだ。でも聞いたことはあるよ。

 

ある女優のことについて知っているか聞かれて…

マイク
Who’s she? I have never heard of her.
誰?彼女のことは一度も聞いたことがないよ。

 

いかがでたでしょうか。“hear of 人/こと”は「〜のことを聞く」という意味で、ある人やことについて人から伝え聞いたかを相手に聞くまたは答える際によく使われる英語表現です。例文でもわかる通り現在完了形で疑問文や否定文で使われることが非常に多いです。個人的にはむしろ現在完了形でしか聞いたことがないくらいです。日本語で「〜について聞いたことがある?」や「〜について聞いたことがない」という言いたいときはこのフレーズを使います。

“hear”の時制についてですが過去形と過去分詞は同じ形でどちらも”heard”です。haveが入っていれば現在完了形の過去分詞だということになりますね。

 

 

hearに関連する記事

それでは最後にhearに関連する記事をご紹介しておきます。今後の英語学習にお役立てください。

”I hear you”や”I hear ya”の意味とその使い方

2020年6月15日

“I’ve heard that + (主語 + 動詞)”の意味とその使い方

2019年10月15日

「聞く」”hear”と”listen to”の違いとその使い方

2019年5月22日

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”hear of 人/こと”の意味とその使い方【使える定番フレーズ】でした。それではSee you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。