3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「わざわざ」を英語で表現する:「go out of one’s way」の使い方

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。「go out of one’s way」は、日常会話やビジネスシーンでよく使われるフレーズです。この表現をマスターすると、相手への感謝や尊敬の気持ちを表現する際に役立ちます。では、このフレーズの意味や使い方を一緒に見ていきましょう。それでは、まいりましょう。

 

 

意味

「go out of one’s way」は、「必要以上に」「いつも以上に」「特別に頑張る」という意味を持つ表現で、特に他人を手伝う時や彼らを喜ばせる時に使われます。このフレーズは、日常生活のさまざまなシーンで人々がどのようにして他人のために追加の努力をするかを示す際に有効です。フレーズの後には「〜するために」という目的を示すto不定詞が続くことが一般的で、これは行動の意図や目的を明確にします。

 

 

無料トライアル実施中

使う場面

「go out of one’s way」は日常生活や職場で、誰かを助けるために自分の快適ゾーンを離れて追加の努力を払う行動を指します。この表現は、特定の人が他人の利益のために自己犠牲的な行動をとったことを示す際に特に有効です。例えば、忙しい中で他人のプロジェクトを手伝う、誰かを特別な場所に連れて行くために遠回りをする、または他人の気持ちを考えて特別な配慮をする場合などです。

職場

ある同僚がプロジェクトの締め切りを守ることができるように、自分の通常業務を超えて助ける場合、「He went out of his way to help me finish the project on time.」(彼はプロジェクトを期限内に終えられるように、わざわざ助けてくれた。)と表現することができます。ここで、「to help me finish the project on time」がその行動の目的を示しています。

友情

友人が悪天候の中で外出する必要があるときに、自分の車で送り迎えを提供する場合、「She went out of her way to drive me home in the storm.」(彼女は嵐の中、わざわざ私を家まで送ってくれた。)と言えます。「to drive me home in the storm」は、その特別な行動の理由を説明しています。

家族

家族の誰かが特別な日を迎えているときに、その人を喜ばせるためにサプライズパーティーを企画する場合、「My parents went out of their way to organize a surprise party for my birthday.」(私の誕生日にサプライズパーティーを企画してくれるために、両親はわざわざ努力してくれた。)となります。「to organize a surprise party for my birthday」が彼らがとった行動の目的を示しています。

この表現は、相手に対する深い配慮や、時には自己犠牲を伴う行為を強調します。誰かが「go out of their way」で何かをしてくれたと言われたら、それはその人があなたのために特別な努力をしたという大きな認識と感謝のサインです。このような行動は、人間関係を強化し、感謝の気持ちを深める素晴らしい方法となります。

 

 

例文

妻と友人に誕生日を祝ってもらい友人が…

ナオミ
She went out of her way to cook a really nice meal for you.
彼女あなたに素敵な食事を用意するために特別に頑張ってたわよ。

 

 

彼女の実家に挨拶へ行ったあとに彼女から…

ナオミ
They went out of their way to make you feel welcome.
うちの両親、あなたを歓迎してるのを感じてもらうために期待以上に頑張ってたわ。

 

 

論文の完成に向けて頑張っている教授の助手たちが…

リョウ
We are going out of our way to help him with it.
僕らは教授の論文作成をいつも以上に手伝ってるんです。

 

 

その他例文

  1. 英文: She really went out of her way to make sure I felt welcome.
    • 日本語訳: 彼女は私が歓迎されていると感じるように、本当にわざわざ努力してくれました。
  2. 英文: He went out of his way to help me move to my new apartment.
    • 日本語訳: 彼は私が新しいアパートに引っ越すのを手伝うために、わざわざ努力してくれました。
  3. 英文: They went out of their way to make the party a success.
    • 日本語訳: 彼らはパーティーを成功させるために、わざわざ努力しました。

ビジネスシーンでの使用

ビジネス環境においても、「わざわざ」することは、協調性やチームワークの良さを示す重要な方法です。ここでは、”go out of one’s way” のビジネスでの効果的な使い方をいくつか紹介します。

  • 同僚への助け
    「He really went out of his way to ensure the project was completed on time.」
    (彼はプロジェクトを期限内に完成させるために本当にわざわざしてくれた。)
  • 顧客サービス
    「Our team always goes out of their way to provide exceptional customer service.」
    (私たちのチームは常に顧客に卓越したサービスを提供するためにわざわざしています。)

ビジネスコンテキストでこの表現を使用することで、職場での個人の貢献やチームの取り組みを強調し、プロフェッショナリズムや顧客への配慮を示すことができます。

 

 

返答へのバリエーション

「go out of one’s way」を使った感謝の返答には様々なバリエーションがあります。以下にその例と和訳、解説を示します。

1. Thank you for going out of your way for me.

  • 和訳: 私のためにわざわざしてくれてありがとう。
  • 解説: このフレーズは直接的で、相手が自分のために特別な努力をしてくれたことへの感謝を表現します。非常に一般的で広く使用される表現で、どのような状況でも適切です。

2. I appreciate you going out of your way.

  • 和訳: わざわざしてくれて感謝しています。
  • 解説: こちらも相手の努力に感謝を示す表現ですが、「Thank you」よりもややフォーマルなニュアンスがあります。「appreciate」は深い感謝の意を含むため、相手の行動が自分にとってどれほど価値があったかを強調します。

3. It means a lot to me that you went out of your way.

  • 和訳: わざわざしてくれたこと、本当に大きな意味があります。
  • 解説: この表現は、相手の行動が自分にとってどれだけ重要だったか、そして深く感動したことを示します。このフレーズは感謝の気持ちを伝えるだけでなく、相手の行為が自分にとって非常に特別であったことを強調します。

これらのバリエーションは、相手が自分のために余計な努力をしてくれたことに対する感謝を表現する際に、選択肢として使うことができます。文脈や関係の深さに応じて、最も適切な表現を選ぶことが大切です。これらのフレーズを使うことで、相手への深い感謝と評価を伝えることができます。

 

 

実践的な練習問題

あなたの友人が困っているときに、どのようにして「go out of one’s way」を使って助けの申し出をしますか?英文で答えを書いてみましょう。

  1. 友人が引っ越しで困っている場合:
    • 英文: “I know you’re stressed about moving out. I’ll go out of my way this weekend to help you pack and move. Just let me know what time works best for you.”
    • 訳: 「引っ越しでストレスを感じていること知ってるよ。今週末、君の荷造りと引っ越しを手伝うためにわざわざ時間を作るよ。都合のいい時間を教えてね。」
  2. 友人が仕事で大量の作業に追われている場合:
    • 英文: “I heard you’re overwhelmed with the project workload. If you need, I can go out of my way to assist you with the research or paperwork after my work hours.”
    • 訳: 「プロジェクトの仕事量で圧倒されていると聞いたよ。必要なら、仕事の後の時間を使って、研究や書類作成の手伝いをするためにわざわざ努力するよ。」
  3. 友人が車が故障して移動できない場合:
    • 英文: “I understand your car is broken down and it’s difficult for you to get around. Don’t hesitate to ask me if you need a ride somewhere. I’m willing to go out of my way to make sure you’re not stranded.”
    • 訳: 「車が故障して移動が難しい状態だと分かってる。どこかに行く必要があれば、遠慮せずに私に頼んでね。君が立ち往生しないように、わざわざ努力するつもりだよ。」

これらの例文は、友人が困っている時にどのようにして「go out of one’s way」を用いて支援を申し出るかを示しています。この表現を使うことで、あなたの助けが単なる親切を超え、特別な努力や配慮を伴うことを相手に伝えることができます。

 

 

「make an effort」との違い

“go out of one’s way”

英語で「わざわざ」というニュアンスを表現する際に非常によく使われるのが “go out of one’s way” です。このフレーズは、文字通りには「自分の道を外れる」という意味ですが、誰かのために追加の努力をする、普段とは異なる行動をとることを表します。たとえば、忙しい中でも他人のために時間を割いたり、普段通らない道を選んで誰かを助けたりする場合に使います。この表現は、その行為がいかに自己犠牲的であるかを強調し、行動を起こした人の親切さや寛大さを讃える場面で頻繁に登場します。

“make an effort”

一方、”make an effort” は「努力する」という意味で、何か特定の目標や結果を達成するために意識的に努力をすることを指します。この表現は、誰かのためというよりは、個人的な目標や課題に対する取り組みを示す際に使用されます。例えば、試験の勉強をする、健康のために運動するなど、自己改善の文脈でよく使われます。

使い分け

これらの表現の使い分けは、行動の動機や目的に大きく依存します。”go out of one’s way” は他者へのサービスや親切が目立つ場合に適しており、特に相手への思いやりを表現したいときに効果的です。一方で “make an effort” は、個人的な成長や目標達成に焦点を当てた状況で使用するのが一般的です。

 

 

似たような表現

1. Bend over backwards

  • 例文: He bent over backwards to ensure the project was completed on time.
  • 和訳: 彼はプロジェクトが期限内に完成するように、非常に一生懸命努力した。
  • 解説: 「bend over backwards」は、文字通りには「後ろに反る」を意味しますが、比喩的には「非常に一生懸命努力する」、特に他人を助けるために、という意味で使われます。この表現は、通常、相手の期待を超えるために自分自身を非常に頑張らせる様子を示します。

2. Go the extra mile

  • 例文: She always goes the extra mile for her clients, ensuring their satisfaction.
  • 和訳: 彼女はいつもクライアントのために余計な一歩を踏み出し、彼らの満足を保証する。
  • 解説: 「go the extra mile」は、期待されていること以上に努力することを意味します。このフレーズは、特にサービス業や顧客サポートの文脈でよく使用され、顧客の期待を超えるサービスを提供する意志を示します。

3. Put oneself out

  • 例文: She really put herself out to help us move house.
  • 和訳: 彼女は本当に私たちが引っ越すのを手伝うために、不便や迷惑を顧みずに行動した。
  • 解説: 「put oneself out」は、他人のために何かをする際に、自分自身に不便や迷惑をかけることを意味します。この表現は、自己犠牲的な行動や、他人を助けるために個人的な不便を受け入れる態度を強調します。

 

 

関連する語彙

1. Above and beyond

  • 例文: His work on the project went above and beyond what was required.
  • 和訳: 彼のプロジェクトにおける仕事は、求められていたことをはるかに超えていた。
  • 解説: 「above and beyond」は、期待や要求を大幅に超える行動や成果を指します。このフレーズは、特別な努力や成果を認識し、評価する際に使用されます。

2. Out of the kindness of one’s heart

  • 例文: She offered to help out of the kindness of her heart.
  • 和訳: 彼女は純粋な親切心から助けを申し出た。
  • 解説: 「out of the kindness of one’s heart」は、利害関係や報酬を期待せずに、純粋な親切から行動することを示します。この表現は、行為の動機が自己利益ではなく、他人への思いやりに基づいていることを強調します。

3. To spare no effort

  • 例文: The team spared no effort in their attempt to win the championship.
  • 和訳: チームは選手権を勝ち取るために、努力を惜しまなかった。
  • 解説: 「to spare no effort」は、目標を達成するために可能な限りの全ての努力をすることを意味します。このフレーズは、目標に対する強いコミットメントや、成功のために全力を尽くす意志を示します。

 

 

注意点

「go out of one’s way」を使う際に注意すべきポイントは、主に二つあります。まず、この表現は基本的に肯定的な状況や文脈で使用され、他人への親切や追加の努力を説明する際に適しています。もし否定的な文脈で使用された場合、その使い方は不自然であり、意図したメッセージが正しく伝わらない恐れがあります。

肯定的な文脈の重要性

「go out of one’s way」は、誰かが他人のために特別なことをしたり、追加の努力をしたりする場合に使います。例えば、誰かがあなたのために時間を割いたり、通常は求められないようなサポートを提供したりした場合にこの表現を使います。このフレーズを否定的な行動を示すために使用すると、メッセージが混乱する原因となり、聞き手に誤解を与えかねません。

自己の行動の説明と謙虚さ

自分自身の行動を「go out of one’s way」として説明する際には、特に謙虚さを保つことが求められます。自己称賛のように聞こえないよう、自分がしたことを話す際には控えめな表現を使用すると良いでしょう。例えば、「I just wanted to help」と付け加えることで、自分の行動が相手のためだったことを強調しつつ、自己中心的に見えるのを避けることができます。

実用的なアドバイス

  • ポジティブな文脈で使用する: 「go out of one’s way」を肯定的なシチュエーションで使用し、他人のために行った追加の努力や親切を強調しましょう。
  • 否定的な文脈での使用を避ける: このフレーズを批判や否定的な行動を示すために使うのは避けてください。混乱を招く可能性があります。
  • 自己の行動を謙虚に説明する: 自分が他人のために努力したことを話す際には、謙虚さを忘れずに。自己の行為を自慢するのではなく、相手への思いやりを前面に出すことが重要です。

これらの点に注意することで、「go out of one’s way」という表現をより適切に、そして効果的に使用することができるでしょう。

 

 

 

 

「努力する」に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「go out of one’s way」は、他人への深い思いやりを表現するための強力なツールです。この表現を使いこなし、周囲の人々との絆を深めましょう。以上が”go out of one’s way”の意味とその使い方でした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム