3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

英語で「〜してほしい?」を伝える方法:「Do you want me to + 動詞?」の完全ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。日常生活でよく耳にするフレーズ「Do you want me to + 動詞?」は、英語圏でのコミュニケーションにおいて非常に便利です。相手に何かをしてほしいかどうかを尋ねる際に使うこの表現は、礼儀正しく、かつ明確な意思疎通を図るのに役立ちます。それではまいりましょう。

 

 

意味

このフレーズは、「私に〜してほしいですか?」という意味を持ちます。ここでの「Do you want me to」は、相手に対してある行動をとることを提案しており、その後に続く動詞がその行動を具体化します。この表現は、相手の意向を尊重しつつ、自分が何かをする意思があることを伝えるために使用されます。

 

 

無料トライアル実施中

使う場面

この表現は、さまざまな日常的なシチュエーションで活用できます。主に、以下のような場面で使われます:

助けを提供する時

相手が何か困っているように見える時、助けを申し出たいと思った時に使います。

「Do you want me to help you with your homework?」(宿題を手伝ってほしいですか?)

意見や行動を求められた時

相手が自分に何かをしてほしいと暗示しているが、直接言ってこない時に、自ら行動を提案するために使います。

「Do you want me to give you some advice on this?」(これについて何かアドバイスしてほしいですか?)

共同作業やプロジェクトで

どのように貢献するかを相手と決める時に、自分の行動提案をするために使用します。

「Do you want me to take care of the presentation?」(プレゼンテーションの担当を私にしてほしいですか?)

礼儀を示す時

相手の許可や同意を得たい時に、この表現を使って尊重を示します。

「Do you want me to wait outside?」(外で待っていてほしいですか?)

 

 

例文

自転車に勤める友人が…

マイク
Do you want me to fix your flat tire?
パンクしたタイヤを修理しようか?

 

 

妻へ…

リョウ
Do you want me to pick up the kids?
子供を迎えに行こうか?

 

 

息子へ…

ロバート
Do you want me to help you with English homework?
英語の宿題を手伝おうか?

 

 

娘に…

リョウ
I want you to water the flower.
花に水をやってもらいたいんだけど。

 

 

その他例文

  1. 「Do you want me to help you with your homework?」(宿題を手伝ってほしい?)
  2. 「Do you want me to make dinner tonight?」(今夜の夕食を作ってほしい?)
  3. 「Do you want me to turn off the lights?」(電気を消してほしい?)

 

 

返答のバリエーション

「Do you want me to + 動詞?」という質問に対する返答は、状況や相手との関係、そして何よりもその提案がどれほど受け入れられるかによって異なります。以下は、この質問に対する一般的な返答のバリエーションとその解説です。

1. 「Yes, please.」(はい、お願いします。)

この返答は、提案された行動や助けを喜んで受け入れたいときに使います。簡潔で礼儀正しい表現であり、相手の提案に対して肯定的な姿勢を示しています。このフレーズは、相手の申し出を明確に受け入れ、感謝の意を表す際に有効です。

2. 「No, thanks.」(いいえ、結構です。)

この返答は、提案された行動や助けが必要ない、または望まない場合に適しています。”No”で始まるこの表現は拒否を意味しますが、後に続く”thanks”で礼儀を保っています。このバランスの取れた返答は、相手の申し出を丁寧に断りつつ、その親切に感謝を示します。

3. 「That would be great, thank you.」(それは素晴らしい、ありがとう。)

この返答は、提案された行動を非常に肯定的に受け入れる場合に使われます。”That would be great”は、提案に対する強い賛同と期待を示し、”thank you”で感謝の気持ちを表現しています。この表現は、相手の提案が自分にとって有益であることを強調し、相手に対する感謝と敬意を示します。

 

 

“What do you want me to say?”

喧嘩で…

マイク
Okay, I’m wrong. Sorry. What do you want me to say?
わかった、俺が悪かった。ごめん。これ以上言うことないわ。

 

 

「What do you want me to say?」というフレーズは、直訳すると「あなたは私に何と言ってほしいのですか?」となりますが、実際の使用場面では、その意味合いはもう少し複雑です。この質問は、謝罪した後、さらに何を言えば相手が納得するのか、自分の言葉が相手にどのように影響を与えるかを知りたいときに使われることがあります。また、自分が既に謝罪や説明をしたにも関わらず、相手がまだ不満を持っているように見える時に、何を期待しているのかを問い質す際にも使用されます。

このフレーズには、以下のようなニュアンスが含まれることがあります:

  1. 相手の期待を理解しようとする姿勢:自分の行った謝罪が十分ではなかったか、または相手が何を聞きたいかを理解しようとする意志の表れです。
  2. 挑戦的な態度:場合によっては、この質問が挑戦的、あるいは防御的に取られることがあります。「私に何を言えば満足するの?」という感じで、相手との間に緊張がある時に出ることもあります。
  3. 対話を求める:相手との間に誤解があると感じた時や、もう一歩踏み込んだ対話を求める時に使われることもあります。

この表現を使う際には、その場の雰囲気や相手との関係性、そして自分の言葉がどのように受け取られるかを考慮することが大切です。相手に対して敬意を払い、対話を通じて理解を深めたいという意志を示すことが、このフレーズをポジティブに使うカギとなります。

 

 

実践的な練習問題

友達が引越しの準備をしているとします。どのような「Do you want me to + 動詞?」のフレーズを使うことができるか、3つ考えてみましょう。

  1. 荷造りを手伝う提案
    • 「Do you want me to help you pack your boxes?」
    • 和訳:「荷造りを手伝ってほしいですか?」
  2. 重い物を運ぶ申し出
    • 「Do you want me to carry the heavy furniture for you?」
    • 和訳:「重たい家具を運んでほしいですか?」
  3. 不要品の処分に関する助言を求める
    • 「Do you want me to suggest what to do with the items you no longer need?」
    • 和訳:「不要なものをどう処理するか、提案してほしいですか?」

 

 

似た英語表現

「Shall I + 動詞?」

  • 例文:「Shall I open the window?」
  • 和訳:「窓を開けましょうか?」
  • 解説:この表現は、提案や助けを申し出る際に使用されますが、「Do you want me to + 動詞?」よりもややフォーマルなニュアンスがあります。自分が行動を起こすことを相手に提案しており、相手の同意を求めています。日常会話やビジネスシーンで幅広く使用できる礼儀正しい表現です。

2. 「Would you like me to + 動詞?」

  • 例文:「Would you like me to make some tea?」
  • 和訳:「お茶を入れましょうか?」
  • 解説:この表現は、「Do you want me to + 動詞?」と同様に、相手に何かをしてほしいかどうかを尋ねますが、より丁寧なニュアンスを持っています。「Would you like me to」は、相手の欲求や好みに焦点を当てた優しい申し出であり、友人や同僚、顧客など、さまざまな関係性の中で使うことができます。

3. 「Can I + 動詞?」

  • 例文:「Can I help you with that?」
  • 和訳:「それを手伝ってもいいですか?」
  • 解説:この質問は、直接的な申し出や許可を求める際に使用され、自分が何かをする能力や可能性について相手に尋ねます。これは非常に実用的な表現であり、日常生活の中で相手が何かに苦労しているように見える時に特に有効です。このフレーズは、相手に対する配慮を示しつつ、助けを提供する意欲を伝えます。

 

 

関連語彙

1. Assist (手伝う、支援する)

  • 例文:「Can I assist you with your project?」
  • 和訳:「プロジェクトのお手伝いをさせていただけますか?」
  • 解説:「Assist」は、特定のタスクやプロジェクトで支援を提供することを意味します。この動詞は、「help」のよりフォーマルな同義語として使用され、ビジネスシーンなどで好まれます。

2. Suggest (提案する)

  • 例文:「Do you want me to suggest some alternatives?」
  • 和訳:「代替案をいくつか提案しましょうか?」
  • 解説:「Suggest」は、アイデアや選択肢を提案する際に用いられます。この動詞は、相手に選択肢を提供し、決定をサポートする意図がある場合に便利です。

3. Offer (申し出る)

  • 例文:「Shall I offer some help with that?」
  • 和訳:「それに関して、お手伝いを申し出ましょうか?」
  • 解説:「Offer」は、何かを自発的に提供する意志を示す際に使用されます。この語は、相手が必要としているかもしれない助けやサービスを提供する意向を表します。

4. Volunteer (ボランティアする、自ら進んで行う)

  • 例文:「Do you want me to volunteer for this task?」
  • 和訳:「このタスクを自ら進んで引き受けましょうか?」
  • 解説:「Volunteer」は、自発的に任務や活動に参加する意向を示す際に使われます。この語は、特にコミュニティーの活動やチームプロジェクトでの参加意欲を表現するのに適しています。

 

 

 

 

wantに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。最後に、この記事が「Do you want me to + 動詞?」を理解し、使いこなすための助けになったことを願っています。英語の学習は無限に続く旅ですが、このような具体的なフレーズをマスターすることで、コミュニケーション能力を大きく向上させることができます。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム