”breadwinner”の意味とその使い方【生計を立てる人へ】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”breadwinner”の意味とその使い方【生計を立てる人へ】についてお話します。この記事を読めば今日よりさらに英語力が少しアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

”breadwinner”の意味とその使い方【生計を立てる人へ】

両親が病気がちだと言う外国人の同僚と話していて…

ウィル
So, I’ve been the breadwinner for my family.
だから、僕が一家の大黒柱なんだ。

 

同僚の既婚女性が生計についてとても詳しく話していて…

ナオミ
Hold on, who’s the breadwinner in your family?
君の家族では誰が一家の大黒柱なの?
アイヴァン
Actually, I’m the main breadwinner.
実は、私なの。

 

将来家族を持つかどうかの話を友人としていて…

リョウ
Why should man be the breadwinner in a family?
なんで男が一家の大黒柱にならないといけないのかな?

 

いかがでしたでしょうか。breadwinnerもしくはbread-winnerで「一家の大黒柱」という意味です。またmainやsoleを置いてmain/sole breadwinnerと表現することもあります。家族の中で、生活するために必要なお金を稼ぐ人のことを言います。文で使う際は冠詞theを使いましょう。なぜなら家族の中で唯一の存在となるからですね。

日本でも女性がよりキャリア志向になってきたことで専業主婦という言葉もどこか古く感じるのではないかと思います。さらに主夫という言葉も聞くようになりましたね。海外になると女性の方が完全に一家を支える割合が多かったりする国もあります。そんなときにbreadwinnerという単語を知っていると役に立ちますね。

 

 

関連する英単語

  1. earn「稼ぐ」
  2. support「支える」
  3. living, livelihood「生活」
  4. pay the bills「生活するために一所懸命働く」

4番目はイディオム表現となります。

 

 

仕事に関連する記事

知らないとヤバイ”job”と”work”、”task”の違いと使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が”breadwinner”の意味とその使い方【生計を立てる人へ】でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出