”borrow”や”use”、”lend”そして”loan”の違いとその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”borrow”と”use”、”lend”、”loan”の違いとその使い方についてお話します。この記事を読めば、英語感覚がさらにアップします。それでは、まいりましょう。

 

 

1. borrow

友人へ…

スタローン
Can I borrow your bicycle?
君の自転車を借りていいかい?

 

友人へ…

マイク
I borrowed 10 dollars from my Ryo.
リョウから10ドル借りたんだ。

 

ある一定期間、「(ものやお金)を借りる」ときに使います。使われる文の形は”borrow something”と”borrow something from someone”の2パターンで、“borrow”の直後には物やお金がくることを意識しておきましょう。なので“Can you borrow me a pen?”とは言いません。また、 利子が発生する銀行などの場合でも”borrow”を使うことができます。

ビジネスパートナーへ…

リョウ
I borrowed some money from a bank.
銀行からいくらかお金を借りました。

 

 

2. use

店員さんへ…

ナオミ
Can I use your bathroom?
トイレをおかりしてもいいですか?

 

「利用する」という意味の”use”は例文のように「かりる」という意味でも使うことができます。では”borrow”と何が違うかというと“borrow”は「移動できるもの」に対して使い“use”は「移動できないもの」に対して使います。なので、“use”は家やレストランにあるトイレや固定電話に使われるのが一般的です。また“borrow”は返却のニュアンスを持つので返すことが前提になります。

 

 

3. lend

同僚へ…

ナオミ
Yesterday I lent my favorite coat to Ivan.
昨日アイヴァンにお気に入りのコートを貸したんだ。

 

姉へ…

アイヴァン
Can you lend me your comb for a minute?
クシを貸してくれる?

 

一方”borrow”の反対で”lend”はある一定期間「(もの、お金を)貸す」という意味です。覚えておきたい文のパターンが“lend something to someone”と”lend someone something”です。こちらも利子が発生する銀行などの場合でも”lend”を使うことができます。

ビジネスパートナーへ…

リョウ
Do you think the bank can lend more money to me?
銀行は僕にもっとお金を貸してくれるかな?

 

“give”の意味で使うこともあるよ

引越しをしていて…

マイク
Lend me a hand, please.
手伝ってください。

 

“help”のイディオム表現で”give me a hand”というのがありますが、”give”の代わりに”lend”を使うこともできます。

 

 

“borrow”と”lend”を簡単に使い分ける魔法

リョウ
Will you borrow me a pencil?
ペンを私に貸してくれますか?

 

上の例文のようによく間違えることがあります。違いを知ったところですぐに使い分けられるわけではなく、たまに混乱することってやっぱりありますよね。僕が混乱せずに使い分けている方法があるんですが、“borrow”は「”take”をイメージ」して“lend”は”「”give”をイメージ」することを心がけています。

 

 

3. loan

デートへ行く友人へ…

ナオミ
I’ll loan you my car.
車を貸してあげるよ。

 

お金を貸してほしいと言われて…

マイク
I can’t afford to loan you any money now.
今は君にお金を貸してる余裕なんてないんだ。

 

“lend”と同じ意味で同じ使うことができる”loan”ですが、使用はアメリカのみとなっています。ただポイントはアメリカでは”loan”を動詞で“lend”と同じように使うことです。なのでイギリスで”lend”と同じように使うと間違った英語として解釈される可能性があります。

 

 

 

名詞は一般的だよ

なんでローン組んでいるのか聞かれて…

リョウ
I had to take out a loan to buy a new car.
新しい車を買うのにローンを組む必要があったんだ。

 

名詞だと「ローン、貸すこと」という意味です。動詞の場合だとアメリカでよく使われますが、名詞の場合”loan”を使うのはイギリスでもアメリカでも一般的です。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

関連する記事

ネイティブは知っている”bring”と”take”の違いとその使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が、”borrow”と”use”、”lend”、”loan”の違いとその使い方についてでした。それでは、See you around!

アウトプット専門オンラインスクール
無料トライアル実施中

99%の人が知らない「英会話の成功法則」で効率的に伸ばせます。お気軽に無料トライアルからお試しください

こんな方へ
・教材の読み合わせに飽きた
・他の英会話スクールでは成長感がない
・なんとなくの英語学習から抜け出したい
・抽象的なことしか言えない
・会議で瞬時に思ったことを言えない
・言いたいことがなかなか伝わらない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界ぶっちぎりのアウトプット
・発言内容の見える化x添削
・寄り添うパーソナルコーチング
・質の高い講師陣

今なら体験レッスンと合わせて無料コンサルテーションも(フィードバックメール付き)ご提供中!

最短で英語が話せる
スピーキング短期集中プラン

到達可能なレベルにフルコミットして最短50日〜最長6ヶ月で最も効率的に成長をフルサポートします

こんな方へ
・英語の伸び悩みを感じている
・TOEICは高得点でも話せない
・仕事でどうしても使う必要がある
・仕事で思うように英語が使えない
・独学の学習では限界を感じている

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・発言内容の見える化 X 添削
・専属の講師とコンサルタント
・レベルに合わせたカリキュラム作成
・課題と目標がわかるスピーキングテスト
・定期的なコンサルテーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクール
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出

/公式SNS/
 Youtube   Instagram   Twitter