【2021年2月ご入会の生徒様紹介】長いブランクがありましたがTOEFLや留学を考えています

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。今日は2020年2月にご入会いただいた生徒さんのご紹介をいたします。この記事を読めばどういった経緯で「実践トレーニング」が必要になったのかがわかるようになります。それでは、まいりましょう。

 

 

アンリさん

ご利用プラン

セミ短期集中プラン

アンリさんは直接的にアウトプット型のオンラインスクールを探していてRYO英会話ジムにご入会いただきました。英語学習については、高校生以来英語には触れる機会はなく長いブランクがありましたが、独学でシャードイングやヒアリングマラソンをやったりして英語学習を楽しんでいます。今回英語学習をするきっかけとなったのは近い将来TOEFULを受験したいと思ったからです。日常で英語を使うことはありませんが、留学も考えています。

体験レッスンでの内容を拝見させていただいたところ 間違いはありながらも、自然なコミニケーションを行うことができるレベルはあると見受けられます。 RYO英会話ジムのレベル表で(一般向けでは最高がステージ10のうち)ステージ4に相当します。
今後直近の強化ポイント
  • 文法
  • 語彙力
  • ロジカル
  • 自己主張
  • 関係構築
  • 傾聴力

参照:レベル表

推奨目標ステージ
ステージ10: 会話全体がとてもスムーズで相手を配慮しながら、積極的に自己主張して相手を最大限理解するために共感したり積極的に耳を傾けることができる
体験レッスン担当講師からのフィードバック
– good listening skills
– good pronunciation
– lack of organization – I suggest long speeches and discussion
– she uses words appropriately
However, she misunderstood the first question. she answered last job not first job.
she needs to improve on sentence construction though uses appropriate words
カウンセラーからのアドバイス

体験レッスンを拝見させていただきましたところ、長いブランクがあるものの基礎力は高く、表現力も豊富であります。レベルについては、コンサルテーションでベーシックと判断しておりましたが、中級でも十分対応可能です。課題点としては、時制のミスがやや多めで、また不自然な言い回しが残るので、その辺りを添削で改善していくとよいです。合わせてディスカッションやデベート、ロールプレイなどよりインタラクティなトレーニングをすることで英語でのコミュニケーション力を向上してビジネスで通用する英語力になっていくでしょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が2021年2月にご入会いただいた生徒さんのご紹介でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出