【2020年11月ご入会生徒様ご紹介】会社の会議で数回英語を話さないといけません

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。今日は2020年11月にご入会いただいた生徒さんのご紹介をいたします。この記事を読めばどういった経緯で「実践トレーニング」が必要になったのかがわかるようになります。それでは、まいりましょう。

 

 

ミナベさん

ご利用プラン

週1回50分

ミナベさんはYoutubeで当スクールを知っていただき最終的にご入会いただきまいた。以前別のオンラインスクールを1年ほどやっていましたがお仕事の影響で一旦ストップしていました。現在会社で月に数回程度会議で英語を使う機会があり、話す際に込み入った会話になるとなかなか英語がでてこないことに悩みを感じておりました。また文が長くなると途中から聞き取れなくなる傾向もあります。今後のミナベさんの目標は仕事で英語をスムーズに使えるようになることです。

体験レッスンでの内容を拝見させていただいたところ、間違いはありながらも問題なくコミニケーションを行うことができるレベルはあると見受けられます。RYO英会話ジムのレベル表で(一般向け10段階中)ステージ4に相当します。
今後直近の強化ポイント
  • ロジカル力
  • 自己主張力
  • 傾聴力
  • 関係構築力

参照: レベル表

推奨目標ステージ

ステージ10: 会話全体がとてもスムーズで相手を配慮しながら、積極的に自己主張して相手を最大限理解するために共感したり積極的に耳を傾けることができる

体験レッスン担当講師からのフィードバック
Jiro wants to improve basically for his work.
He can already speak English well and confidently but still needs to improve on the following:
– grammar
– vocabularies
– expressions and phrases
– business English
カウンセラーからのアドバイス

問題なく積極的に発話できており、流暢性も問題ない様子です。改善点としては正しい文法を反射レベルで使いこなせること、また自然な言い回しや相手に伝わりやすい表現を身につけることが今度の課題となってきます。まずは発話量にフォーカスしたトレーニングを積みながら間違えやすい傾向や不自然な表現などを把握するところから始めるとよいかと思います。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が2020年11月にご入会いただいた生徒さんのご紹介でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出