3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

英語の「自動詞」と「他動詞」って何?簡単に理解できる見分け方ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

英語を学ぶ際に、文法や語彙の知識はもちろん重要ですが、動詞の使い方を正しく理解することも非常に大切です。特に、「自動詞」と「他動詞」の区別は、正確な英文を作るための基本です。しかし、多くの英語学習者がこの違いを理解するのに苦労しています。

英語学習者にとっての「自動詞」と「他動詞」の重要性

「自動詞」と「他動詞」の違いを理解することは、英語の文章を正確に組み立てる上で欠かせません。なぜなら、自動詞は目的語を必要とせず、他動詞は必ず目的語を伴います。この区別ができると、文法的に正しい文章を作成できるだけでなく、より自然で流暢な英語を話すことができます。

例えば、以下のようなケースがあります。
  • 自動詞: The baby cries. (赤ちゃんが泣く。)
  • 他動詞: She loves ice cream. (彼女はアイスクリームが好きだ。)

このように、動詞の種類によって文の構造が異なるため、適切に使い分けることが求められます。

この記事の目的

この記事では、英語の「自動詞」と「他動詞」の違いをわかりやすく解説します。具体的には、自動詞と他動詞の定義、特徴、見分け方、そしてそれぞれの使い方について詳しく説明します。また、よく使われる自動詞と他動詞の例を挙げ、読者が実際に英語の文章を作成する際に役立つ情報を提供します。

さらに、この記事を通じて、英語学習者が自動詞と他動詞の違いをしっかりと理解し、自信を持って英語を使えるようになることを目指します。練習問題やFAQセクションも用意しているので、学んだことを確認し、理解を深める手助けになります。

英語の動詞の使い方に関する基本的な知識を身につけ、より自然で正確な英語を話せるように、一緒に学んでいきましょう。

 

 

無料トライアル実施中

自動詞とは?

自動詞の定義

自動詞(intransitive verb)は、文中で目的語を必要としない動詞のことを指します。つまり、動作や状態が主語だけで完結する動詞です。自動詞は主に主語の行動や状態を説明する役割を果たします。

自動詞の特徴

自動詞にはいくつかの特徴があります:

  • 目的語がない: 自動詞は目的語を伴わないため、動作が主語だけで完結します。
  • 前置詞を伴うことが多い: 自動詞の後には前置詞が続くことがあり、その前置詞が動詞の意味を補足します。
  • 動作や状態の説明: 主に主語の行動や状態を表します。

例文付きで説明

いくつかの自動詞の例と、それを使った例文を見てみましょう。

  1. arrive(到着する)
    • The train arrived on time.
    • (その電車は時間通りに到着しました。)
  2. sleep(眠る)
    • The baby slept peacefully.
    • (赤ちゃんは穏やかに眠りました。)
  3. run(走る)
    • She runs every morning.
    • (彼女は毎朝走ります。)
  4. fall(落ちる)
    • The leaves fell from the tree.
    • (葉が木から落ちました。)

これらの例では、動詞の後に目的語が存在せず、動作が主語だけで完結していることがわかります。これが自動詞の特徴です。

次に、他動詞について詳しく見ていきましょう。

 

 

他動詞とは?

他動詞の定義

他動詞(transitive verb)は、文中で必ず目的語を必要とする動詞のことを指します。つまり、他動詞は動作の対象(目的語)を伴わないと意味が成立しません。目的語は動作の受け手となり、動詞の意味を完結させます。

他動詞の特徴

他動詞には以下の特徴があります:

  • 目的語が必要: 他動詞は必ず目的語を伴い、動作の対象を明確にします。
  • 動作の対象を説明: 動詞が何をしたのか、または誰に対して行ったのかを示します。
  • 直接目的語: 他動詞の後には直接目的語が続きます。

例文付きで説明

いくつかの他動詞の例と、それを使った例文を見てみましょう。

  1. eat(食べる)
    • She eats an apple every morning.
    • (彼女は毎朝リンゴを食べます。)
  2. make(作る)
    • He made a cake for her birthday.
    • (彼は彼女の誕生日にケーキを作りました。)
  3. read(読む)
    • They read a book together.
    • (彼らは一緒に本を読みます。)
  4. write(書く)
    • She wrote a letter to her friend.
    • (彼女は友達に手紙を書きました。)

これらの例では、動詞の後に目的語(apple, cake, book, letter)が存在し、動作の対象を明確にしています。これが他動詞の特徴です。

次に、自動詞と他動詞の見分け方について詳しく説明していきましょう。

 

 

自動詞と他動詞の見分け方

目的語の有無で見分ける方法

自動詞と他動詞を見分ける最も簡単な方法は、目的語の有無を確認することです。

  • 自動詞: 目的語を必要としない動詞。動作が主語だけで完結する。
    • 例: The sun rises.(太陽が昇る。)
  • 他動詞: 目的語を必要とする動詞。動作の対象が存在する。
    • 例: She reads a book.(彼女は本を読む。)

文の構造で見分ける方法

文の構造を確認することでも、自動詞と他動詞を見分けることができます。以下の点に注目してください。

  • 自動詞の文構造: 主語 + 自動詞 (+ 修飾語)
    • 例: He slept peacefully.(彼は穏やかに眠った。)
  • 他動詞の文構造: 主語 + 他動詞 + 目的語 (+ 修飾語)
    • 例: She bought a new dress.(彼女は新しいドレスを買った。)

よく使われる自動詞と他動詞の一覧

以下に、自動詞と他動詞のよく使われる動詞を一覧にまとめました。

自動詞(Intransitive Verbs)

  1. arrive(到着する)
    • The train arrived at 6 PM.
      (その電車は午後6時に到着しました。)
  2. sleep(眠る)
    • The baby slept well.
      (赤ちゃんはよく眠りました。)
  3. run(走る)
    • He runs fast.
      (彼は速く走る。)
  4. fall(落ちる)
    • The leaves fell from the tree.
      (葉が木から落ちました。)

他動詞(Transitive Verbs)

  1. eat(食べる)
    • She eats an apple.
      (彼女はリンゴを食べます。)
  2. make(作る)
    • He made a cake.
      (彼はケーキを作りました。)
  3. read(読む)
    • They read a book.
      (彼らは本を読みます。)
  4. write(書く)
    • She wrote a letter.
      (彼女は手紙を書きました。)

このように、自動詞と他動詞の特徴を理解し、文の中でどのように使われているかを確認することで、正確に見分けることができます。次に、具体的な使い分けについて見ていきましょう。

 

 

自動詞と他動詞の使い分け

同じ動詞でも自動詞・他動詞として使える例

いくつかの動詞は、自動詞としても他動詞としても使うことができます。これらの動詞の意味や用法は、文脈や目的語の有無によって変わります。

  • run(走る)
    • 自動詞: He runs every morning.
      (彼は毎朝走る。)
    • 他動詞: She runs a successful business.
      (彼女は成功したビジネスを運営している。)
  • open(開く)
    • 自動詞: The door opened slowly.
      (ドアがゆっくりと開いた。)
    • 他動詞: She opened the door.
      (彼女がドアを開けた。)
  • break(壊れる)
    • 自動詞: The vase broke.
      (花瓶が壊れた。)
    • 他動詞: He broke the vase.
      (彼が花瓶を壊した。)

使い分けのポイント

同じ動詞を自動詞と他動詞として使い分ける際には、以下のポイントに注意しましょう。

  1. 目的語の有無: 他動詞は必ず目的語を伴いますが、自動詞は目的語を持ちません。
  2. 文の意味: 自動詞と他動詞では、同じ動詞でも意味が変わることがあります。文全体の意味を考慮して適切な使い方を選びましょう。
  3. 文の構造: 自動詞は主語と動詞だけで完結しますが、他動詞は主語、動詞、目的語の順序で構成されます。

例文で確認

以下に、同じ動詞を自動詞と他動詞として使い分けた例を挙げます。

  • grow(育つ・育てる)
    • 自動詞: The plant grows quickly.
      (その植物は速く育つ。)
    • 他動詞: She grows vegetables in her garden.
      (彼女は庭で野菜を育てる。)
  • start(始まる・始める)
    • 自動詞: The meeting starts at 10 AM.
      (会議は午前10時に始まる。)
    • 他動詞: He started a new project.
      (彼は新しいプロジェクトを始めた。)
  • move(動く・動かす)
    • 自動詞: The car moves slowly.
      (その車はゆっくり動く。)
    • 他動詞: She moves the chair.
      (彼女が椅子を動かす。)

これらの例を通じて、同じ動詞でも自動詞として使う場合と他動詞として使う場合の違いが理解できるでしょう。動詞の使い分けを正しく理解することで、より自然で正確な英語を使えるようになります。

 

 

まとめ

自動詞と他動詞の理解が英語学習にどう役立つか

自動詞と他動詞の違いを理解することは、英語学習において非常に重要です。この理解は以下のような点で役立ちます:

  1. 正確な文法の使用:
    自動詞と他動詞を正しく使い分けることで、文法的に正しい英文を作成できます。これにより、誤解を避け、意図した意味を正確に伝えることができます。
  2. 自然な表現の習得:
    英語を流暢に話すためには、動詞の使い方を正確に理解することが必要です。自動詞と他動詞を正しく使うことで、ネイティブスピーカーに近い自然な表現を身につけることができます。
  3. リーディングとリスニングの向上:
    自動詞と他動詞の区別ができるようになると、英文を読む際や聞く際に文の構造が理解しやすくなります。これにより、英語のリーディング力やリスニング力も向上します。

学んだことの復習と練習方法

自動詞と他動詞の使い分けを習得するためには、以下のような復習と練習方法が効果的です:

  1. 例文の作成:
    自動詞と他動詞を使った例文を自分で作成し、それを繰り返し練習します。例えば、自動詞と他動詞のペアを見つけ、それぞれを使った文を作ってみましょう。

    • 自動詞: The baby cries every night.
    • 他動詞: She feeds the baby every morning.
  2. 文法書や辞書の利用:
    英語の文法書や辞書を使って、自動詞と他動詞のリストを確認し、それぞれの使い方を理解します。特に、動詞の用法が詳しく説明されている辞書を活用するとよいでしょう。
  3. オンライン練習:
    自動詞と他動詞に特化したオンラインの練習問題やクイズを活用します。これにより、実践的に知識を確認し、理解を深めることができます。
  4. 英語の文章を分析:
    英語の文章や記事を読みながら、自動詞と他動詞を見つけ出し、それぞれの使い方を確認します。これにより、実際の文脈での使い方が理解でき、記憶にも残りやすくなります。

自動詞と他動詞の理解は、英語を正確かつ自然に使うための基礎となります。これらの復習と練習方法を通じて、さらに理解を深め、自信を持って英語を使えるようになりましょう。

 

 

練習問題

以下の文の動詞が自動詞(Intransitive)か他動詞(Transitive)かを見分けてください。動詞の種類を選び、必要に応じて理由を説明してください。

  1. She sings beautifully.
  2. They play soccer every weekend.
  3. The sun rises in the east.
  4. He bought a new car.
  5. The children laughed loudly.
  6. We enjoyed the party.
  7. The dog barked at the stranger.
  8. She opened the window.
  9. The leaves fell from the tree.
  10. He builds houses for a living.

解答と解説

  1. She sings beautifully.
    • 自動詞 (Intransitive)
    • 理由: 動詞 “sings” は目的語を必要としない。
  2. They play soccer every weekend.
    • 他動詞 (Transitive)
    • 理由: 動詞 “play” は目的語 “soccer” を伴っている。
  3. The sun rises in the east.
    • 自動詞 (Intransitive)
    • 理由: 動詞 “rises” は目的語を必要としない。
  4. He bought a new car.
    • 他動詞 (Transitive)
    • 理由: 動詞 “bought” は目的語 “a new car” を伴っている。
  5. The children laughed loudly.
    • 自動詞 (Intransitive)
    • 理由: 動詞 “laughed” は目的語を必要としない。
  6. We enjoyed the party.
    • 他動詞 (Transitive)
    • 理由: 動詞 “enjoyed” は目的語 “the party” を伴っている。
  7. The dog barked at the stranger.
    • 自動詞 (Intransitive)
    • 理由: 動詞 “barked” は目的語を必要としない。ただし、前置詞 “at” を伴っている。
  8. She opened the window.
    • 他動詞 (Transitive)
    • 理由: 動詞 “opened” は目的語 “the window” を伴っている。
  9. The leaves fell from the tree.
    • 自動詞 (Intransitive)
    • 理由: 動詞 “fell” は目的語を必要としない。
  10. He builds houses for a living.
    • 他動詞 (Transitive)
    • 理由: 動詞 “builds” は目的語 “houses” を伴っている。

これらの問題を通じて、自動詞と他動詞の違いを実際の文で確認し、理解を深めることができます。継続して練習することで、正確に見分けられるようになるでしょう。

 

 

よくある質問(FAQ)

質問 1: 自動詞と他動詞の違いを簡単に教えてください。

答え: 自動詞は目的語を必要としない動詞で、動作が主語だけで完結します。他動詞は目的語を必要とし、動作の対象を明確にする動詞です。例えば、「The baby cries.(赤ちゃんが泣く)」は自動詞の例で、「She eats an apple.(彼女はリンゴを食べる)」は他動詞の例です。


質問 2: どうやって自動詞と他動詞を見分けることができますか?

答え: 自動詞と他動詞を見分ける方法は、目的語の有無を確認することです。自動詞は目的語を必要としませんが、他動詞は目的語を伴います。また、文の構造を見て、動詞の後に目的語があるかどうかを確認することも有効です。


質問 3: ある動詞が自動詞か他動詞か分からない場合、どうすれば良いですか?

答え: 分からない場合は、辞書を使ってその動詞の用法を確認しましょう。多くの辞書には動詞が自動詞か他動詞か、またはその両方であるかが記載されています。また、動詞の後に目的語が必要かどうかを確認することで、自動詞か他動詞かを見分けることができます。


質問 4: 同じ動詞が自動詞としても他動詞としても使われることがありますか?

答え: はい、同じ動詞が自動詞としても他動詞としても使われることがあります。例えば、「run」は「走る」という意味の自動詞としても、「運営する」という意味の他動詞としても使われます。文脈や目的語の有無によって使い分けられます。


質問 5: 自動詞と他動詞の使い分けを練習するための良い方法は何ですか?

答え: 自動詞と他動詞の使い分けを練習するためには、例文を作成し、それを繰り返し練習することが有効です。また、オンラインの練習問題やクイズを活用すること、英語の文章を読みながら自動詞と他動詞を確認することも良い方法です。


質問 6: 自動詞と他動詞を覚えるためのリストや一覧はありますか?

答え: はい、英語の学習サイトや文法書には、自動詞と他動詞のリストや一覧が掲載されています。これらのリストを活用して、よく使われる動詞の種類を確認し、覚えることができます。特に、動詞の用法が詳しく説明されている辞書や参考書を利用すると良いでしょう。


これらのFAQを通じて、自動詞と他動詞に関する疑問を解消し、理解を深めることができるでしょう。もし他にも質問があれば、いつでも気軽に尋ねてください。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム