3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

英語で選択肢を絞る!「narrow it down」の使い方完全ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

“narrow it down”って何?

簡単な意味とイメージを紹介

“narrow it down” は、英語で「選択肢を絞る」という意味のフレーズです。たくさんの選択肢や情報がある中から、重要なものや必要なものだけに絞ることを表現します。このフレーズは、物事を整理したり決定を下す際によく使われます。

例えば、たくさんの仕事のオファーがある場合、「I need to narrow it down to just one job offer.(私は一つの仕事のオファーに絞る必要があります)」と言います。つまり、たくさんの中から一つに決めるという意味です。

日本語での似た表現

日本語で「narrow it down」に似た表現はいくつかあります。以下に例を挙げます:

  1. 選択肢を絞る
    • たくさんの選択肢の中から最も適したものを選ぶ際に使います。
  2. 絞り込む
    • 多くの候補や情報を少ない数に減らすという意味で使われます。
  3. 限定する
    • 特定の範囲や条件に限定するという意味で使われます。

これらの日本語の表現を使うことで、”narrow it down”の意味をより理解しやすくなります。

 

 

無料トライアル実施中

使い方の基本

簡単な例文

“narrow it down” の使い方を理解するために、いくつかの簡単な例文を見てみましょう。

  1. 選択肢を絞る場合
  2. 多くの選択肢から決定する場合
  3. 情報を絞り込む場合

よく使われる場面の紹介

“narrow it down” は、特定の状況や場面でよく使われます。以下にそのいくつかを紹介します。

  1. 仕事の選考過程
    • 求職活動や面接の段階で、多くの応募者や候補者から最も適した人を選ぶ際に使います。
    • 例:”After reviewing all applications, we narrowed it down to three finalists.”
      (全ての応募を確認した後、3人の最終候補に絞りました。)
  2. ショッピングや選択
    • 多くの商品やサービスの中から最も適したものを選ぶ際に使います。
    • 例:”We looked at several houses and finally narrowed it down to two.”
      (いくつかの家を見て、最終的に2つに絞りました。)
  3. 問題解決や調査
    • 複数の仮説や原因から最も可能性の高いものを特定する際に使います。
    • 例:”The team narrowed it down to three potential causes of the issue.”
      (チームは問題の3つの可能性のある原因に絞り込みました。)
  4. 学術研究や分析
    • 広範なデータや情報から特定の要素に焦点を絞る際に使います。
    • 例:”The researchers narrowed it down to a few key factors influencing the results.”
      (研究者たちは結果に影響を与えるいくつかの重要な要因に絞り込みました。)

これらの場面で”narrow it down”を使うことで、複雑な情報や選択肢を整理し、最も重要な要素に集中することができます。

 

 

“narrow it down”を使った例文

日常会話での具体的な例

  1. 旅行の計画
    • “We have so many destinations in mind, but we need to narrow it down to one place.”
    • (たくさんの行き先があるけど、一つに絞らなきゃ。)
  2. レストラン選び
    • “There are too many restaurants to choose from. Let’s narrow it down to Italian or Japanese.”
    • (選ぶレストランが多すぎる。イタリアンか日本食に絞ろう。)
  3. 映画選び
    • “I can’t decide which movie to watch. Can you help me narrow it down?”
    • (どの映画を観るか決められない。絞り込むのを手伝ってくれる?)
  4. 買い物
    • “I need a new laptop. I’ve narrowed it down to these two models.”
    • (新しいノートパソコンが必要だ。この2つのモデルに絞り込んだよ。)

ビジネスシーンでの具体的な例

  1. プロジェクトの選定
    • “We received many proposals for the project. Let’s narrow it down to the top three.”
    • (プロジェクトの提案をたくさん受け取ったので、トップ3に絞りましょう。)
  2. 会議での議題
    • “To make our meeting more efficient, we need to narrow it down to the most critical issues.”
    • (会議を効率的にするために、最も重要な問題に絞る必要があります。)
  3. 候補者の選考
    • “After several rounds of interviews, we narrowed it down to two final candidates.”
    • (数回の面接の後、最終候補者を2人に絞りました。)
  4. マーケティング戦略
    • “We need to narrow it down to a specific target audience for this campaign.”
    • (このキャンペーンのために特定のターゲット層に絞る必要があります。)
  5. データ分析
    • “We have a lot of data to review, but we should narrow it down to the most relevant metrics.”
    • (確認するデータがたくさんありますが、最も関連性の高い指標に絞り込むべきです。)

これらの例文を通して、「narrow it down」を日常会話やビジネスシーンで効果的に使う方法がわかるでしょう。

 

 

他の表現との違い

“focus on”や”zero in on”との違い

“narrow it down” と似た表現に “focus on”“zero in on” がありますが、それぞれのニュアンスや使い方には違いがあります。

  1. “narrow it down”
    • 意味: 多くの選択肢や情報から、重要なものや必要なものだけに絞る。
    • 例文: “We need to narrow it down to three candidates for the final interview.”
    • ニュアンス: 最初にたくさんの選択肢があり、それを少数に絞る過程を強調します。
  2. “focus on”
    • 意味: 特定の対象や課題に集中する。
    • 例文: “Let’s focus on the main issues during the meeting.”
    • ニュアンス: 最初から注目すべき対象が決まっている場合や、その対象に集中することを強調します。
  3. “zero in on”
    • 意味: 特定の対象に的を絞る、狙いを定める。
    • 例文: “The team zeroed in on the root cause of the problem.”
    • ニュアンス: 非常に特定の対象や原因に狙いを定める過程を強調し、探していたものを見つけるイメージがあります。

使い分けのポイント

1. 初めに多くの選択肢があるかどうか

  • 多くの選択肢から絞り込む場合“narrow it down” が適しています。
  • 例: “We need to narrow it down to the best three options.”

2. 特定の対象に集中するかどうか

  • 特定の対象に集中する場合“focus on” を使います。
  • 例: “We should focus on improving our customer service.”

3. 特定の目標や原因を見つけるかどうか

  • 特定の目標や原因を見つける場合“zero in on” が適しています。
  • 例: “They zeroed in on the primary cause of the failure.”

まとめ

  • “narrow it down” は、多くの選択肢や情報から少数に絞り込む際に使います。
  • “focus on” は、既に特定された対象や課題に集中する際に使います。
  • “zero in on” は、特定の目標や原因に的を絞る際に使います。

この使い分けを理解することで、より自然で効果的な英語表現が可能になります。

 

 

“narrow it down”を自然に使うコツ

ネイティブらしい言い回しの練習方法

  1. 日常の場面を想定して練習する
    • 実際に使う場面をイメージして、自分の言葉で言い回しを考えます。
    • 例: 旅行の計画を立てる時、仕事のプロジェクトを選ぶ時など。
  2. シャドーイング練習
    • ネイティブスピーカーの会話を聞き、そのまま後を追って話す練習をします。
    • 英語のドラマや映画のシーンを使って「narrow it down」が出てくる場面を見つけ、同じように発音してみましょう。
  3. 実際の会話で使う
    • 友人や同僚との会話で積極的に「narrow it down」を使ってみます。実際に使うことで自然と身についていきます。

自分の会話に取り入れるための練習フレーズ

日常会話の練習フレーズ

  1. “We have so many ideas for our trip. We need to narrow it down to the best ones.”
    • (旅行のアイデアがたくさんあるけど、最良のものに絞る必要があるね。)
  2. “I can’t decide which book to read. Can you help me narrow it down?”
    • (どの本を読むか決められない。絞り込むのを手伝ってくれる?)
  3. “There are too many dishes on the menu. Let’s narrow it down to our top three choices.”
    • (メニューにたくさんの料理があるね。トップ3の選択肢に絞ろう。)

ビジネスシーンの練習フレーズ

  1. “We received a lot of applications. We need to narrow it down to the most qualified candidates.”
    • (たくさんの応募がありました。最も適した候補者に絞り込む必要があります。)
  2. “To finalize our marketing strategy, we need to narrow it down to the most effective methods.”
    • (マーケティング戦略を確定するために、最も効果的な方法に絞る必要があります。)
  3. “After reviewing all the data, we narrowed it down to three main issues.”
    • (全てのデータを確認した後、3つの主要な問題に絞り込みました。)

「narrow it down」を自然に使うためには、日常会話やビジネスシーンで積極的に使うことが大切です。上記のフレーズを練習して、実際の会話に取り入れてみてください。日常の様々な場面で使うことで、より自然に「narrow it down」を使いこなせるようになるでしょう。

 

 

まとめ

振り返り

今回の記事では、英語のフレーズ「narrow it down」の意味と使い方について詳しく解説しました。このフレーズは、多くの選択肢や情報から最も重要なものや必要なものだけに絞り込む際に使われる便利な表現です。以下のポイントを振り返りましょう:

  1. “narrow it down”の意味
    • 「選択肢を絞る」「絞り込む」という意味で、多くの選択肢から特定のものに絞る際に使います。
  2. 簡単な例文と使い方
    • 日常会話やビジネスシーンでの具体的な例文を通じて、どのように使うかを学びました。
  3. 他の表現との違い
    • “focus on”や”zero in on”との違いを理解し、それぞれの使い分けのポイントを確認しました。
  4. 自然に使うコツ
    • ネイティブらしい言い回しの練習方法や、実際に使える練習フレーズを紹介しました。

読者への感謝

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。この記事が、皆さんの英語学習に役立ち、「narrow it down」を自然に使えるようになるための手助けとなれば嬉しいです。実際に使ってみることで、さらに理解が深まり、会話の幅も広がるでしょう。

今後も、役立つ英語表現やフレーズを紹介していきますので、ぜひまたお越しください。何か質問やリクエストがありましたら、遠慮なくコメントしてくださいね。皆さんの英語学習がより楽しく、実りあるものになりますように!

ありがとうございました。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム