3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

英語で共感を伝える!”That’s understandable.”の意味とその使い方

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

「That’s understandable.」とは?

英語を学ぶ中で、よく耳にするフレーズの一つに「That’s understandable.」があります。このフレーズは、日常会話やビジネスシーンでも頻繁に使われる、とても便利な表現です。

「That’s understandable.」の基本的な意味

「That’s understandable.」は日本語で「それは理解できる」や「それは納得できる」という意味になります。相手の状況や気持ちを理解し、共感を示す際に使われます。このフレーズを使うことで、相手に対して「あなたの気持ちや状況はちゃんと理解していますよ」というメッセージを伝えることができます。

例えば、友達が何か大変な状況にあって、その理由を説明してくれたときに、「That’s understandable.」と言うことで、相手の気持ちに寄り添うことができます。ビジネスシーンでも、同僚や上司が何か困難な状況を話してくれたときに、このフレーズを使うと、プロフェッショナルな姿勢で共感を示すことができます。

このように、「That’s understandable.」は、相手とのコミュニケーションを円滑にし、信頼関係を築くのに役立つフレーズです。これから、その具体的な使い方や例について詳しく見ていきましょう。

 

 

無料トライアル実施中

使い方の例

例1: 家族間の会話

家族が疲れている理由を話しているとき

家族: “I’ve been taking care of the baby all night. I’m really tired.”
「一晩中赤ちゃんの世話をしていたから、とても疲れているんだ。」

あなた: “That’s understandable. Taking care of a baby is exhausting.”
「それは理解できるよ。赤ちゃんの世話はとても大変だもんね。」

例2: 友達との会話

友達が試験のストレスについて話しているとき

友達: “I’m so stressed out about my upcoming exams.”
「来週の試験のことでとてもストレスが溜まっているんだ。」

あなた: “That’s understandable. Exams can be really stressful.”
「それは理解できるよ。試験って本当にストレスが溜まるよね。」

例3: 恋人との会話

恋人がデートをキャンセルしなければならない理由を話しているとき

恋人: “I’m sorry, I have to cancel our date tonight because of a work emergency.”
「ごめん、今夜のデートをキャンセルしなければならないんだ。仕事の緊急事態があるから。」

あなた: “That’s understandable. Work emergencies happen.”
「それは理解できるよ。仕事の緊急事態は仕方ないよね。」

例1: 同僚との会話

同僚がプロジェクトの進捗について話しているとき

同僚: “I couldn’t finish the report on time because the client meeting ran longer than expected.
“「クライアントとの会議が予想以上に長引いてしまったので、報告書を時間通りに終わらせられなかったんだ。」

あなた: “That’s understandable. Meetings with clients can be unpredictable.”
「それは理解できるよ。クライアントとの会議は予測が難しいからね。」

例2: 上司との会話

上司が重要な決定を延期した理由を説明しているとき 上司:

“We had to postpone the decision because we need more data.”
「もっとデータが必要なので、決定を延期しなければならなかったんだ。

あなた: “That’s understandable. It’s important to make an informed decision.”
「それは理解できます。情報に基づいた決定をすることが大切ですからね。」

例3: チームメンバーとの会話

チームメンバーが遅れている理由を説明しているとき

チームメンバー: “I’m running late on this task because my computer crashed.”
「コンピュータがクラッシュしたせいで、このタスクが遅れています。」

あなた: “That’s understandable. Technical issues can cause delays.”
「それは理解できます。技術的な問題は遅れを引き起こすことがありますからね。」

このように、「That’s understandable.」は、相手の状況や感情に共感を示すために非常に便利なフレーズです。日常生活やビジネスの場で積極的に使って、円滑なコミュニケーションを図りましょう。

 

 

関連表現

類似表現とその違い

I understand.

  • 意味: 「理解しています。」
  • 使い方: 「I understand.」は、相手の言っていることや状況を理解していることを伝えるための一般的な表現です。
  • 違い: 「That’s understandable.」は特定の状況に対して共感を示すのに対し、「I understand.」はもっと広く、相手の言葉や気持ち全体に対して理解を示す表現です。

I get it.

  • 意味: 「わかるよ。」
  • 使い方: 「I get it.」はカジュアルな表現で、友達や家族との会話でよく使われます。
  • 違い: 「That’s understandable.」はフォーマルな場面でも使える一方、「I get it.」はカジュアルな場面に適しています。

It makes sense.

  • 意味: 「納得できる。」
  • 使い方: 「It makes sense.」は、相手の説明が論理的であることを認めるときに使います。
  • 違い: 「That’s understandable.」が感情的な共感を示すのに対し、「It makes sense.」は論理的な納得を示す表現です。

他の便利なフレーズ

I see where you’re coming from.

  • 意味: 「あなたの立場はわかります。」
  • 使い方: 相手の意見や感情の背景を理解していることを伝えるときに使います。
  • 例文: “I see where you’re coming from. It must be tough dealing with that.” (「あなたの立場はわかります。それに対処するのは大変でしょうね。」)

I can relate to that.

  • 意味: 「それに共感できます。」
  • 使い方: 自分自身の経験に基づいて、相手の状況に共感するときに使います。
  • 例文: “I can relate to that. I’ve been through something similar.” (「それに共感できます。私も似たような経験をしたことがあります。」)

I feel you.

  • 意味: 「気持ちはわかるよ。」
  • 使い方: 非常にカジュアルな表現で、友人や親しい人に対して使います。
  • 例文: “I feel you. It’s been a rough week for me too.” (「気持ちはわかるよ。私も今週は大変だったんだ。」)

I hear you.

  • 意味: 「あなたの言うことはわかります。」
  • 使い方: 相手の意見や感情を受け入れ、理解していることを示すときに使います。
  • 例文: “I hear you. Let’s try to find a solution together.” (「あなたの言うことはわかります。一緒に解決策を見つけましょう。」)

これらの表現を使い分けることで、さまざまな場面で相手に対して理解や共感を示すことができます。状況に応じて適切なフレーズを選んで、コミュニケーションを円滑にしましょう。

 

 

まとめ

「That’s understandable.」の復習とポイント

「That’s understandable.」は、相手の状況や気持ちに対して理解や共感を示すための便利なフレーズです。日常会話やビジネスシーンの両方で使うことができ、相手に対して「あなたの気持ちはわかるよ」と伝えることができます。

  • 基本的な意味: 「それは理解できる」「それは納得できる」
  • 使い方の場面: 友達や家族が困っているとき、同僚や上司が難しい状況を説明しているとき
  • 類似表現: 「I understand.」「I get it.」「It makes sense.」
  • 関連表現: 「I see where you’re coming from.」「I can relate to that.」「I feel you.」「That makes sense.」「I hear you.」

このフレーズを覚えておくと、コミュニケーションの幅が広がり、より良い関係を築くことができます。ぜひ、日常生活や仕事の中で積極的に使ってみてください。

読者への感謝

この記事を読んでいただき、ありがとうございます。「That’s understandable.」の使い方や意味が少しでも理解できたなら幸いです。質問や疑問があれば、ぜひコメントで教えてくださいね!今後も英語学習に役立つ情報をお届けしていきますので、どうぞお楽しみに。皆さんの英語学習がさらに充実したものになりますように!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム