3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

英語で「真似」を表現!シーン別スラングも紹介

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに:真似とは?

簡単な定義

「真似」とは、他の人の行動や言葉、スタイルなどをそのまま再現することを意味します。英語では「Imitate」や「Copy」といった言葉で表現されます。真似は、学習や遊び、時には皮肉や冗談としても使われる行動です。

「真似」が使われる場面

  1. 学習の一環として
    子供が言葉を学ぶときや、スポーツの技術を身につけるときなど、他人の動きを真似ることで学びます。例えば、英語の発音を改善するためにネイティブスピーカーの発音を真似することがあります。
  2. エンターテイメントや遊びとして
    コメディアンが有名人のモノマネをして観客を楽しませることがあります。また、友達同士で面白い言動を真似して笑い合うこともあります。
  3. 皮肉や風刺として
    他人の言動を誇張して真似ることで、その人の特徴や欠点を際立たせることがあります。これには、政治家やセレブの行動を真似る風刺的なパフォーマンスが含まれます。
  4. ファッションやライフスタイルの模倣
    人気のあるファッションやライフスタイルを真似ることで、自分自身をアップデートしたり、流行に乗ったりすることがあります。例えば、インフルエンサーのスタイルを真似ることで新しいトレンドを取り入れることがあります。

このように、「真似」は様々な場面で使われ、私たちの生活の一部となっています。次のセクションでは、具体的な英語表現について詳しく見ていきましょう。

 

 

無料トライアル実施中

基本の「真似」:模倣(Imitate, Copy)

「Imitate」と「Copy」の使い方と違い

ImitateCopyはどちらも「真似」を意味しますが、使い方やニュアンスに若干の違いがあります。

  1. Imitate
    • ニュアンス: 「Imitate」は、他人の行動や仕草を見て、同じように再現することを意味します。模倣する対象を尊敬している場合や、学びのために真似る場合に使われることが多いです。
    • 使い方: 主に人の動作や声、態度を真似る場合に使います。
  2. Copy
    • ニュアンス: 「Copy」は、他人のものやアイデアをそっくりそのまま再現することを意味します。どちらかと言えば、物や書類、作品などをそのまま複製する場合に使われます。時には、創造性がなく単に真似るだけという否定的なニュアンスを含むこともあります。
    • 使い方: 文章やデザイン、アイデアなどの複製を指す場合に使います。

例文を交えて解説

Imitate の例文
  1. 学習の場面
  2. エンターテイメントの場面
    • 例文: “The comedian imitated the president’s speech perfectly.”
    • 訳: 「そのコメディアンは大統領のスピーチを完璧に真似ました。」
    • 解説: コメディアンが大統領の話し方や表情を模倣することを意味しています。
Copy の例文
  1. 学習の場面
  2. ビジネスの場面
    • 例文: “It’s important to create original designs rather than just copying others.”
    • 訳: 「他人のデザインをただコピーするのではなく、オリジナルのデザインを作ることが重要です。」
    • 解説: 他人のデザインをそのまま模倣することの問題点を指摘しています。

「Imitate」と「Copy」の使い分けを理解することで、より適切な英語表現を選ぶことができます。次のセクションでは、もっとカジュアルな表現について見ていきましょう。

 

 

もっとカジュアルに:真似をする(Mimic, Mirror)

「Mimic」と「Mirror」のニュアンスと使い方

MimicMirrorは、「真似をする」を意味しますが、カジュアルで具体的な場面で使われることが多い表現です。

  1. Mimic
    • ニュアンス: 「Mimic」は、他人の動作や話し方を面白おかしく真似ることを意味します。しばしば、軽い冗談やからかいのニュアンスが含まれます。
    • 使い方: 人の仕草や声、態度を真似して遊ぶ場合に使います。
  2. Mirror
    • ニュアンス: 「Mirror」は、鏡に映るように正確に同じように真似ることを意味します。行動や態度をそのまま反映するような場面で使われます。
    • 使い方: 他人の動きや行動をそっくりそのまま再現する場合に使います。

具体的な例文とシチュエーション

Mimic の例文
  1. 友達同士のからかい
    • 例文: “He always mimics the way I talk, especially when he’s joking.”
    • 訳: 「彼はいつも私の話し方を真似します、特に冗談を言っているときに。」
    • シチュエーション: 友達があなたの話し方を面白おかしく真似ている場面です。
  2. エンターテイメント
    • 例文: “The actor mimicked the famous singer’s performance perfectly.”
    • 訳: 「その俳優は有名な歌手のパフォーマンスを完璧に真似しました。」
    • シチュエーション: 俳優が有名な歌手のステージを再現している場面です。
Mirror の例文
  1. スポーツの練習
    • 例文: “To improve your technique, try to mirror the coach’s movements exactly.”
    • 訳: 「技術を向上させるために、コーチの動きを正確に真似してみてください。」
    • シチュエーション: スポーツの練習で、コーチの動きをそのまま再現して学んでいる場面です。
  2. ビジネスの場面
    • 例文: “In negotiations, it’s sometimes useful to mirror the body language of the person you’re speaking with.”
    • 訳: 「交渉の際には、話し相手のボディランゲージを真似することが役立つことがあります。」
    • シチュエーション: ビジネスの交渉で、相手の動きを模倣することで親近感を高める戦術を使っている場面です。

「Mimic」と「Mirror」の使い方を知ることで、カジュアルな会話や特定のシチュエーションでより自然に「真似」を表現することができます。次のセクションでは、スラング的な表現について見ていきましょう。

 

 

スラングで真似を表現:Rip off, Clone

「Rip off」と「Clone」のスラング的な使い方

Rip offCloneは、スラング的に「真似をする」や「コピーする」という意味で使われますが、それぞれ異なるニュアンスがあります。

  1. Rip off
    • ニュアンス: 「Rip off」は、他人のアイデアや作品を盗むように真似することを意味します。通常、否定的な意味合いが強く、オリジナリティや創造性の欠如を指摘する場合に使われます。
    • 使い方: 商品やアイデア、デザインなどが他者のものを無断で真似た場合に使います。
  2. Clone
    • ニュアンス: 「Clone」は、他人のアイデアや作品をほぼそのまま複製することを意味します。こちらもオリジナリティの欠如を指摘することが多いですが、「Rip off」ほど否定的ではなく、ただの複製を意味する場合もあります。
    • 使い方: 製品やデザイン、キャラクターなどが元のものに非常によく似ている場合に使います。

実際の会話での使用例

Rip off の例文
  1. 商品についての会話
    • 例文: “This new phone is just a rip off of the latest iPhone.”
    • 訳: 「この新しい電話は最新のiPhoneのただのパクリだね。」
    • シチュエーション: 新製品が既存の人気商品を無断で模倣していることを批判している場面です。
  2. ビジネスの場面
    • 例文: “Their marketing strategy is a total rip off of our original plan.”
    • 訳: 「彼らのマーケティング戦略は我々のオリジナルプランの完全なパクリだ。」
    • シチュエーション: 競合他社が自社の戦略を無断で模倣していることに対する不満を表しています。
Clone の例文
  1. 製品についての会話
    • 例文: “That new game is basically a clone of last year’s hit game.”
    • 訳: 「その新しいゲームは去年のヒットゲームの基本的にコピーだね。」
    • シチュエーション: 新しいゲームが前年の人気ゲームと非常によく似ていることを述べています。
  2. デザインの場面
    • 例文: “These shoes look like a cheap clone of a designer brand.”
    • 訳: 「これらの靴はデザイナーブランドの安いコピーのようだ。」
    • シチュエーション: 新しい靴のデザインが有名ブランドのものに非常によく似ていることを指摘しています。

「Rip off」と「Clone」を使うことで、日常会話やビジネスシーンでの模倣行為をより生き生きと、そして時には批判的に表現することができます。次のセクションでは、ユーモラスな表現について見ていきましょう。

 

 

ちょっとユーモラスに:Monkey, Parrot

「Monkey」と「Parrot」の比喩的表現

MonkeyParrotは、「真似をする」行為をユーモラスに表現する際に使われる言葉です。これらの単語は、動物の特性を引き合いに出して、人の行動を面白おかしく描写するのに適しています。

  1. Monkey
    • ニュアンス: 「Monkey」は、猿が他の動物や人の動作を面白おかしく真似する様子から、人が他人の行動を真似ることを指します。時に、少しふざけた感じや遊び心が含まれます。
    • 使い方: 人が他人の行動や仕草を面白おかしく真似する場合に使います。
  2. Parrot
    • ニュアンス: 「Parrot」は、オウムが人の言葉を真似することから、特に言葉や発言をそのまま繰り返すことを指します。こちらもユーモラスなニュアンスがあり、時には批判的に使われることもあります。
    • 使い方: 人が他人の言葉をそのまま繰り返す場合に使います。

楽しい例文と共に紹介

Monkey の例文
  1. 友達同士のふざけた場面
  2. 子供の遊び
    • 例文: “The kids were monkeying around, imitating their teacher’s funny gestures.”
    • 訳: 「子供たちは先生の面白いジェスチャーを真似して遊んでいました。」
    • シチュエーション: 子供たちが先生の動きを面白おかしく真似して遊んでいる場面です。
Parrot の例文
  1. 家庭の場面
  2. 職場の場面
    • 例文: “During the meeting, he just parroted his boss’s opinions without adding anything new.”
    • 訳: 「会議中、彼は何も新しいことを言わずにただ上司の意見を繰り返していました。」
    • シチュエーション: 同僚が上司の意見をそのまま繰り返している場面です。

「Monkey」と「Parrot」を使うことで、真似をする行為をユーモラスに、そして少し軽い感じで表現することができます。次のセクションでは、状況に応じた「真似」の使い分けについてまとめます。

 

 

まとめ:状況に応じた「真似」の使い分け

これまでに紹介した「真似」に関する英語表現を振り返り、それぞれの表現がどのようなシチュエーションで適しているかをまとめます。

  1. Imitate
    • 基本的な模倣: 尊敬や学習のために他人の行動や話し方を再現する。
    • シチュエーション: 学習の場面、エンターテイメント
    • 例文: “Children often imitate their parents’ behavior.”
  2. Copy
    • 正確なコピー: 物やアイデアをそのまま複製する。
    • シチュエーション: 学習の場面、ビジネス
    • 例文: “Students are not allowed to copy each other’s work during exams.”
  3. Mimic
    • カジュアルな真似: 軽い冗談やからかいのために他人の動作や話し方を真似する。
    • シチュエーション: 友達同士のからかい、エンターテイメント
    • 例文: “He always mimics the way I talk, especially when he’s joking.”
  4. Mirror
    • 正確な再現: 他人の動きや行動を正確に再現する。
    • シチュエーション: スポーツの練習、ビジネスの交渉
    • 例文: “To improve your technique, try to mirror the coach’s movements exactly.”
  5. Rip off
    • 盗用的な真似: 他人のアイデアや作品を無断で真似する、否定的な意味合いが強い。
    • シチュエーション: 商品やアイデアの盗用、ビジネスの競争
    • 例文: “This new phone is just a rip off of the latest iPhone.”
  6. Clone
    • ほぼ同じコピー: 他人のアイデアや作品をそのまま複製する。
    • シチュエーション: 製品やデザインの模倣
    • 例文: “That new game is basically a clone of last year’s hit game.”
  7. Monkey
    • ふざけた真似: 他人の行動を面白おかしく真似する。
    • シチュエーション: 友達同士のふざけ、子供の遊び
    • 例文: “The kids were monkeying around, imitating their teacher’s funny gestures.”
  8. Parrot
    • 言葉の真似: 他人の言葉をそのまま繰り返す。
    • シチュエーション: 家庭、職場
    • 例文: “My little brother always parrots everything I say.”

これらの表現を使い分けることで、シチュエーションに応じて適切に「真似」を表現することができます。それぞれのニュアンスを理解し、状況に応じて使い分けることで、英語のコミュニケーションをより豊かにしましょう。次のセクションでは、「真似」に関連する他の英語フレーズをおまけとして紹介します。

 

 

おまけ:真似に関連する英語フレーズ

ここでは、「真似をする」ことに関連する他の英語フレーズやイディオムをいくつか紹介します。これらの表現を知ることで、英語の表現力をさらに高めることができます。

  1. Follow in someone’s footsteps
    • 意味: 誰かの後に続く、誰かの行動や生き方を真似る
    • 例文: “She decided to follow in her mother’s footsteps and become a teacher.”
    • : 「彼女は母親の後を継いで教師になることに決めました。」
  2. Take a leaf out of someone’s book
    • 意味: 誰かの良い点を見習う、模範とする
    • 例文: “You should take a leaf out of his book and start saving more money.”
    • : 「彼を見習ってもっとお金を貯め始めるべきだ。」
  3. Copycat
    • 意味: 真似をする人、模倣者
    • 例文: “Stop being such a copycat and come up with your own ideas.”
    • : 「そんなに真似ばかりしないで、自分のアイデアを出しなさい。」
  4. Carbon copy
    • 意味: 全く同じもの、そっくりそのままの複製
    • 例文: “He’s like a carbon copy of his father in terms of personality.”
    • : 「彼は性格において父親のそっくりそのままのコピーだ。」
  5. Emulate
    • 意味: 誰かの優れた点を見習って同じようになろうとする、模倣して超えようとする
    • 例文: “She always tries to emulate her older sister’s achievements.”
    • : 「彼女はいつも姉の業績を見習おうとします。」
  6. Echo
    • 意味: 反響する、同じことを繰り返す
    • 例文: “His opinions often echo those of his mentor.”
    • : 「彼の意見はしばしば彼のメンターの意見と反響します。」
  7. Model oneself on
    • 意味: 誰かを手本にする、見習う
    • 例文: “He models himself on his favorite athlete.”
    • : 「彼はお気に入りのアスリートを手本にしています。」

これらのフレーズやイディオムを使うことで、真似や模倣に関する表現を豊かにし、より自然な英会話ができるようになります。是非、日常の会話や英語の学習に取り入れてみてください。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム