簡単!”bring”と”take”の違いとその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”bring”と”take”の違いとその使い方についてお話します。

日本語の訳だけにハマってしまうと最終的に混乱を招くので、簡単に使いこなせるように”bring”と”take”のニュアンスをイメージして日本語の意味も考えるようにしてみてください。

この記事を読めば、英語感覚がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

“bring”は「主語」が会話している相手のところへ向かう

友人のホームパーティーにて

ナオミ
I brought my friend.
友達を連れてきたよ。

 

同居人に

リョウ
Can you bring me my white sweater? It’s on the bed.
白のセーター持ってきてくれへん?ベットの上にあるわ。

 

1つ目の場合はナオミ(主語にあたる人)がホームパーティをしている友人(会話している相手)のところへ向かったことになりますし、2つ目の場合は同居人(主語にあたる人)がリョウ(会話している相手)に向かうことになるので”bring”が使われています。

 

 

“take”は「主語」が会話している相手のところから別の場所へ向かう

泊まりにきた友人に

マイク
I can take you to the station tomorrow. What time are you leaving?
明日駅まで連れていくよ。何時に出発するの?

 

同僚のナオミと話していて

ナオミ
Where is that report?
あの報告書はどこ?
リョウ
I took it to Robert’s office.
ロバートのオフィスへ持って行ったで。

 

1つ目の場合は、マイク(主語にあたる人)が友人(会話している相手)ところから駅(別の場所)へ移動しますし、2つ目の場合だとリョウ(主語にあたる人)がナオミ(会話している相手)のところからロバートのオフィス(別の場所)へ移動したことになるので”take”が使われています。

“take”も”bring”もうまく使い分けるには時制に沿って考えるのが大事で過去形や未来形であってもそのときの状況で考える必要があります。

 

 

会話している相手以外の場合

ナオミ
Ivan visits her mother every sunday and she takes her to the church.
アイヴァンは毎週日曜日に母を訪れて教会に連れていくんだ。
リョウ
His girlfriend brought him a letter one day.
彼の彼女がある日彼に手紙を持ってきたんや。

 

例文のように会話している相手以外の場合は、その人たちの視点で”bring”と”take”を使い分ける必要があります。

1つ目の例文の場合はアイヴァン(主語にあたる人)が母(会話している相手)から別の場所へいくので”take”が使われ、そして2つ目の場合は彼の彼女(主語にあたる人)が彼(会話している相手)のところへ向かったので”bring”が使われています。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、”bring”と”take”の違いとその使い方でした。

それでは、See you around!

 

 

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。