日本人2人目のNBAプレイヤー渡邊雄太の英語力とその勉強方法

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、日本人2人目のNBAプレイヤー渡邊雄太の英語力とその勉強方法についてお話します。

この記事を読めば、英語学習へのモチベーションがさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

渡邊雄太のNBAでの活躍

田臥勇太さんに次ぐ日本人2人目のNBAプレイヤーの渡辺雄太さんは、他の外人NBAプレイヤーに劣らない体格と身長(206cm)に恵まれ、さらに運動神経も身長に反比例して非常に高くアメリカでも評価の高い選手として注目され始めています。

日本のバスケボール選手は本場NBAでは通用しないというイメージが大きいですが、渡辺雄太さんの登場で日本バスケ会にも大きな夢と希望と与えてくれています。

そんな渡辺雄太さんは日本の高校を卒業後すぐにアメリカの大学に進学したわけではなく、渡米してから大学進学のためにアメリカの準備学校へ1年ほど通いながらバスケとゼロの状態からの英語習得に専念し始めました。

大学中に頭角をメキメキと現し、今ではNBAプレイヤーとして活躍されています。

能力が高いのはもちろんですが、それも彼のマインドが常に挑戦的でポジティブであったから実現したことでしょう。

 

 

渡邊雄太の英語でのインタビュー

ライブショーでのインタビュー

 

試合後のインタビュー

 

 

渡邊雄太の英語を評価します

詳しくは弊社のレベル表よりどうぞ

インタビューの様子をみている限りでは、弊社のレベル表で「全体的に消極的であるが必要最低限の関係構築や自己主張そして聞き取りができる」レベルはあると思います。

発話量と流暢性については、本場アメリカの生活の中で叩き上げた英語力だけに高いレベルを持っており、インタビューのような緊張した空間の中でも流暢に話せるレベルなので、友人同士だとさらに流暢に話せると考えられます。

語彙に関しても、基礎的な単語をしっかりと使いこなせている様子です。

リスニングにおいては、ネイティブの速さで問題なく聞き取れるレベルです。

ただ啓発ポイントとして気になったのが若者言葉で間を埋めるため使われる”like”(この場合動詞ではありません)を頻繁に使いすぎているため子供っぽい話し方になっているので、今後は場をわきまえた丁寧な英語表現を選んで使っていけるとさらによいです。

また論理的話す力も合わせて強化していくと使える英語になっていくでしょう。

 

 

渡邊雄太の英語習得方法

4つの習得方法
  1. 現地の人と積極的に話す
  2. 知らない単語を全て辞書で調べる
  3. 成績の基準値をクリアしないとコートに立てない
  4. 授業は英語で回答しないといけない

他にも工夫した習得方法はあると思いますが、現在わかっていることは上記の4つのみです。

勉強方法のアプローチとしては、インタビューで現地の友達と積極的に交流していたということを言っていて、わからない単語があれば常に調べてそして使うということをやっていたようです。

まさにインプットして実践の場でどんどんアウトプットの繰り返しですね。

そして、3と4のように学校での成績が基準値をクリアしないとコートに出してもらえないというルールがあるそうで、そういった話せないとヤバイという環境に身をおいていたことも、彼が飛躍的に英語がアップした大きな理由であると思います。

僕自身も海外のオフィスで働き始めたころは現地の同僚の英語レベルが高かったので、英語のレベルをあげないとやっていけないという危機感があったことも英語力を伸ばせた理由の一つでした。

なので、「危機感」を英語学習に取り入れるのも大事な要素です。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、日本人2人目のNBAプレイヤー渡邊雄太の英語力とその勉強方法でした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。