学校では絶対教えてくれない”have to 〜”の意味とその6つの使い方

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。今日は学校では教えてくれない”have to 〜”の意味とその6つの使い方についてお話します。この記事を読めば英語の表現力がさらにアップします。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

1. 必要性

友人と立ち話をしていて…

マイク
I have to go now.
もう行かないと。

 

部下に…

リョウ
Can you tell him what he has to do?
彼にやるべきことを伝えてくれる?

 

この”have to 〜”は、もうすでにご存知の通り「〜しなければならない」という意味です。1つ目はある特定の状況下で求められていたり、必要とされているときによく使われます。学習者の間では”have to”と”must”の違いについてよく議論されますが、それについての答えは別記事“must”か”have to”どっち?「〜しないとダメなの?」って英語で何て言う?よりどうぞご覧ください。

 

 

2. 義務

シートベルトをしていない友人に…

ナオミ
Everyone has to wear a seat belt.
みんなシートベルトしないとダメなんだよ。

 

コロナ対策中に外でジョギングをしていると警察から…

マイク
You have to stay home.
家にいないといけませんよ。

 

2つ目は、義務の”have to 〜”です。よく学校では義務のときに使うと言われますがぼんやりしていてわかりにくいですよね。場面としては、ルールや法律上するべきことに対してよく使われます。例のように飛行機や車では絶対にしないといけないことになっていますよね。そのような感じで義務の”have to”は使われます。

 

 

3. 提案

友人にある映画を勧めたくて…

ナオミ
You have to watch this movie. It was so great.
絶対この映画見たようがいいよ。とても良かったわ。

 

同僚が咳をしていて…

マイク
You have to see the doctor about the cough.
その咳のことお医者さんに見てもらったほうが絶対いいよ。

 

3つ目の”have to 〜”は提案です。この場合形として”You have to 〜.”となり「絶対〜したようがいいよ」という意味になります。提案として有名な“You should 〜”がありますが、こちらと比べると強い提案になりますね。

 

 

4. 予想

ウェブサイトが開かなくて…

リョウ
There has to be some bugs.
エラーが発生してるはずだよ。

 

お金持ちそうな友人について..

ナオミ
He has to have a lot of money.
彼はお金をたくさん持ってはずだよ。

 

4つ目に”have to 〜”は予想です。「〜のはずだ」という意味で”must”にもそのような意味がありますが同じと言って良いでしょう。「はずだ」という表現の場合どうしても”must”をイメージしてしまいがちですが”have to”もよく使われます。

 

 

5. 強調

英語を習得するのは簡単か聞くと…

マイク
I have to say,  It’s not easy to master English.
英語を話すのは本当に簡単じゃないよ。

 

5つ目の”have to 〜”は、自分の言いたいことを強調する場合に使われます。特に明確な訳はありませんが、例文のように「本当に」という風な意味合いになります。この場合「英語を話すことは簡単ではない」を”have to”を冒頭に置くことで強調しています。

 

 

6. 苛立ち

いつも理屈っぽい友人に…

マイク
Do you have to be logical all the time?
いつも論理的じゃないとダメなの?

 

3週連続週末が雨で…

ナオミ
Why does it always have to rain on weekend?
なんで週末に雨ばっかり降らないとダメなんだよ。

 

最後の”have to 〜”は、苛立ちを意味して「〜ダメなの?」や2つの例文のように独り言っぽくなると「〜ダメなんだよ」という風になります。

 

 

have toに関連する記事

今日からネイティブ発音!”have to”や”has to”の発音が聞き取れないのはなぜ?

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。3以降は学校では絶対に教えてくれない内容だったのではないでしょうか。”have to”は実はこんなに奥が深かったのです。以上が、学校では絶対教えてくれない”have to 〜”の意味とその6つの使い方でした。それではSee you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。