確実な成果を出すならRYO英会話ジム

ビジネス会話に役立つ!「きっかけ」の英語表現完全ガイド

「きっかけ」という言葉は、日本語でよく使われる表現であり、何かが始まるきっかけや原因を指します。この言葉は日常会話やビジネスシーンで頻繁に使用され、そのままでは直訳が難しいこともありますが、英語で表現する方法を学ぶことで、コミュニケーションがよりスムーズになります。

 

 

「きっかけ」の英語表現と使う場面の解説

Trigger

「Trigger」は、何かが起こる原因やきっかけを指す言葉です。これは日常的に使用され、イベントや反応を引き起こす物事を示すのに適しています。

Catalyst

「Catalyst」もまた「きっかけ」を意味し、変化や反応を引き起こすものとして使います。ビジネスや学習の文脈で頻繁に利用されます。

Prompt

「Prompt」は行動や反応を促すものを指し、特に意思決定や行動へのきっかけを表現する際に使います。

 

 

無料トライアル実施中

例文

スタローン
The positive feedback from our customers was the trigger for implementing new features in our product.
私たちの製品における顧客からの好意的なフィードバックが、新機能を導入するきっかけとなりました。

 

 

ナオミ
The unexpected success of the campaign served as a powerful catalyst for our company’s expansion into international markets.
キャンペーンの予想外の成功が、国際市場への当社の拡大のきっかけとなりました。

 

 

ウィル
The urgent request from the client prompted us to work overtime to meet the deadline.
クライアントからの緊急のリクエストが、私たちに残業して締め切りを守るきっかけとなりました。

 

 

 

関連する語彙とその例文

Spark

「Spark」はアイデアや創造的なプロセスの始まりを指す言葉です。

  • The brainstorming session was the spark that ignited our creative process.
  • ブレインストーミングセッションは、私たちの創造的なプロセスを発火させるきっかけでした。

Incite

「Incite」は感情や行動を引き起こす意図的な刺激を意味します。

  • His passionate speech was designed to incite a sense of urgency among the team.
  • 彼の情熱的なスピーチは、チーム内に緊急感を引き起こすために設計されていました。

 

 

 

 

関連記事

 

 


 

「きっかけ」は日本語で広く使用される言葉であり、その英語表現を知ることで、コミュニケーションの幅が広がります。「Trigger」「Catalyst」「Prompt」など、使い分けることでニュアンスも豊かに表現できます。関連する言葉やフレーズも覚えて、表現力を向上させましょう。

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム