ビジネスで重宝”Ms”と”Mrs”の違いとその使い方【結婚=Mrsではない】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”Ms”と”Mrs”の違いとその使い方【結婚=Mrsではない】についてお話します。丁寧に相手を呼びたいときにMsとMrsのどちらを使ったらよいか迷うことがありますよね。この記事を読めば簡単に両者を使い分けられるようになるかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Msを使う場面

面接会場に行くと担当者から…

アイヴァン
Are you Ms. Tanaka?
田中さんですか?

 

クライアント宛に電話をかけると…

ウィル
I’m afraid Ms. Brown has gone for the day.
恐縮ですがブラウンさんは終日不在です。

 

まずはMsをどんな場面で使うのか理解していきましょう。以下3つの場面です。

こんな時に使える
  1. 25歳以上の女性
  2. 結婚しているのかわからない女性
  3. 結婚しているけど旧姓を使っている(縁組している)女性

 

ポイント

基本的に初対面の場合に女性を呼ぶ場合は2番に当てはまるので、Msを使うのは最も安全と言えます。3の旧姓については、英語ではmaiden nameと表現します。maidenの発音は「メイデン」です。さらに夫婦の関係を結ぶときに「縁組する」と言いますが、こちらの英単語はadoptです。どちらも一緒に覚えておきましょう。

 

発音

Msの発音は「ミス」ではなく「ミズ」”MIZ”です。そのままカタカナ読みをしてしまうと間違えちゃいますね。なので40代の女性に例えばMs.〜と言いたいつもりでも「ミス〜」と言ってしまうと違って伝わってしまう可能性があるということですね。

 

Missと何が違うの?

似たような表記にMissがありますが、Missは違いは20代以下の女性に対して使います。つまり25歳以下の女性であればMissを使うとよいでしょう。また発音に関しても「ミズ」でではなく「ミス」MISと発音します。

 

 

Mrsを使う場面

同じ学校に通う友人から….

アイヴァン
Who’s your English teacher?
英語の先生は誰?
ナオミ
My English teacher is Mrs. Jones.
私の英語の先生はジョーンズさんだよ。

 

事務所に日本語を理解できる人はいるか聞くと…

アイヴァン
I think Mrs. Smith understand Japanese.
スミスさんは日本語を理解できると思うわ。

 

まずはMsをどんな場面で使うのか理解していきましょう。以下3つの場面です。

こんな時に使える
  1. すでに結婚している女性
  2. 新姓を使っている女性

 

ポイント

すでにその女性が結婚していることが明確な場合に使うとよいです。また旦那さんが他界していたり、離婚している場合であってもMrsと名乗られることを好む女性はいます。したがって、そう言った場合はMrsもしくはMsのどちらがよいか相手に聞くのがベストでしょう。

 

発音

Mrsの発音は「ミスィズ」”MISIZ”です。

 

 

「女性」に関連する記事

男性にも女性にも使える!「イケメン」の英語表現とその使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上がビジネスで重宝”Ms”と”Mrs”の違いとその使い方【結婚=Mrsではない】でした。それではSee you around!

2 件のコメント

    • くるみ様

      お手数と混乱を招き大変申し訳ございませんでした。すぐに訂正させていただきました。以後、誤字脱字がないように最大限気をつけてまいります。
      今後ともよろしくお願いいたします。

      Ryo

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    /弊社のアピールポイント/
    1.コーチング型ジム系オンラインスクール
    2.月間30万アクセスの優良サイト
    3.海外で通用する英語力が身につく
    4.自信や自由を手に入れたい人を応援

    /代表RYOのプロフィール/
    セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
    株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出