ネイティブが発音する”in that”や”on that”がなぜ聞き取れない?今日からはネイティブの”in that”や”on that”が聞き取れる!

ネイティブが発音する”in that”や”on that”を聞き取るには、”th”の音が消えることを認識する必要があります。

 

まずは4人の会話を聞いてみましょう!Here we go!

リョウ
Have you done the project?
例のプロジェクト終わった?
マイク
No, I’m still working on that. It’s supposed to be done by next month.
いや、まだそれに取り掛かってるよ。来月には完了する予定なんだ。

 

 

 

ナオミ
Look, I stayed in that hotel last holiday. It’s pretty nice, isn’t it?
見て、前の休暇であのホテルに滞在したんだ。素敵でしょ?
アイヴァン
Yeah, it really is. It must be expensive.
うん、本当だね。高そう。

 

 

 

「オンナッ」と「インナッ」

“th”の音が消えているのがわかりましたか?簡単に意味を確認しておきますが、“on that”は「その上に」で、“in that”は「その中に」でしたね。

本題ですが、ネイティブが早口になると“th”の部分が消えて、“on”「オン」が“that”“a”とくっついて“onna”「オンナ」という音に変化します。最後の“t”は、特にはっきりと発音せずに、「ナ」をつまらせて「オンナッ」のように発音します。

そして、“in that”ですが、こちらも同じように“th”の音が消えて「インナッ」のように発音します。

 

 

例文の音声を聞きながら真似してみよう!

それでは、音声を聞きながら音を真似してみましょう。

 

リョウ
What’s in that?
その中に何があるの?

 

 

 

リョウ
Can I try on that shirt?
あのシャツを試着してもいいですか?

 

 

 


 

いかがでしたか?ネイティブのような発音を目指している方はとにかく真似てみることがコツですよ。それでは、See you again!

 

 

ネイティブ発音のコツが分かる、RYO英会話教室のリエゾントップ記事6選!

2017.05.13

ネイティブ発音を身に着けるなら、必ず知っておきたいリエゾン3選!

2017.05.08
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。