一瞬でネイティブ発音!”as you know”や”was your”の発音が聞き取れないのはなぜ?

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は、”as you know”や”was your”のネイティブ発音についてお話します。この記事を読めば、ネイティブが発音する”as you know”や”was your”が簡単に聞き取れるようになります。それでは、まいりましょう。

 

 

まずは聞き取ってみよう

ネイティブが発音する”as you know”や”was your”を聞き取るには、”s”とyou”の音が繋がったときの発音が変化することを知る必要があります。まずは、二人の会話を見てみましょう!

  • as you know
マイク
I haven’t achieved any goals for this year yet. How lazy I am.
まだ今年の目標を一つも達成しないよ。なんて怠け者なんだ。
リョウ
As you know, a goal without a plan is just a wish, right?
言うまでもなく、計画のない目標はただの願い事でしょ?

 

 

 

  • was your
マイク
How was your day today?
今日1日どうだった?
リョウ
Nothing new. It’s pretty much the same.
特に。いつも通りだよ。

 

 

 

“s”と”you”が繋がると「ジュ(ー)」

“as you know”や”was your”のどちらも、”s”と”you”が入っていますね。どちらも同じ音になるのですが、それぞれの発音を紹介する前に、”s”と”you”の音の繋がりについて話しますね。

タイトルにもあるように、”s”と”you”の音が繋がることで、「ジュ(ー)」のような発音になります。したがって、”as you know”は「アジューノウ」のようになり、”was your”は「ワジュア」のようになります。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”as you know”や”was your”のネイティブ発音についてでした。何度も音読して口に慣らしましょう。それでは、See you again!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出