スッキリ!”see”と”meet”の違いと7つの使い方

こんにちは、リョウです。

今日は、”see”と”meet”の違いと7つの使い方についてお話します。

この記事を読めば、”see”と”meet”をスムーズに使い分けることができるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

“meet”が使える3つの場面

1. 初対面の人と会うとき

スタローン
There is someone I want you to meet.
君に会わせたい人がいるんだ。

 

初対面の人に会う時は”meet”が使われます。

初めて会った人に”Nice to meet you.”と”meet”を使うのはこのためです。

 

2. 日時や場所を決めて会うとき

ナオミ
Let’s meet outside the office at 7.
7時に事務所の外で会おう。

 

日時や場所など詳細を決めて会う時も”meet”が使われます。

 

3. 偶然誰かと会ったとき

ナオミ
I met Ryo at the mall earlier.
さっきモールでリョウに会ったんだ。

 

誰かとある特定の場所で偶然会って雑談をした時も”meet”が使われます。

関連表現になりますが”meet”や”meet with”そして”meet up”の使い分けについて別記事でまとめていますので、よかったらどうぞ下記カードよりご覧ください。

いますぐ知っておきたい”meet”と”meet with”、”meet up”の違いと簡単な使い分け!

2017年12月8日

 

 

“see”が使える4つの場面

1. 面識のある人に会うとき

スタローン
It’s nice to see you again.
また会えて嬉しいです。

 

初対面の場合は”Nice to meet you.”は”meet”ですが、もう面識がある場合は”meet”ではなく”see”が使われます。

2回目以降は”see”を使いましょうと言われるのはこのためです。

 

2. 偶然面識のある人を見かけたとき

ナオミ
I saw Ivan at the station.
駅でアイヴァンを見かけたよ。

 

“meet”も偶然に人と会って話したときに使うことができますが、違いは”see”の場合は見かけたことがポイントです。

なので会ったけど実際にその人と雑談したかしていないかは関係ありません。

あくまでも面識のある人を偶然に見かけたときに使いましょう。

 

3.何か目的があって一方的に人と会うとき

リョウ
I’m seeing a doctor tomorrow.
明日医者の診断を受ける予定なんだ。
ナオミ
Can I see you for 10 minutes?
10分ぐらい会える?

 

何か目的があって一方的にこちらから人と会う時も”see”が使われます。

そのお医者さんに会うのは初めてかもしれませんが、このように医者の診断を受けるという目的があり一方的に会いにいく場合は”see”を使うのが自然です。

一方的に会いに行くという観点からみると”visit”「訪れる」とよく似ていますね。

 

4. 時間を一緒に過ごすとき

マイク
I saw Ryo today.
今日はリョウと会ったんだ。
マイク
We‘ve seen each other a lot recently.
最近たくさん時間を過ごしてるね。
アイヴァン
Are you seeing anyone?
誰かと付き合ってるの?

 

誰かと時間を過ごすときは”see”が使われます。

「誰かと時間を過ごす」というところから状況によっては、上記例文のように「会う」やさらに発展して「付き合う」という意味になることもあります。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が”see”と”meet”の違いと7つの使い方についてでした。

それでは、See you around!

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話ジムを運営中