スッキリ!”feel 名詞”と”feel 形容詞”の違いと使い方

こんにちは、リョウです。

今日は、”feel 名詞”と”feel 形容詞”の違いと使い方についてお話します。

この記事を読めば、さらに英語感覚がアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

1. “feel 形容詞”の使い方

ナオミ
I was feeling guilty.
罪悪感を感じたわ。
マイク
I feel sleepy.
眠たいな。
ナオミ
I feel more confident in English than before.
以前よりさらに英語に対して自信を感じるわ。

 

このように“feel + 形容詞”は特定の状態や気持ち、そして感情を表現するときに使われます

文型としては”svc”で”c”の部分が”s”の状態や気持ち、そして感情を説明しているようなイメージです。

なのでよく“s = c”と言われます。

 

“feel 形容詞句”も押さえておこう

マイク
I feel at home.
アットホームだね。

 

“at home”で「アットホームな」という意味です。

「家に」という意味の副詞句として使われることが多い前置詞句ですが、このように形容詞句となって使われる場合もあります。

 

 

2. “feel 名詞”の使い方

ナオミ
I feel pain in my chest.
胸に痛みを感じるの。
アイヴァン
I felt the warm sun on my back.
太陽に浴びて背中が暖かくなった。

 

財布と携帯を落として…

リョウ
I feel a complete idiot.
俺って本当馬鹿だわ。

 

体に何かがあたっている状態や身体的に何かが影響を与えているときによく使われます

また3つ目の例文のように“feel 名詞”でも気持ちや感情を表現できる場合があります。

名詞の場合必ず”feel like 名詞”になるというわけではなく、このように名詞が補語”c”になって”feel like an idiot”と同じ意味で使われることもあるのです。

 

合わせて、”feel o + c”も押さえておこう

マイク
I felt the ground shaking.
地面が揺れてるのを感じたぜ。

 

このように”feel 名詞”のあとに補語”c”をおいて名詞の状態を説明することもできます。

ちなみにこの”shaking”は動名詞ではなく(形容詞的に使われる)現在分詞です。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、スッキリ!”feel 名詞”と”feel 形容詞”の違いと使い方についてでした。

それでは、See you around!

 

 

【初級から中級】超効率的に英会話フレーズを暗記するならhanaso英会話スクールがオススメ

2019.01.08

【初級〜中級対象】おすすめしたい無料で使える英語学習アプリ3選

2018.07.31

実際に読み込んで役に立った英会話のためのおすすめ文法本4選!

2018.02.06

「いいね!」で
最新情報を受け取る

他の人に教えてあげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中