スッキリ!”beat”と”win”の違いとその使い分け

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”beat”と”win”の違いとその使い分けについてお話します。

この記事を読めば、英語感覚がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

人や物に勝つは”beat”

マイク
My dad used to beat me at basketball when I was younger.
俺が若いころ親父はバスケで僕によく勝ってたな。
リョウ
Although Mike tried hard, he couldn’t beat the opponent.
マイクは一生懸命頑張ったけど、対戦相手に勝てなかったね。
マイク
Nothing beats home cooking.
家の料理に勝るものはないな。

 

“beat”「〜に勝つ」は、「〜」に対戦相手や物を置きます。

後ほど”win”についても説明しますが、目的語に何を置くかで”beat”と”win”の使い分けが決まります。

 

ちなみに”defeat”はどうなの?

“defeat”も”beat”と同じように使われますが、違いは“defeat”のほうがフォーマルであることから新聞でより使われたり、また戦争に関しては “beat”ではなく”defeat”が使われます。

 

マイク
We defeated the enemy.
私たちは敵に勝った。
ナオミ
It says Japan defeated the United states in WBC.
WBCで日本がアメリカに勝ちましただって。

 

 

試合やイベントに勝つは”win”

スタローン
Big team like Real Madrid win matches usually.
レアルのような大きなチームはだいたい試合に勝つよな。
ナオミ
I won the lottery.
宝くじに当たったよ。

 

“win”の場合は、”beat”のように「人」ではなく試合やイベントを目的語に置きます

“win”の直後によくくる他の名詞をご紹介しておくと、試合系だと”competition”や”tournament”そして”game”などでイベント系だと”prize”です。

ちなみに”win a prize”で「賞を勝ち取る」という意味でよく使われます。

 

目的語なしで使えるよ

マイク
We won!
俺たち勝ったよ!

 

このように“win”に限っては目的語なしで使われることもあります

 

 

どちらも不規則変化だよ

最後ですが、”win”も”defeat”もどちらも不規則変化ですので形を押さえておきましょう。

不規則変化の動詞だよ
  • win – won – won
  • beat – beat – beaten

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”beat”と”win”の違いとその使い分けについてでした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。