海外生活を終えて日本へ帰国。まるで日本が異国の地に感じる件

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。日本に帰国してから、すでに1ヶ月ほど経ちました。最初の1週間、2週間は、ただ新鮮で、その時間に身を任せておきたいそんな風に感じていました。

最近は少し違ってきて、そこで感じることは海外で暮らしていた時間が1年前ぐらいのようで、懐かしく、そしてなぜか愛おしく感じます。でもほんの1ヶ月ほど前の話。なぜか遠い昔のように。そして、別世界の惑星にきたかのように。今、こうして日本にいて、外から聞こえる音、空気、におい、外に出たときの景色、人の声、人のエネルギー、街並み、日本人が創造してきたものすべてが素晴らしく、違いすぎる。

快適な街。それが日本でも、どこか無秩序で、活気があり、でも不平等すぎる社会そんな環境で過ごしたフィリピンでの、8年間の日々がとても愛おしく感じます。それぞれが必死に生き、でも決して裕福とはいえないけど、助け合い、可能性を信じる人たちフィリピンにいるときは、どこか自分もハングリー精神の塊でした。でも、今は少し違います。

今までほとんど持つことができていなかった家族との時間、そして、新しいアイヴァンとの時間がとても大切に感じる瞬間が多々あります。そして、家族と過ごす日々がとても幸せで、いつも、妻アイヴァンが楽しく、快適に日々を過ごしている姿

母や父と楽しそうに話している姿をみると、嬉しくなります。そういった、今の時間がずっと続いて欲しいと思う瞬間がたくさんあります。でもどこかで、ここからが僕の勝負だ、とそう前に、少しずつ進む自分がいます。形にしていく一歩が大事そして、日々それをこなしていくことで、将来、人々とつながる大きな可能性が開けることを信じて、進んでいきます。

 


 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。それでは、See you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出